ウンベラータにおすすめの肥料は?室内でも清潔に管理できるものが最適!

室内に置いたウンベラータ 観葉植物

ハート型の大きな葉と白味がかったしなやかな幹が美しいフィカス・ウンベラータ。

種類豊富なゴムノキの中でも高い人気を誇るインテリア性の高いグリーンです。

今回は、そんなウンベラータを室内で育てる際におすすめの肥料を厳選して2つご紹介します。

室内で植物を育てる際に押さえておきたいのが清潔感。虫が寄り付きにくい、臭いが少ない等のポイントを押さえつつ、ウンベラータの生育もしっかりとサポートしてくれる肥料を3つ厳選してみたよ。

スポンサーリンク

ウンベラータにおすすめの肥料【厳選3選】

植え替え後のウンベラータ

ウンベラータを室内で育てる場合におすすめの肥料は、以下3つのポイントを押さえているものです。

  1. 虫が寄り付きにくいこと
  2. 臭いが少ないこと(ほぼしない)
  3. 生育をしっかりサポートしてくれること

今回はこれら3つのポイントをしっかりと押さえている肥料を厳選して3つご紹介します。

ウンベラータにおすすめの肥料①ハイポネックス(水に薄めて使うタイプ)

ハイポネックス原液

ハイポネックスは1978年(昭和53年)から販売され続けている定番の液体肥料です。一度は見かけたことがある…という方も多いのではないでしょうか?

ホームセンターや園芸店のみならず、スーパーに置いてあることもあるくらいメジャーな肥料です。

ハイポネックスがウンベラータの肥料としておすすめな理由

  • 即効性肥料のため初心者でも効果を実感しやすい(2~3日ほどで葉が青々としてくる)
  • 植物の健全な育成に必要となる15種類の栄養をバランス良く配合している
  • においが少なく室内でも快適に使用できること
ハイポネックスの使い方

約500倍に薄めたものを水やり時に与えます。月に2~3回程度でok。

水1リットルに対してキャップ約1/10を薄めて使います。

ハイポネックス

時期は春から秋の暖かい時期。冬の施肥は基本的に不要です。土が乾いたタイミングで水やりとともに与えます。

ハイポネックス

植物にかからないよう、株元に注ぎ込みましょう。水やり後、受け皿に溜まった水をそのままにしておくと、コバエや根腐れの原因になるためこまめに捨てます。

また、殺虫成分入りのハイポネックスもあります。

こちらは肥料効果と殺虫効果が同時に得られる優れもので、もちろん観葉植物に使うこともできますよ。

「とにかく虫が苦手」という方はこちらのハイポネックスがおすすめ。こちらは約250倍に薄めて使おう。

  • 水500mlの場合⇒カップ2目盛りを水で薄める
  • 水1Lの場合⇒カップ4目盛りを水で薄める

ウンベラータにおすすめの肥料②プロミック(土の表面に置くタイプ)

置き肥

こちらは土の表面に置くタイプの肥料です。いわゆる「置き肥」ですね。

中でも「プロミック」はニオイがほとんどなく、室内でも使いやすいのが特徴です。置き肥タイプは水やりの際に成分が溶けだし、効果が約2か月持続します。

プロミックがウンベラータの肥料としておすすめな理由

  • 置くだけなので手間が少なく済む
  • ゆっくり長く効果を発揮する
  • においがほとんどなく室内でも快適に使用できる
プロミックの使い方

プロミック(置き肥)の使い方

植物に直接触れない位置に置くだけです。効果は約2か月なので、2か月経ったら新しいものと交換しましょう。

使用の際は、錠剤を割ったり砕いたりするのは×。また、植え替えの際は1か月後から使用を開始しよう。

あわせて読みたい 「観葉植物のコバエ対策 効果的な方法とは?【徹底解説】」はこちら

ウンベラータにおすすめの肥料③マグアンプk(土に混ぜ込むタイプ)

3つ目におすすめしたいのが、1966年に発売されたロングセラー商品「マグアンプk」です。

マグアンプ

マグアンプkはゆっくり長く、でもしっかりと効果を発揮してくれる肥料で、土に混ぜ込んで使います。

その効果は約一年!

さらに、嫌な臭いも無く室内でも清潔に使用できるのがおすすめポイントです。

最初に土に混ぜ込む手間はかかるものの、その後は特に何もしなくてok。忙しい方や面倒くさがり屋さんにもおすすめの肥料だよ。

マグアンプkがウンベラータの肥料としておすすめな理由

  • 土に混ぜ込むだけで約一年効果が続くので忙しい方にもおすすめ
  • 嫌な臭いが無いので室内でも清潔に使える
マグアンプkの使い方

マグアンプk

  • 土500gの場合⇒1~4gくらい(ティースプーン約1杯弱~2杯程度)を混ぜる
  • 土1kgの場合⇒2~8gくらい(ティースプーン約1杯~4杯程度)を混ぜる

あわせて読みたい「ウンベラータを大きくしたいときの育て方のコツ3つ」

 

あると便利!ウンベラータにおすすめの園芸アイテムも

もうひとつ、肥料ではありませんが、あるととっても便利なアイテムをひとつだけご紹介しておきます。それが「サスティー」です。

サスティー

土が乾いたら「白」、土が濡れているなら「青」

室内で観葉植物を枯らす原因No.1ともいわれる「水のやり過ぎによる根腐れ」。これを防いでくれるのがサスティーです。

サスティー

土の乾き具合が一目瞭然なので、水のやり過ぎによる根腐れはもちろん、水のやり忘れによる枯死を防いでくれます。

  • 春~秋(最低気温15度以上が目安)…チェッカーが白になったタイミングで鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水を与える
  • 秋~冬(最低気温15度以下が目安)…チェッカーが白になってさらに3~4日してから常温の水を暖かい時間帯に与える

中芯は色が変わらなくなったら交換、本体部分は繰り返し使えてエコ&経済的

サスティーのレフィル交換

中芯は約半年で交換時期を迎えます。水やり後、10分ほどしても色が変わら無くなれば交換の時期です。

土に差しておくだけで最適な水やりのタイミングを知ることができるんだね。自宅でプロ並みの水やり管理が可能になるよ。

 

あわせて読みたい「ウンベラータにおすすめの土は?室内なら虫が湧きにくい土がおすすめ!」

 

まとめ

和室に置いたウンベラータ

ということで、今回はウンベラータを室内で育てる際におすすめの肥料を厳選して3つご紹介しました。

ネットや園芸店、ホームセンターなどには沢山の肥料が揃っています。ですが、沢山ありすぎてどれにすべきか分からないという方も多いでしょう。

そんな時は、今回ご紹介した「液体タイプ」「置き肥タイプ」「混ぜ込みタイプ」の中からご自身がもっとも使いやすいと感じるものから試してみることをおすすめします。

この時に気を付けたいのが、肥料と活力剤は別物であるということです。

土に差すタイプのアンプル剤は活力剤であることが多い。活力剤と肥料は別物!

下写真のようなアンプル剤は活力剤である可能性が高いです。活力剤は肥料ではありません。

活力剤(アンプル剤)

ただ、アンプルタイプの肥料もあるため、購入の際は活力剤なのか肥料なのかをしっかりと確認してみてください。

肥料と活力剤の違いについてはこちらの記事をご参考にされてくださいね。

肥料を与えるのはウンベラータの生育が盛んな春から秋のみ

また、肥料を与えるのはウンベラータの生育が盛んな春から秋にしましょう。

元気がないからと言って生育が緩慢になる冬に施肥すると、逆に根を傷めてしまうこともあります。また、必要以上の施肥は「肥料焼け」の原因になることも。

肥料焼け

肥料の与えすぎは×です。それぞれの肥料の使い方をよく読んで取り入れてみてください。

ウンベラータのその他topics

「超リアルなフェイクグリーンのウンベラータおすすめ3選【厳選】」

「ウンベラータを水差しで発根させる方法を画像付きで解説!」

「ウンベラータの幹を太くする方法を徹底解説します」

「ウンベラータの葉が小さい!主な原因と対処方法とは?」

「ウンベラータの植え替え方法を画像付きで分かりやすく解説!」

「ウンベラータを冬越しさせる!抑えておくべき3つのポイント」

「ウンベラータ ひょろひょろになる原因と対処法」

「ウンベラータの簡単な曲げ方を画像付きで解説します!」

「ウンベラータ 葉が落ちる原因と対処方法【徹底解説!】」

「ウンベラータ 剪定の方法を分かりやすく解説します!」

「冬に根詰まりしたウンベラータを植え替えます【大丈夫?】」

観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
komame083

農業高校で園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほどの植物を管理。他人は変えられない。しかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました