ポトスの葉が落ちる原因は?対処法までを徹底解説!

ポトスの枯れ葉 ポトス

ポトスは、どんなインテリアにも合うインテリアグリーンです。つる性の植物で、豊かな緑色、光沢のある丸みを帯びた葉は金運up効果も期待できます。

しかし、ポトスを育てている人が経験する最も一般的な問題の1つは、ポトスの葉が落ちてしまうことです。

今回は、そんなポトスの葉が落ちるときに考えられる原因と、そのときの対処法について解説します。

スポンサーリンク

ポトスの葉が落ちる原因は?対処法までを徹底解説!

ポトスの葉が落ち始めたら、まず環境を把握することが大切です。ポトスに適度な日光と湿度が当たっているか、根が過湿になっていないかなどを確認しましょう。

寒すぎる、直射日光に晒された、根が詰まって鉢内が蒸れているなどが、ポトスの葉が落ちる根本的な原因となることがあります。

ポトスの葉が落ちる原因①寒すぎる

寒さに強く丈夫なポトス。耐えられる寒さは5度程度までといわれます。

しかし、これはポトスが枯れないための最低温度ともいえます。ポトスの美しい葉を保つなら、最低でも10度、できれば15度は欲しいところです。

なぜなら、ポトスは東南アジアの亜熱帯や熱帯雨林地域が原産の植物だから。本来は、一年を通して暖かく風通しのよい湿った空気を好むのです。

大木に絡みつくポトス自生地でのポトスは大木に絡みつきながらつるを伸ばし、葉は大きいもので1mにもなるといわれる

あわせて読みたい「ポトス 冬場のお手入れ方法と管理のコツは?」はこちら

寒さが原因でポトスの葉が落ちるときの対処法

  • 水やりは土が乾いて2~3日ほどしてから。できるだけ暖かい時間帯に済ませる。
  • 窓際は冷えこむため、夜から朝にかけては窓から1~2mほど離す
  • 肥料は基本不要
  • 空気の乾燥に気を付け風通しのよい場所で管理➡窓を閉め切る時期はサーキュレーターを活用するのが◎

窓辺に置いたポトス

天気予報をチェックし、最低気温が15度以下になってきたら水やりを控えて暖かい場所へ移動しましょう。

温度は最低でも8度、できれば10度は欲しいところです。気を付けたいのが水やり。暖かい時期に比べて生長が鈍るため、水やりも控え目にする必要があります。

ポトスとじょうろ

暖かい時期と同じように、土が乾いてすぐに水を与えていると、根が吸いきれずに残った水分が長く鉢内に停滞することとなり、それが根を傷める原因になることがあります。

水やりチェッカーを活用すると管理が楽になるだけでなく、水のやり過ぎややり忘れによる失敗を防ぐことが出来ますよ。

サスティー

あわせて読みたい「ポトスをこんもりさせたい!スカスカなポトスのボリュームを取り戻す方法」はこちら

ポトスの葉が落ちる原因②根詰まり、蒸れ

葉が茶色く変色したポトスの鉢植え

ポトスの葉が落ちる時に考えられる2つ目の理由は、根の損傷です。根が損傷すると、植物は必要な栄養分や水分を葉に運ぶことができなくなります。

その結果、葉が落ちたり、葉の色がわるくなったりするのですね。根が損傷する原因となるのが「根詰まり」や「水のやり過ぎによる蒸れ」などです。

特に、ポトスを2年以上植え替えていないと、鉢の中が根っこでぎゅうぎゅう詰めになったり、土が劣化したりして根を傷める原因になることがあります。

根詰まりしたポトス

また、水やり後の鉢を夏場の熱くなった床面に直接置くと、鉢内が煮えて根を傷める原因になります。

冬場も同じで、鉢内に水分が沢山残っている状態で寒さに晒すと水温が低下することで根が冷えて傷みます。

根詰まり、蒸れが原因でポトスの葉が落ちるときの対処法

  • 土が濡れている場合は土がしっかりと乾くまで様子を見る。風通しのよい明るい場所に置くこと(直射日光、西日は×)
  • 肥料は基本不要
  • 鉢底から根がはみ出ている・2年以上植え替えていない・水やり後、土に水分が浸みこむまで時間がかかるようになった➡植え替えを検討。ポトスの植え替え方法については以下記事へ

あわせて読みたい「ポトス 植え替えの方法を徹底解説!【タイミングも】」はこちら

ポトスの葉が落ちる原因③直射日光

植物は日光が大好きです。ただ、ポトスの場合は少し違って、日光といっても強すぎる日差しは逆に葉を傷める原因になります。

その理由は原産地。ポトスは元々、熱帯雨林の大木に囲まれた場所で木漏れ日を浴びながら生育するつる性植物です。

特に夏場の直射日光に当てるとほぼ100%葉が焼けます。

斑入りポトスの葉焼け

葉焼けすると見た目が悪くなるだけでなく、焼けた部分は光合成もできなくなります。

その結果、株自体をも弱らせる原因になることもあるのです。

直射日光が原因でポトスの葉が傷み、落ちるときの対処法

  • 置き場所の見直し。直射日光に当たる場合は半日陰へ移動するか、遮光ネットを利用する。
  • 暗い場所からいきなり明るい場所への移動は控える。移動する場合は少しずつ日光に慣らす。
  • 室内なら明るい窓際、屋外なら日陰~半日陰がおすすめ。

あわせて読みたい「ポトスの葉が茶色になる原因と対処法を解説します」はこちら

ポトスの葉が落ちる原因④新陳代謝

ポトスの枯れ葉

植物は新しい成長のために養分と資源を節約する方法として、古い葉を落とすことがあります。

場合によっては、植物が一見健康で理想的な環境にあるときでも、葉が落ち始めることがあります。

新陳代謝の場合は株元近くの葉のみが落ちるはずです。新しい葉まで落ちる場合は①~③までの原因や病害虫による被害を受けている可能性があります。

特に、葉がベタベタしたり、白い粉が付着していたり、蜘蛛の巣のようなものが付いている場合、カイガラムシやハダニが付いている恐れがあります。

コナカイガラムシ

あわせて読みたい「ポトスに白い粉がわいたら確認すべきことは?」はこちら

新陳代謝でポトスの葉が落ちるときの対処法

  • 株元近くの葉が1,2枚程度落ちるくらいなら特に問題なし
  • 新しい葉まで落ちるようなら他の原因を探る必要あり

あわせて読みたい「ポトス 元気がないときの原因と対処法を解説します!」はこちら

 

まとめ

デスク脇のポトス

ポトスの葉が落ちてきたら、まずはポトスをよく観察し、これまでの管理方法を思い出してみてください。

お手入れのポイントを時期別でみると…

  • 春から秋⇒鉢底から根っこがはみ出ている場合はこの時期に植え替えを済ませる。水やりは土が乾いたタイミングで鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと。20度以上なら屋外の日陰に置くと生育がよくなる。
  • 真夏⇒直射日光による葉焼け、高温による鉢内の蒸れに注意。得に水やり後、強光に晒したり熱くなった床面に直接鉢を置くと、葉や根を傷めやすい。
  • ⇒寒さに当たっていないか確認。室内でも朝晩の窓際は注意。水のやり過ぎに気を付け交わし気味に。空気の乾燥に注意し害虫がついていたら早目に取り除く。元気がないからといって肥料を与えるのは避けた方がよい。

このような感じです。

ポトスの葉が落ちる原因は多岐にわたるので、ひとつひとつ確認しながら根本的な原因を探ってみてください。

ポトスのその他topics

「ポトスの簡単な仕立て直し方を写真付きで分かりやすく解説!」はこちら

「ポトスを水差しで楽しむ方法を分かりやすく解説します!」はこちら

「ポトスを水差しでずっと育てることは可能?」はこちら

「ポトスが伸びない原因は?ポトスが伸びない時に確認すべき3つのポイント」はこちら

「ポトスが枯れる原因と対処法【コツをつかんで長く楽しむ!】」はこちら

「ポトス 水やりの方法【コツとタイミングを解説します】」はこちら

「ポトスがしなしなの時に確認すべきこと3つとは?原因と対処方法」はこちら

「ポトスの葉から水が滴り落ちてくるのはなぜ?」はこちら

「伸びすぎたポトスの対処法【つるが伸びすぎて困っている方】」はこちら

「マーブルクイーンは難しいと言われる理由3つ【斑入りポトス】」はこちら

「ポトスの増やし方【初心者でも簡単に増やせる!】」はこちら

ポトス観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
komame083

農業高校で園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほどの植物を管理。他人は変えられない。しかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました