スポンサーリンク

観葉植物のカビ!原因と予防法【土に白いふわふわ】

「観葉植物の土表面に白いふわふわした物がある…

観葉植物を育てていると、このような状態を目にすることがあります。
この「白いふわふわ」の正体、実は「カビ」の可能性が高いです。
今回は、「観葉植物の白カビ!原因と予防法【土に白いふわふわ】」と題し、観葉植物にカビが繁殖する原因と予防法についてご紹介します。

  1. 【閲覧注意】観葉植物に生えた白カビの様子
    1. 観葉植物に発生したカビを放置すると起こりうるトラブル
  2. 観葉植物にカビが発生する原因とは?【白いふわふわ】
    1. 観葉植物にカビが発生する原因①「水遣りのしすぎ」
    2. 観葉植物にカビが発生する原因②「室内の湿度が高い」
    3. 観葉植物にカビが発生する原因③「通気性が悪い」
    4. 観葉植物にカビが発生する原因④「肥料の遣りすぎ」
  3. 観葉植物にカビが発生する条件とは?
    1. 観葉植物にカビが発生する条件①「室内が暖かい」
    2. 観葉植物にカビが発生する条件②「湿度が高い」
    3. 観葉植物にカビが発生する条件③「風通しが悪い」
  4. 観葉植物のカビを防ぐための予防法5つ
    1. 観葉植物のカビを防ぐための予防法①「土が完全に乾いてから水やりをする」
    2. 観葉植物のカビを防ぐための予防法②「肥料はベストタイミングで与える(基本的に冬場は控える)」
    3. 観葉植物のカビを防ぐための予防法③「用土・マルチングを見直す」
    4. 観葉植物のカビを防ぐための予防法④「風通しのよい場所で管理する」
    5. 観葉植物のカビを防ぐための予防法⑤「通気性の良い鉢植えにする」
  5. 観葉植物にカビが生えた時の対処法
    1. 観葉植物にカビが生えた時の対処法①「カビを取り除く」
    2. 観葉植物にカビが生えた時の対処法②「アルコール消毒」
  6. まとめ

【閲覧注意】観葉植物に生えた白カビの様子

まずは、我が家で育てている観葉植物「コーヒーの木」の土表面に現れた白いふわふわをご覧ください。

観葉植物に生えた白カビ

観葉植物の土の表面に、なにやら白っぽいふわふわした物が見えます。
これは、「カビ」です。
栽培環境を見直す必要があります。

観葉植物に発生したカビを放置すると起こりうるトラブル

観葉植物に生えたカビ。
そのまま放置しておくと、以下のようなトラブルが起こりえます。
・観葉植物がカビによって枯れる可能性がある
・人体への悪影響の可能性がある(アレルギーによる痒みや咳)
・美観を損なう(単純に気持ち悪い)
・カビによって不快な臭いが生じる
観葉植物に生えたカビを放置した場合、このようなトラブルを招く可能性があります。
また、カビは目に見えない程小さな胞子を飛ばして増殖するとのこと。
そのため、カビは人体に悪影響を及ぼすこともありえますので、早めの対処が望まれます。

観葉植物にカビが発生する原因とは?【白いふわふわ】

では、なぜ観葉植物の土にカビが発生するのでしょうか?
カビの原因として考えられるのは以下の4つの項目です。

観葉植物にカビが発生する原因①「水遣りのしすぎ」

観葉植物への水遣りのし過ぎはカビの繁殖を招きます。
植物が十分に水を吸収していない状態でさらに水遣りをしていませんか?
また、受け皿に水が溜まったまま放置していると、湿った状態が持続してカビにとって好条件となります。

観葉植物にカビが発生する原因②「室内の湿度が高い」

観葉植物は室内で管理されることが多いです。
そのため、日当たりや風通しのよさが十分に確保しにくい環境となりがちです。
また、冬場は観葉植物の生育速度が落ちているため、水分も吸い上げにくくなっています。
結果、土の高湿状態が続いてカビの繁殖を促すと考えられます。

観葉植物にカビが発生する原因③「通気性が悪い」

観葉植物の土表面を隠しおしゃれに見せてくれる「マルチング」。
マルチングには、「ウッドトップ」「バークチップ」「化粧石(カラーストーン)」「ココヤシファイバー」などがあります。
どれも100均で手軽に購入できて、観葉植物をよりおしゃれに見せてくれるアイテムです。

ココヤシファイバーでマルチングした観葉植物

しかし、マルチングにはデメリットも。
それが、「水やりのタイミングが分かりくい」ということ。
土の表面を石やチップで覆うと、どうしても水やりのタイミングの基準となる「土表面の乾燥」が分かりにくくなります。
また、マルチング自体が水分を吸ってカビの原因につながることも。
そのため、観葉植物にマルチングを使用している場合、「通気性の確保」や「水やりのタイミング」などに十分気を配る必要があります。
また、鉢植えがプラスチック製の場合は通気性に欠けるため、どうしても多湿状態になりやすいです。

観葉植物にカビが発生する原因④「肥料の遣りすぎ」

もうひとつカビの原因として考えられるのが「肥料の遣りすぎ」です。
植物の吸収量を超える肥料を与えると、カビの餌になってしまうことも。
特に、冬場は植物の休眠期となる場合がほとんどなため、肥料を与えない方が良いでしょう。
肥料のタイミングを間違えると、カビの発生を招きやすいです。

観葉植物にカビが発生する条件とは?

では、具体的に観葉植物の土表面にカビが生えるのは、どのような条件下なのでしょうか。

観葉植物にカビが発生する条件①「室内が暖かい」

カビが元気に活動する温度は20度~40度です。
つまり、ほぼ一年中カビ発生の可能性があります。

観葉植物にカビが発生する条件②「湿度が高い」

カビが好むのは湿度の高い環境です。
時期でいうと、「梅雨」や冬場の「結露」が湿度の高い環境となりやすいでしょう。

観葉植物にカビが発生する条件③「風通しが悪い」

風通しが悪いということは、空気の循環がよくないということです。
気密性の高い室内ではカビの好む湿気が高い環境となりやすいということ。

観葉植物のカビを防ぐための予防法5つ

それでは具体的に観葉植物のカビを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。
いくつかの対策をご紹介します。

観葉植物のカビを防ぐための予防法①「土が完全に乾いてから水やりをする」

土が完全に乾いた目安は、「土の水気がない」「鉢を持ち上げたときに軽い」「鉢底から見ても土が乾いている」「土の色」などです。
植物の種類によっても異なりますが、土の表面が乾いて2~3日してから水やりするといいでしょう。
水やりは鉢底から水が流れ出てくるまでたっぷりと与えましょう。
水をたっぷりと与える理由は、「余分なガスの排出」「古い空気を出す」などの目的があります。

観葉植物のカビを防ぐための予防法②「肥料はベストタイミングで与える(基本的に冬場は控える)」

過度な肥料はカビの原因につながります。肥料は季節によって適切な与え方があります。
春は、固形肥料であれば2か月に1回程度、液体肥料であれば2週間に1回程度が目安となります。
植物の生長期である夏~秋にかけては、様子をみながら液肥を2週間に1~2回程度与えるのが目安です。

冬場は基本、肥料は不要

そして、冬場は植物の休眠期となります。
そのため、基本的に冬は肥料を控えるといいでしょう。
ただ、肥料のタイミングは植物の種類によっても異なります。
その植物に適したタイミングで肥料を与えましょう。

観葉植物のカビを防ぐための予防法③「用土・マルチングを見直す」

ウッドチップや化粧石などのマルチングは観葉植物をよりおしゃれに演出してくれます。
しかし、やはり土表面を覆うため水やりのタイミングを誤ったり、鉢の湿気がこもりやすくなりやすいです。

化粧石でマルチングした観葉植物

マルチングをなるべく通気性の良いものに変えるか(化粧石からココヤシファイバーなど)、水やりする際にマルチングをめくって土の状態をしっかりと確認するなどの気遣いが必要となります。
また、通気性の良い用土に変えるのも効果的でしょう。
ちなみに、「赤玉土と腐葉土を7:3の比率で作った土」は、ほとんどの観葉植物に対応できる土だそうです。

観葉植物のカビを防ぐための予防法④「風通しのよい場所で管理する」

カビ予防として水遣り後の観葉植物に風を当てています

水遣りをした後、土を長い時間湿ったままにしておくと、カビだけではなく根腐れの原因にもつながります。
ただ、真夏や冬場はどうしても窓を閉め切りがちですよね。
そんなときは、扇風機で弱めの風を当てるのも良いということです。
小型のサーキュレーターを用意するのもいいかもしれませんね。
【 関連topics 】「サーキュレーターと扇風機の違い【植物に適しているのは?】」はこちら

観葉植物のカビを防ぐための予防法⑤「通気性の良い鉢植えにする」

プラスチック鉢で管理している場合、どうしても通気性に劣ります。
安価で軽量のプラスチック鉢はハンギングには適していますが、どうしても鉢内部の温度も上がりやすいです。
タイミングをみて、素焼きの鉢植えに植え替えるのもカビを防ぐには効果的でしょう。
素焼き鉢は、プラスチック鉢に比べて鉢内部の温度が上がりにくいです。
また、素焼き鉢は排水性に優れ、加湿による根腐れも防いでくれます。

観葉植物にカビが生えた時の対処法

では、観葉植物にカビが生えた場合にできる対処法をいくつかご紹介します。
注)カビを対処する際は、胞子が室内に飛散する恐れがあるため、外でおこなうのが望ましいです。

観葉植物にカビが生えた時の対処法①「カビを取り除く」

カビの生えた箇所の土を割りばしやピンセット取り除きます。
取り除いた分、必要であれば新しい土を加えます。
※湿気がこもっている状態であることがほとんどなので、しばらくは乾燥気味に管理するのがおすすめ。

観葉植物にカビが生えた時の対処法②「アルコール消毒」

カビの生えた部分の用土を取り出し、アルコールを吹き付けて消毒します。
その後、十分に乾燥させてから土を戻します。

カビの生えた観葉植物を消毒中

「そんなの面倒…」という場合は、直接カビに消毒スプレーを拭き替えるのも良いそう
その際は、チラシや新聞紙で観葉植物をカバーし、消毒液がかからないよう注意します。

定期的に風を当ててあげるのも効果的

筆者は、冬場の湿気がこもりやすい時期、数日に一回くらい1時間程度扇風機で風を当てています。
風はなるべく直接植物に当たらないようにするのがベスト。なるべく遠くからふんわりと当てるとよいですよ。
どうしても熱と水分がこもりやすい冬場。定期的に風通しをよくすることで、冬場に頻発していたカビを抑えられます。

まとめ

観葉植物にカビが生えた場合、植物への悪影響だけではなく人体への悪影響も考えられます。
観葉植物に生えたカビは早めに対処すべきでしょう。

観葉植物にカビが生える原因と予防法

①湿度・室温が高い→鉢植えを素焼きに変えるorマルチング・土の見直し
②風通しが悪い→置き場所を変えるor扇風機を活用
③水を遣りすぎている→土が完全に乾いて2~3日してから水やり
④肥料過多→適切なタイミングでおこなう、基本的には冬の肥料は必要ない

コメント

  1. […] あわせて読みたい「観葉植物のカビ!原因と予防法【土に白いふわふわ】」はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました