PR

ウンベラータがひょろひょろになる原因と対処法!仕立て直す方法も

ひょろひょろになってきたウンベラータ 観葉植物

一鉢置くだけで室内をおしゃれな雰囲気にしてくれるインテリアグリーン・ウンベラータ。ハート型の葉が縁起が良いことで贈り物としても人気の観葉植物です。

ただ、育てているうちにひょろひょろの姿になってしまってはいませんか?

そこで今回は、フィカス・ウンベラータがひょろひょろになる原因と弱々しい姿になった時の対処法をご紹介します。

この記事を読めば、

  • ウンベラータがひょろひょろになる主な原因
  • ひょろひょろになったウンベラータの仕立て直し方
  • ひょろひょろに伸びたウンベラータは曲げ木にするのもアリ!
  • ひょろひょろのウンベラータに枝数を増やしてボリュームを出す方法
  • 日当たりがイマイチでもひょろひょろにならないウンベラータが欲しい人へ

が分かるよ!

☆★なぜかいつも植物がうまく育たない…虫が苦手過ぎて観葉植物は無理…そんな方はこちら↓↓

観葉植物がすぐ枯れる人がやりがちな間違ったお手入れ3つ
観葉植物がすぐ枯れる状況にお悩みですか?何度かってもすぐに枯らしてしまう。大切に育てているはずなのに、なぜかすぐに弱ってしまう…。今回はそんな方に向け、観葉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちなお手入れを3つご紹介します。
室内の観葉植物にわく虫はどこから入ってくる?簡単にできる害虫対策も
室内で育てている観葉植物に虫がわいてお困りですか?気を付けていたはずなのに一体、虫はどこから入ってくるの?とお悩みの方も多いでしょう。今回は室内管理の観葉植物に虫が湧く原因と、初心者でも簡単にできる害虫対策を分かりやすくご紹介します!

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする

ウンベラータ ひょろひょろになる主な原因

まずは、ウンベラータがひょろひょろになる主な原因をご紹介します。

ウンベラータがひょろひょろになる原因①日光不足

枝がひょろひょろ気味のウンベラータ

ウンベラータがひょろひょろに伸びるもっとも大きな原因が日光不足です。

実は、ウンベラータはゴムの木の仲間。ゴムの木は非常に日光を好みます。

日当たりの良くない場所に置き続けることで、幹が縦に細長く伸びる「徒長(とちょう)」を引き起こします。

徒長したウンベラータは日光を求めて、上へ上へと幹を細く伸ばして弱々しい見た目になりがちです。

日光不足が続くことで見た目が弱々しくなるだけでなく、寒さによるダメージも受けやすくなる

日光不足が続いたウンベラータは葉の色が悪く、枝や葉柄ばかりがひょろりと間延びして弱々しい見た目になります。

日光不足は見た目を悪くするだけではありません。ちょっとした環境の変化によるダメージを受けやすくもなります。

 

 

ウンベラータがひょろひょろになる原因②根詰まり

鉢から抜いたウンベラータ

ウンベラータの葉が落ちて、枝だけがひょろひょろとしている場合、根詰まりも考えられる原因の一つです。

ウンベラータは暖かい時期によく根を張り生長します。そのため、植え替えは2~3年に1回程度は行う必要があります。

何年も植え替えないままだと、鉢内が根っこでいっぱいになる「根詰まり」に発展やすいです。

根詰まりを放置していると徐々に葉が落ち、枝ばかりが目立つようになってくる

根詰まりを起こしたウンベラータは、うまく水分や養分を吸収できず、徐々に葉を落したり、変色させたりして生長が鈍くなり枝ばかりが目立ってきます。

また、植え替えは根詰まりを防ぐためだけにおこなうものではありません。

土が劣化して排水性が低下していたり、土内の養分不足により、ウンベラータの生育が鈍くなっている可能性もあります。

根詰まり

「ウンベラータを育て始めてから数年間、一度も植え替えていない」という場合、鉢底をのぞいてみてください。

もし、鉢底から根っこがはみだしていたら、根詰まりによりうまく生長できなくなっている可能性もあります。

上写真くらい根詰まりしている場合、株の下葉が徐々に黄色っぽく変色し、落ちてくるはずです。

 


ひょろひょろになったウンベラータの対処法

冬に根詰まりしたウンベラータ

それでは、すでにひょろひょろになったウンベラータの対処法です。

ひょろひょろになったウンベラータの対処法①日当たりの良い場所に移動

ウンベラータがひょろひょろになる一番の原因は、日光不足による「徒長」です。そのため、ひょろひょろ状態を改善するには、まず、生育環境を見直す必要があります。

もしも、室内に置きっぱなしであれば、今よりも明るい場所に移動させましょう。

葉の色が薄くなるのは葉焼けの初期症状

葉焼けしたウンベラータの葉っぱ

ウンベラータを移動させる場合は、

「室内⇒室内の窓際⇒屋外の日陰⇒屋外の半日陰」というように、数日かけて移動します。

葉焼けは見た目を劣らせるだけではなく、株自体をも弱らせかねません。いきなり強光の下に移動させるのは避けましょう。

 

 

ひょろひょろになったウンベラータの対処法②根詰まりしているなら植え替え

ウンベラータの植え替え中

鉢底から根がはみ出ているのは根詰まりのサインです。ひと回り大きめの鉢に植え替えます。

ウンベラータの植え替え【手順】

  1. 植え替えの適期は春~秋にかけて
  2. 一回り大きな鉢と観葉植物用の土を用意
  3. 株を鉢から取り出す
  4. 古い土と傷んだ根っこを取り除く
  5. 新しい鉢に植えつける
マグアンプkを混ぜ込む

土にはあらかじめ緩効性肥料を混ぜ込んでおくと管理が楽です。

規定量を土に混ぜ込み植え付けることで、一年程効果が持続します。

また、置き肥に比べてコバエが沸きにくいのもおすすめの理由です。

 

 

ひょろひょろになったウンベラータの対処法③切り戻しで樹形を整える

ウンベラータの挿し木を切る瞬間

すでにひょろひょろの株姿になり、「どうにも改善のしようがない…」という場合は切り戻しで樹形を整えましょう。

適期は春~初夏。ひょろひょろに伸びすぎてしまった枝をカットし、新しい芽を出させます。

ウンベラータの丸坊主【手順】

ウンベラータの剪定

  1. 適期は5月~6月頃
  2. 清潔な剪定ハサミですべての枝葉をカット
  3. 風通しの良い半日陰で管理(水やりは土が乾いてから)

 

 

ひょろひょろに伸びたウンベラータは曲げ木にするのもアリ!

ウンベラータ

ひょろひょろに伸びた枝はそのまま残して曲げ木にしてみるのも面白いです。

春~秋の暖かい時期に好みの角度に曲げてみる

ウンベラータの曲げ加工中

ウンベラータの枝を曲げる時期は基本いつでも構いません。

とはいえ、万が一折れてしまった時のことを考えると回復力の高い春~秋がおすすめです。

室内なら南~東向きの窓際に置いて明るさと風通しを確保

曲げ加工後のウンベラータ

曲げた状態を紐で固定したら、明るく風通しの良い場所に置くことが大事です。

日当たりが悪いと曲げた枝がなかなか安定しません。

曲げた状態が落ち着いてきたら紐を取り外して完成

購入から2年経過したウンベラータ

数か月ほど経って曲げた枝が安定してきたら紐を外します。

ゴムの木の仲間は枝に柔軟性があるため、好みのフォルムにデザインして楽しむことも可能です。

 

 

ひょろひょろのウンベラータに枝数を増やしてボリュームを出す方法

剪定後のウンベラータ【3か月後】

ウンベラータはそのまま育ていても枝分かれすることは基本ありません。

枝分かれさせて葉数を増やし、ボリュームを出したい場合は適期の切り戻しが必要です。

春~初夏に好みの高さにカット

ウンベラータの切り戻し

ウンベラータを枝分かれさせて株にボリュームを出したい場合、沢山の新芽を出す必要があります。

その場合、適期は生育が盛んな春~初夏にかけてにカットする必要があります。

うまくいけば2週間ほどで新芽が複数出てくる

ウンベラータの剪定

うまくいけば2週間ほどで新芽が複数出てきます。ちなみに今回は合計4つの新芽が出てきました。

カットから約半年後には枝数が増えてボリューミーな樹形に

剪定から約3か月後のウンベラータ

切り戻して3か月ほど経ちました。

新芽は生長し、沢山の葉が茂って株にボリュームができましたね。

 

 

日当たりがイマイチでもひょろひょろにならないウンベラータが欲しい人へ

ひょろひょろになるのは日光不足が原因だということは分かった。でも日当たりの良い場所がなかなか確保できない…。

このような方におすすめなのが、光も水も土も不要な「人工観葉(フェイクグリーン)」です。

人工観葉なら日光不要。土も水も使わないから虫が苦手でも安心

窓の無い玄関に飾ったフェイクパキラ

人工観葉なら日当たりや風通しを気にする必要はありません。

面倒な水遣りや植え替え、剪定も不要。枯れることもないので室内でも清潔にグリーンを楽しめます。

安っぽいのは嫌!本物そっくりなフェイクグリーンが欲しいなら造花専門店がおすすめ

そうはいっても作り物。安っぽくならないか心配…。

このような方におすすめなのが、造花専門店が展開する高級フェイクグリーンです。

造花専門店のフェイクグリーン

造花専門店のフェイクグリーンはそのほとんどが手作業で仕上げられています。

ミニ盆栽のフェイクグリーン

そのため、至近距離でも本物と見間違えてしまうほどリアルで精巧です。

プリマのフェイクグリーン

枝のゴツゴツ感、ささくれ具合まで繊細に表現されています。

 

 

まとめ

今回は、ウンベラータがひょろひょろになる原因と対処法についてご紹介しましたがいかがでしたか。

ウンベラータがひょろひょろになる主な原因は「日光不足」ということが分かりました。ひょろひょろになっている場合、置き場所の見直しが必要です。

ただ、すでに徒長によってひょろひょろになった姿を元に戻すということはできません。その場合は、丸坊主によって株姿を仕立て直すこともできます。

ただし、丸坊主するには、「株が弱っていない」「適期に行う」ということが前提です。

現状をよく観察し、最適な対処法をみつけてくださいね。

ウンベラータがひょろひょろになる原因
  1. 日光不足←これがもっとも多い原因!
  2. 根詰まり
ひょろひょろになったウンベラータの対処法
  1. 日当たりの良い場所に移動
  2. 根詰まりなら植え替え
  3. 丸坊主で仕立て直し

ウンベラータに関する記事はこちら

ウンベラータを大きくしたいときの育て方のコツ3つ
ハート型の大きな葉が魅力的な植物「フィカス・ウンベラータ」。大きな株を購入して室内のシンボルツリーにするのもいいですが、小さな株を大きく育てるのも植物を育てる醍醐味です。今回はウンベラータを大きくしたいときの育て方のコツ3つをご紹介します!
ウンベラータにおすすめの土は?室内なら虫が湧きにくい土がおすすめ!
ウンベラータにおすすめの土をお探しですか?ハート型の大きな葉が涼し気でおしゃれなフィカス・ウンベラータ。美しい葉としなやかな幹のコントラストが人気の観葉植物です。そんなウンベラータを丈夫に、清潔に育てる際におすすめの土を厳選してご紹介。
ウンベラータを水差しで発根させる方法を画像付きで解説!
ウンベラータの増やし方をご存じですか?大きなハート型の葉が魅力的なフィカス・ウンベラータ。ゴムの木の中でも特に人気の高い品種です。すでにご自宅でウンベラータを育てている場合、切って挿すだけで簡単に増やすことができます!
ウンベラータの葉が小さい!主な原因と対処方法とは?
葉が小さいウンベラータにお悩みですか?大きなハート型の葉が可愛いフィカス・ウンベラータ。購入した時は大きな葉だったはずなのに、いつの間にか小さな葉ばかり目立つようになる原因とその対処法をくわしくご紹介します。
ウンベラータの植え替え方法を画像付きで分かりやすく解説!
ウンベラータの植え替え方法をご存じですか?植え替え方法を検索すると「ひとまわり大きめの鉢へ植え替える」と記載されていることが多いです。では、「ひとまわり」は具体的にどれくらいなのでしょうか?今回は、植え替えの方法を画像付きで徹底解説します!
ウンベラータを冬越しさせる!押さえておくべき3つのポイント
ウンベラータの冬のお手入れのコツが知りたいですか?今回はしなやかな幹と大判の葉が魅力的な観葉植物フィカスウンベラータを冬越しさせるときに抑えておきたい3つのポイントを徹底解説します!丈夫な姿を保ちつつ、寒い冬を乗り越えるコツとは?
ウンベラータ 葉が落ちる原因と対処方法【徹底解説!】
ウンベラータが葉を落とす主な原因4つと対処法を徹底解説します。ウンベラータの魅力はハート型の大きな葉っぱですよね。ウンベラータが葉を落とす原因は大きく4つに分けられます。それぞれのメカニズムを知って最適な対処を施しましょう。
冬に根詰まりしたウンベラータを植え替えます【大丈夫?】
冬にウンベラータの植え替えを敢行します。ウンベラータに限らず観葉植物の植え替え適期は基本春から秋の暖かい時期です。しかし、冬場に根詰まりに気付いてしまったら…。今回は、ウンベラータの植え替えを冬に敢行した場合の方法と経過を随時更新します。
観葉植物
この記事を書いた人

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
こまめめをフォローする
観葉植物ラボ
タイトルとURLをコピーしました