• komame083

シンゴニウム 枯れる原因と元気に育てるコツ4つ!

最終更新: 6日前

※2021年2月19日 ブログ公開


こんにちは。komame083です。


「シンゴニウムが枯れてしまった、原因は?」


「シンゴニウムが枯れさせないためのコツが知りたい。」

シンゴニウム

爽やかな葉色が魅力的なシンゴニウム。


日の当たり方で葉の色が変わることでも人気の観葉植物です。


今回は、シンゴニウムが枯れる原因と元気に育てるためのコツ4つをご紹介します!


シンゴニウムが枯れる原因5つとは?


シンゴニウムが枯れる主な原因5つをご紹介します。



■シンゴニウムが枯れる原因①「水の遣りすぎ」


観葉植物を枯らす原因で最も多いの、水の遣りすぎによる根腐れです。


シンゴニウムも例外ではありません。


水の遣りすぎは鉢内の多湿状態を持続させるため、シンゴニウムを根腐れで枯らす原因になります。

根腐れで枯れたシンゴニウム

根腐れに至るとほぼ枯れてしまします。(上写真)


特に冬の水やりは注意。休眠期のシンゴニウムは水を吸収する力自体が低下しています。


生長期と変わらない頻度で水やりしていると根腐れの原因に。


【 関連topic 】

「観葉植物 冬の水やりの方法!【管理のコツ3つと失敗例も】」はこちら


マルチングが根腐れを引き起こすことも
マルチングしたシンゴニウム

植物をおしゃれに演出できるマルチングですが、水やりのタイミングが分かりにくくなるというデメリットも。


【 関連topics 】

「観葉植物のカビ!原因と予防法【土に白いふわふわ】」はこちら


「素焼き鉢のカビ!対処法とカビ対策について解説」はこちら



■シンゴニウムが枯れる原因②「直射日光による葉焼け」


シンゴニウムは直射日光で葉焼けすると枯れることが多いです。


夏の直射日光はもちろん、夏の強い西日の葉焼けを引き起こします。



■シンゴニウムが枯れる原因③「寒さ」


シンゴニウムは暑さには強いものの、寒さにはめっぽう弱いです。


耐えられるのは7度程度までで、それ以下になるととたんに弱り、枯れてしまいます。



■シンゴニウムが枯れる原因④「根詰まり」

根詰まりしたシルバーレース

シンゴニウムの鉢底を見て、もしも根っこがはみ出ているようなら「根詰まり」のサインです。


シンゴニウムは2年に一度は植え替えます。


根詰まりをそのままにすると下葉が変色し、徐々に弱っていきます。



■シンゴニウムが枯れる原因⑤「害虫」


シンゴニウムにつきやすい害虫としては「ハダニ」「カイガラムシ」などです。


これらの害虫がつくと植物を徐々に弱らせ、やがて枯らせます。


ハダニがついている場合、蜘蛛の巣のようなものが茎や葉につくようになります。


葉が茶色っぽく変色してなんとなく元気がないという場合、害虫による吸汁が原因のこともあるのです。


シンゴニウムを枯らさず元気に育てるコツ4つ


それでは、どのように管理すればシンゴニウムを枯らせずに元気に育てられるのでしょうか?


ここではシンゴニウムを枯らさずに元気に育てるコツ4つをご紹介します。



■シンゴニウムを枯らさず元気に育てるコツ①「寒さに当てない」


シンゴニウムは熱帯アメリカ原産の植物で、生育適温は20度~30度と暖かい場所を好みます。


そのため、シンゴニウムは非常に寒さに弱いです。


7度以下は避け、できれば15度以上の暖かい場所で管理しましょう。


寒さに当たると葉が落ちたり、株自体が弱るので気を付けます。



■シンゴニウムを枯らさず元気に育てるコツ②「土が乾いてから水やり」


過度の水やりはシンゴニウムの根腐れにつながります。


土表面が乾いてから水を与えましょう。


ただし、冬場は別です。


土表面が乾いて、さらに2~3日してからが冬の水やりの目安になります。


冬場はシンゴニウムの吸水する力が低下しているため、乾燥気味に管理しましょう。



■シンゴニウムを枯らさず元気に育てるコツ③「葉水(はみず)」


霧吹きで葉に水を吹きかけるお手入れを「葉水(はみず)」といいます。


乾燥が続くことでつきやすくなるのが「ハダニ」です。


害虫を予防するためにも、乾燥しやすい冬場はこまめに葉水します。



■シンゴニウムを枯らさず元気に育てるコツ④「半日陰で管理」


シンゴニウムは耐陰性があるため室内でも育てられる植物です。


しかし、日照不足が続くことで株自体が弱くなり病害虫が発生しやすくなります。


シンゴニウムを枯らさず長く育てるためには、半日陰程度の日光が必要です。


冬場の根腐れで枯れたシンゴニウム【失敗談】


さいごに、筆者の失敗談です。


冬場の水の遣りすぎで枯らしてしまったシンゴニウムをご紹介します。

枯れる前のシンゴニウム

こちらは枯れる前のシンゴニウムです。(上写真)


この時期にマルチングとして化粧石を表土に敷きました。


そこから3か月経過し、枯れてしまったシンゴニウムが下写真です。

枯れそうなシンゴニウム

冬場にさしかかり日に日に弱っていきました。


茶色く変色し萎れた葉は切っています。


これは、おそらく「根腐れ」でしょう。


このようにならぬよう、シンゴニウムの冬場の管理には特にお気を付けください…。



まとめ


いかがでしたか?


寒さに弱いシンゴニウムは、特に冬場の管理方法に気を付けなければならないということが分かりました。


コツをつかんでシンゴニウムを枯らさず、長く楽しみたいですね。



●シンゴニウムが枯れる主な原因5つは、


・水の遣りすぎ


・直射日光による葉焼け


・寒さ


・根詰まり


・害虫



●シンゴニウムを枯らさずに元気に育てるコツ4つは、


・寒さに当てない


・土が乾いてから水やり


・葉水


・半日陰で管理


【 関連topics 】

「コーヒーの木 冬の管理【3つのコツをつかんで冬越し】」はこちら


「ガジュマル剪定 丸坊主に挑戦レポ!剪定から1年後までの記録」はこちら


「シンゴニウムが枯れる原因と対策【癒しのグリーン】」はこちら


「モンステラ 冬の管理のコツ3つ!【冬のお手入れ方法】」はこちら


「カリシアが枯れる原因3つとは?カリシアを簡単に増やす方法も!」はこちら


「ワイヤープランツ 増やし方とコツ3つ【簡単】」はこちら


「ベビーサンローズの増やし方【1年間の経過レポ】」はこちら


「アロマティカスの増やし方【多肉質な癒しハーブを増やそう!】」はこちら


「ポトスの増やし方 水差しと挿し木の方法【初心者でも簡単】」はこちら


「エケベリア 冬越しの方法と冬に枯れる原因とは?【多肉】」はこちら


「ディフェンバキア 元気がない時の原因【対処方法も】」はこちら


「ハオルチア 徒長の原因と予防法をご紹介します!【多肉】」はこちら


「ヒメツルソバ 増やし方と管理のコツ【金平糖の花】」はこちら


「シュガーバインが枯れる主な原因3つ!育て方のコツ3つも」はこちら


「スパティフィラム 花が咲かない原因と4つの対処法とは?」はこちら


「ドラセナコンシンネレインボー【育て方と冬越しのコツ3つ】」はこちら


117回の閲覧0件のコメント

© 2019 by Oretan Yamabokori