スポンサーリンク

モンステラの剪定の方法【倒れそうな株の対処法!】

モンステラの剪定 モンステラ

一鉢置くだけで室内を南国ムードにしてくれるインテリアグリーン・モンステラ。暑さにも寒さにも比較的強く、園芸初心者でも育てやすく人気の観葉植物です。

しかし、モンステラは丈夫で育てやすいからこそ、

「モンステラが大きくなりすぎて、どうしていいか分からない…」
「巨大化したモンステラが鉢ごと倒れそうになっている…」

というお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、大きくなったモンステラの簡単な剪定方法をくわしくご紹介します。

モンステラの剪定方法を解説します

では、大きくなりすぎたモンステラをコンパクトに納めるためのもっとも簡単な剪定方法をご紹介します。

ちなみに、カットした茎は挿し木をして、もう一株増やすこともできますよ。(後半でご紹介します)

モンステラの剪定 手順①「適期は5月~6月頃」

剪定前のモンステラ

モンステラの剪定に適しているのは生長が旺盛になる春から夏にかけての暖かい時期です。

特に、5月~6月頃は気温が安定しているうえ、湿度も一定に保たれやすいので、剪定後のモンステラの負担になりにくいです。

気温が低い冬場の剪定は、失敗する可能性が高いので避けた方が無難です。

あわせて読みたい「モンステラ 冬の管理のコツ3つ!【冬のお手入れ方法】」はこちら

モンステラの剪定 手順②「葉を2~3枚程残して茎をカット」

モンステラの茎は太くてかたいので清潔な剪定ハサミを用意しましょう。葉を2~3枚程残して茎をカットします。

モンステラの剪定箇所

葉を数枚残しておくことで、根腐れのリスクを減らし、見た目が寂しくなりすぎるのを防ぎます。葉をすべて切り落とすと、どうしても水やりが難しくなります。

モンステラの剪定中

また、新しい葉が出てくるまではかなり時間がかかるので、見た目をある程度維持するためにも数枚の葉は残すのがおすすめです。

モンステラの剪定 手順③「風通しのよい半日陰で管理」

剪定後のモンステラは風通しの良い場所で管理を続けましょう。葉が減った分、水の吸収も遅くなります。そのため、水やりは土がしっかりと乾いてからおこなうようにします。

このときに水をやりすぎると吸いきれずに残った水が鉢内に長く停滞し、根腐れを引き起こしやすいので注意します。

新しい茎が出てきたモンステラ

うまくいけば、1か月くらいで新しい茎の先が出てきますよ。(上写真)

これがどんどんと生長し、新しい葉を展開させてくれる茎となります。

モンステラに剪定が必要な理由

では、なぜモンステラに剪定が必要なのでしょうか。ここでは、その主な理由を2つご紹介します。

モンステラに剪定が必要な理由①「倒れるのを防ぐ」

モンステラの気根が鉢からはみ出ている

モンステラは、つる性の性質をもつ植物です。そのため、生長するにつれてどんどん何かに絡みつくように横に這うように伸びていきます。

「モンステラが大きくなって鉢ごと倒れた」というのは、むしろ順調に育っている証拠です。

ただし、鉢ごと倒れられては困ってしまいます。そのため、剪定で切り詰め、室内で楽しめる大きさに収めることが必要になります。

モンステラに剪定が必要な理由②「仕立て直し」

モンステラは日照不足が続くことで、葉が割れ無くなったり、変色したりして見栄えが悪くなります。また、茎ばかりひょろひょろと伸びるのは、日照不足による「徒長(とちょう)」の症状です。

だからといって、いきなり強い光に当てると葉が焦げて傷む「葉焼け」を起こし、葉が茶色くなります。(モンステラは直射日光で葉焼けしやすい)

「徒長や葉焼けで乱れた姿を仕立て直すために剪定をする」という選択肢もあります。剪定することで新しい葉を出させ、乱れた姿を整えることができます。(環境を見直して育てなおす)

あわせて読みたい「モンステラの葉っぱが割れない!【原因は?割れるコツも】」はこちら

モンステラを剪定して出た茎でもう一鉢増やす方法【超簡単】

剪定で出た葉茎をそのまま捨ててしまうのはちょっともったいないですよね。もちろん、これ以上増やしたくないという場合は捨ててしまってもいいのですが、この茎を使って、意外にも簡単にもう一株モンステラを増やすこともできるんです。

ここでは、剪定で出た茎を使ってモンステラを挿し木で増やす方法も合わせてご紹介します。

モンステラ 剪定で出た茎を使って増やす 手順①「葉数を調整」

剪定で出たモンステラの茎

剪定で出た茎についた葉を調整します。葉が多すぎると葉から水分が蒸散によって出ていくため、発根しにくくなります。

発根を促すためにも葉が多い場合は減らし、葉が大きすぎる場合は半分にカットします。カットした葉はもったいないので、水差しにして楽しんでもok!

葉数を調整後の挿し穂

また、気根(葉の付け根から出た太い根っこのこと)が長すぎる場合は少し短くカットしても大丈夫です。

ただ、気根から新しい白い根っこが出てくるため、すべて切り落とさずに残しておくのがおすすめ

モンステラ 剪定で出た茎を使って増やす 手順②「水に差す」

モンステラの茎

葉数を調整した茎は水に差します。このときに、節と気根がしっかりと水に浸かるようにしましょう。

モンステラ 剪定で出た茎を使って増やす 手順③「風通しの良い半日陰で管理」

モンステラの水差し

少し大きめの瓶に水を張り、モンステラの茎を挿します。風通しの良い半日陰で管理を続けましょう。水はできるだけ毎日替えてください。

うまくいけば、1か月程で新しい根っこが気根から出てくるはずです。(下写真)

モンステラの気根から出た新しい根っこ

根っこから根っこが出るとは、不思議な光景です…。

モンステラ 剪定で出た茎を使って増やす 手順④「土に植える」

十分に発根したら、いよいよ鉢に植え付けます。モンステラの好む水はけの良い土を使いましょう。根がしっかりと張るまでは、土が乾燥しすぎないように気を付けます。

風通しの良い場所で管理を続けましょう。直射日光は避けます。霧吹きで葉を保湿する「葉水」をすると、葉の乾燥を防げるのでおすすめです。

しっかりと土に根が活着したのが確認できたら、徐々に通常の管理に戻しましょう。

さらに詳しくみる「モンステラの増やし方【初心者でも簡単にできる方法!】」はこちら

まとめ

今回は、モンステラの剪定方法をくわしくご紹介しました。

今回は園芸初心者でも挑戦しやすく失敗しにくいモンステラの剪定方法をご紹介しました。モンステラが大きくなりすぎて困っている…という方は、ぜひ、今回の時期をご参考に剪定してみてくださいね。

モンステラ剪定の成功のポイントは、ずばり「適期におこなう」ということです!

モンステラの剪定方法【手順】
  1. 適期は5月~6月頃
  2. 葉を2~3枚残し茎をカット
  3. 風通しのよい半日陰で管理
モンステラ 剪定で出た茎でもう一株増やす方法【手順】
  1. 葉数を調整
  2. 水に差す
  3. 風通しの良い半日陰で管理
  4. 土に植え付ける

コメント

タイトルとURLをコピーしました