スポンサーリンク

モンステラの増やし方【初心者でも簡単にできる方法!】

「モンステラが大きくなりすぎて倒れそう…」
「伸びすぎたモンステラ、一体どうしたらいいのだろうか?」

葉の切れ込みがおしゃれなインテリアグリーン「モンステラ」。生命力が強く生育旺盛な観葉植物です。

しかし、「大きく育ち過ぎたモンステラをどう扱っていいか分からない…」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、大きく育ったモンステラを使ってもう一株、モンステラを増やす方法をご紹介します。

今回ご紹介する方法は、初心者でも簡単に挑戦出来て、かつ、失敗も少ない方法です。

モンステラを増やすために茎を切っているところ

モンステラの増やし方【初心者でも簡単にできる方法!】

それでは、さっそくモンステラの増やし方を解説します。簡単ですから、安心してくださいね。

モンステラの増やし方 手順①「適期は5月~6月頃」

今回、モンステラを増やす方法として「挿し木(水差し)」をおこないます。

モンステラの挿し木に適した時期は、生長期初期にあたる5月~6月頃です。適期におこなうことで、失敗を防ぐことができます。

モンステラの増やし方 手順②「モンステラを用意」

親株となるモンステラ

元の株を用意します。

できれば、気根がたくさん伸びている株だとより増やしやすいです。

あわせて読みたい 「モンステラの葉っぱが割れない!【原因は?割れるコツも】」はこちら

モンステラの増やし方 手順③「気根付きの茎をカット」

モンステラの茎

頂点から2~3節程度の部分をカットしましょう。

気根付きの茎をカットすることで、発根しやすくなります。カットの際には清潔で切れ味の良いハサミを使用します。

モンステラの樹液に注意
モンステラの茎から滲む樹液

モンステラの茎や葉ををカットすると、断面から透明の樹液が出てきます。(上写真)

この樹液は、「シュウ酸カルシウム」という毒性の物質を含むため、素手で触ると皮膚がかぶれたり、炎症を起こすことがあります。

樹液に触れないように気を付けてください。手袋を装着して作業するのが安心です。

モンステラの増やし方 手順④「葉数を調整する」

モンステラを増やすためにカットした葉茎

葉が多いと葉から水分が蒸発するため、発根しにくくなります。水に差す前に、あらかじめ葉数を調整しておきましょう。

葉数を減らしたモンステラの茎

葉は1枚残るくらいでokです。気根が長すぎる場合は少し切り詰めます。

モンステラの増やし方 手順⑤「カットした茎を水に差す」

モンステラの水差し

カットしたモンステラの茎は水に差します。水はできるだけ毎日替えてあげましょう。

うまくいけば、1か月程で気根付近から新しい真っ白な根っこが出てきます。

大き目のガラス瓶に飾ってもおしゃれ
モンステラの水差し

大切に育てたモンステラの葉。そのまま捨ててしまうのはかわいそうですよね。

そんなときは、大き目の花瓶に差し木用の茎と共に水差しにするのもおしゃれでおすすめ。葉を楽しみながら発根を待ちましょう!

※ちなみに、上写真の花瓶はダイソーで200円でした。

モンステラの増やし方 手順⑥「1か月程して発根したら土に植え替え」

1か月経過したモンステラの水差し

1か月程経過し、モンステラの新しい根が伸びていたら土に植え替えます。上写真は水差しにして1か月経過したモンステラです。気根から白い根が出ているのが分かります。

モンステラに適した土

土は水はけの良いものが適しています。

観葉植物用の土で構いませんが、そこに赤玉土を1:1程度に混ぜ込むと、さらに水はけのよい土にできますよ。

モンステラ 植え替えの流れ

①鉢植え(長鉢がおすすめを用意
②鉢底ネットを敷き、鉢底石を3cm程入れる
③土を鉢の1/3程度入れる
④モンステラの茎をやさしく置く(土の量を調整し植える高さを決める)
⑤土を入れる
⑥たっぷり水やり

モンステラの増やし方 手順⑦「風通しのよい半日陰で管理」

発根しているとはいえ、現在の根は「水挿し仕様の根っこ」です。そのため、土に適応するまでは生長が不安定になります。

少なくとも一週間~2週間程は、土が乾きすぎないように気を付けます。

生長が落ち着くまでは、風通しのよい半日陰で休ませてあげてください。(親株も同様です)

モンステラを増やす!【筆者の経過レポート】

後半は、筆者が育てているモンステラの生育記録です。ぜひ、ご参考にされてください。(失敗も成功も含みます)

真冬にセール品のモンステラを購入【2020/12/30~2/5】

モンステラの生長

真冬に購入したモンステラは根詰まりで弱り気味でした。

植え替えを敢行し、なんとか寒い時期を乗り越えてくれた、丈夫なモンステラです。

あわせて読みたい「モンステラ 冬の管理のコツ3つ!【冬のお手入れ方法】」はこちら

生長したモンステラで挿し木に挑戦【2021/5/7】

冬越ししたモンステラ

暖かくなり、葉数も増えたモンステラです。順調に育ってくれて一安心。

行き場を失っている気根
行き場を失った気根がはみ出たモンステラ

しかし、行き場を失った気根が土の表面あたりでとぐろを巻いています。

時期はちょうど5月。剪定ついでに挿し木を決めました。

かわいそうですが、思い切ってバッサリいきます。

気根ごとカット!
思い切ってカットしたモンステラの茎

びよーんと伸びきった気根ごと茎をカット。これを水差しにして発根を待ちましょう。

寂しくなった親株
カット後のモンステラ

すっきりはしたものの、寂しくなった感は否めませんね。しかし、1か月もすれば新しい芽が出てくるはずです。

モンステラの経過【2021/5/17】

モンステラの挿し木から10日経ちました。

モンステラの水差し

一見、特に変化はありません。しかし、水に浸かっている気根をよく見ると、部分的に白い粒々が出ています。

モンステラの経過【2021/6/1】

カットして1か月程経過しました。元株と挿し木とそれぞれの経過です。

元株のモンステラ
脇芽が出た元株のモンステラ

大きな変化はありませんが、根本付近から新しい芽が出始めました。これは気根とはちょっと違う感じです。生長して新しい葉を広げてくれるでしょうか。

こちらの方は、10日に一回程、水をやや控えめに与えています。

水差しのモンステラ
気根から発根

こちらも大きな変化はありませんが、気根をよく見ると新しい白い根っこが出ています。とはいえ、まだまだ頼りないので、もう少し根が生長してから土に植え替えようと思います。

モンステラの経過【2021/6/12】

モンステラの挿し穂

新しい白い根っこがどんどん出てきました。主に気根から出ています。

まとめ

いかがでしたか?

モンステラが巨大化すると、「これはどうしたものか…」と圧倒されてしまいますよね。

そのまま放置していたら、モンステラが鉢ごと倒れてしまった…なんてことも。

しかし、モンステラは意外にも簡単にコンパクトにできる上、もう一株増やすこともできます

増やしたモンステラは、家族や友達にプレゼントしてもいいですし、仕事場に寄付しても喜ばれそうなモンステラ!

今回の記事を参考に、ぜひ、モンステラの挿し木に挑戦してみてくださいね。

モンステラの増やし方【水差しで簡単に増やす手順】

①適期は5月~6月頃
②モンステラを用意
③気根付きの茎をカット
④葉数を調整する
⑤カットした茎を水に差す
⑥1か月程して発根したら土に植え替え
⑦風通しのよい半日陰に置く

  あわせて読みたい  「パキラが枯れる原因とは?【枯らさないためのコツ3つも】」はこちら
「ガジュマルの植え替え時期は?【植え替え方法と管理のコツ】」はこちら
「ガジュマル剪定 丸坊主に挑戦レポ!剪定から1年後までの記録」はこちら
「シンゴニウムが枯れる原因と対策【癒しのグリーン】」はこちら
「モンステラ 冬の管理のコツ3つ!【冬のお手入れ方法】」はこちら
「ワイヤープランツ 増やし方とコツ3つ【簡単】」はこちら
「ポトスの増やし方 水差しと挿し木の方法【初心者でも簡単】」はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました