PR
スポンサーリンク

サンスベリアが細くなるのはなぜ?

葉が細くなり見栄えが悪くなったサンスベリア サンスベリア

真っすぐに伸びる肉厚の葉が印象的なサンスベリア。コンパクトな株姿で限られた空間でも置き場所に困らない人気のグリーンです。

そんなサンスベリアですが、長く育てているうちに太かったはずの葉が購入時に比べて細くなってはいませんか?

大切に育てているはずのサンスベリア。なのに、なぜかどんどんと葉が細くなり全体が弱々しくなってしまう理由を解説します。

スポンサーリンク

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク

サンスベリアが細くなるのはなぜ?

サンスベリアの葉が細くなる一番の原因としてあげられるのが日光不足です。

サンスベリアが細くなるのは日光不足による徒長(とちょう)の可能性が高い

室内で育てられる観葉植物として知られるサンスベリア。耐陰性が強く、少ない日光でも育てられるためインドアグリーンの定番となっています。

しかし、本来のサンスベリアは日光が大好き。一年じゅう室内に置きっぱなしではどうしても日光不足に陥ってしまいます。

細くなったサンスベリア▲室内に置いたままのサンスベリア

もちろん、丈夫なサンスベリアですから日光不足が続いたからといってすぐに弱ってしまうということはほとんどありません。

しかし、日光が不足することで徐々に葉は細くなっていきます。

特に、サンスベリアの生長がさかんな春から秋にかけて日光が不足すると、日光を求めて葉が縦方向ばかりに伸びがちです。

日光不足が長く続いた結果、葉がひょろひょろと細くなるという症状が現れます。

あわせて読みたい「サンスベリアの葉が曲がる時の原因と対処法を解説します!」はこちら

2年以上植え替えていない場合、根詰まりにより葉が細くなっている可能性も

サンスベリアを2年以上植え替えていない場合、鉢の中が株でいっぱになる根詰まりを起こしている可能性があります。(下写真)

株でいっぱいのサンスベリア▲鉢の中が葉でぎゅうぎゅう詰めになっている

根詰まりを起こすと根がぎゅうぎゅう詰めになり、水分や養分をスムーズに吸収できず生育に影響が出始めます。

また、鉢に空きスペースが無いため葉がうまく育たず細長くひょろりとした姿になりやすいです。

あわせて読みたい「サンスベリアがねじれるのはなぜ?原因と対処法を徹底解説!」はこちら

残念ながら、すでに細くなった葉を元に戻すことはできない

下写真は日光不足により葉が細くなったサンスベリアです。ひょろりとして弱々しいですね。

弱ってしまったサンスベリア▲細くなったサンスベリア(4月頃)

このサンスベリアを春から夏にかけて日当たりのよい屋外に置いて育ててみたところ、下写真のようになりました。

少し太くなったサンスベリア▲屋外の日向に置いて約3か月経過したサンスベリア(8月中旬)

すでに細くなった葉が元に戻ることはありませんが、株元から新しい葉が出てきました。(上写真)

新しい葉は厚みがあり太めですね。

このように、すでに細くなった葉を太い葉に戻すのは難しい(ほぼ無理)ですが、置き場所を見直すことで新しい丈夫な葉を展開させることもできます。

あわせて読みたい「サンスベリアがひょろひょろになる原因と対策!」はこちら

サンスベリアを太く丈夫に育てたいなら気温が許す限り屋外の日向に置くのがよい

株分けしたサンスベリア▲十分な日光に当てることで太く丈夫な株に育つ

サンスベリアを太く丈夫に育てたい場合、室内に置きっぱなしだとどうしても日光不足に陥りがちです。

また、植物が光合成する上で欠かせないのは日光だけではありません。水と風が必要です。

風通しに関しては、室内は屋外に比べるとどうしても劣ります。植物は風を受けることで気孔の開閉が活発になり、光合成がさかんになるといわれているのですね。

そのため、サンスベリアを太く丈夫に育てたいなら気温が許す限りは日当たりのよい屋外に置くのがおすすめです。

※ただし真夏は直射日光による葉焼けに気を付けます。

あわせて読みたい「サンスベリアをまっすぐ伸ばすコツ3つとは?」はこちら

 

まとめ

サンスベリア・ムーンシャイン▲明るい色味が美しいサンスベリア「ムーンシャイン」

今回は、サンスベリアが細くなる理由をご紹介しました。

サンスベリアが細くなる場合、まずは日光不足を疑います。室内の日当たりのよい場所であっても、窓を通すと光の強さは変化します。

さらに、窓が汚れて曇っている場合や窓に紫外線カット加工がなされている場合、生育具合は屋外の日向と比べると大きな差が出るでしょう。

また、葉にほこりが溜まっている場合は日光を遮るシェードとなるため、ときどき濡れた布で拭き上げます。

「室内」と一言でいっても、窓際なのか壁際なのかで大きく異なりますね。さらに窓際といっても南向きか北向きかでもさらに大きな差も出ます。

また、鉢を移動する場合は少しずつ日光に慣らしましょう。室内からいきなり屋外の日向に移動した場合、葉が焼けてしまう恐れがあるからです。

サンスベリアが細くなる理由

  • 主に日光不足による徒長
  • 根詰まりにより生育がスムーズにいかず細くなることも
  • まわりの葉に囲まれ日光が当たりにくい株中心部の葉は細くなりやすい傾向

サンスベリアのその他topics

「サンスベリアの寒さ対策!3つのポイントを抑えて寒さを乗り切ろう」はこちら

「サンスベリアの株分け方法をくわしく解説します【増やす】」はこちら

「サンスベリアの花が不吉といわれる理由【なぜ咲く?】」はこちら

「サンスベリアの簡単な増やし方を5ステップで解説します!」はこちら

「サンスベリアが枯れる原因と対策を徹底解説します!」はこちら

「サンスベリア葉挿しの方法を分かりやすく解説します!」はこちら

「サンスベリアの色が薄い…原因は?色よく育てるコツも」はこちら

「サンスベリア 伸びすぎる原因と対処法【倒れる】」はこちら

「サンスベリアの葉先が枯れる原因とは?対処法も」はこちら

スポンサーリンク
サンスベリア観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク
こまめめをフォローする
観葉植物ラボ
タイトルとURLをコピーしました