カポックを大きくしたいときにすべきこと3つ

100円のシェフレラ カポック(シェフレラ)

てのひらを思いっきり広げたような葉が元気をくれそうな観葉植物カポック。丈夫で育てやすい定番のインテリアグリーンですね。

しかし、大切に育てているもののカポックがなかなか大きくならない…とお悩みではありませんか?

そこで今回は、カポックを大きくしたいときびすべきこと3つをご紹介します。

スポンサーリンク

カポックを大きくしたいときにすべきこと3つ

小さなカポック

「小さいカポックを大きくしたい」。100円ショップ等で購入した小さなカポックを大きくしたときにすべき3つのポイントを解説します。

カポックを大きくしたいときにすべきこと①1年に1回植え替える

カポックは数ある観葉植物の中でも非常に生育が早く根詰まりを起こしやすい植物です。根詰まりを起こすと根がスムーズに水分や養分を吸い上げることができず、生育にも影響を及ぼします。

下写真は根詰まりを起こしたカポックの鉢底です。

根詰まりしたカポック

鉢底の穴から根が沢山はみ出ていますね。これでは新しい葉が変形したり、変色したりしてスムーズに育つことができません。

カポックを大きくしたい場合は、根詰まりしたらひとまわり大きめの鉢に植え替えることが必要になります。

カポックの植え替えに適しているのは春から秋の暖かい時期です。

根詰まりしたカポック
葉が変色する場合は根詰まりしていないか確認してみよう
カポックが根詰まりしたときによく見られる症状3つ

1.鉢底から根っこがはみ出てくる
2.水やり後、水分がなかなか土に浸み込まなくなった
3.新しい葉がうまく開かなかったり、下葉が黄色っぽく変色してくる

※分からない場合は一度鉢から株を取り出してみるのが早いです。なかなか鉢から株が取り出せない場合は根詰まりしている可能性が高い傾向にあります。根詰まりしていない場合はそっと元に戻しましょう。

あわせて読みたい「カポック 植え替え方法と管理のコツ3つ!」はこちら

カポックを大きくしたいときにすべきこと②春から秋にかけては基本、屋外に置く

屋外に置いたカポック

カポックは春から秋にかけて非常によく育ちます。そのため、この時期に室内に置きっぱなしにしているとなかなか大きく育たないだけでなく、茎ばかりが間延びしてひょろひょろになる「徒長(とちょう)」を起こしやすくもなります。

徒長すると、見た目が弱々しくなるだけでなくちょっとしたストレスでもダメージを受けやすくなります。

植物に欠かせないのは日光と水、そして「風」!

ついつい忘れがちなのが風通しです。
植物は風を受けることで葉の裏にある気孔の開閉が活発化し、光合成もさかんになるといわれています。
室内では風通しの面で屋外には敵わない場合がほとんどですね。日光だけでなく、風を当てることでカポックは大きく育ちます。

あわせて読みたい「小さなシェフレラ(カポック)を大きく育てる【根詰まり症状も解説】」はこちら

カポックを大きくしたいときにすべきこと③生育期は肥料を適量与える

カポックの生育期は春から秋の暖かい時期です。この時期は水分もよく吸い上げます。

月に2回ほど、水で薄めた液肥を水やりとして与えてみましょう。葉の色つやがよくなり生育もよくしてくれます。

おすすめはホームセンターで手軽に購入できるハイポネックスです。(下写真)

ハイポネックス

約500倍に薄めたハイポネックスを水やりとともに与えます。これだけで生育のよさが実感できるはずですよ。

薄めたハイポネックスを与える

ハイポネックスの原液は青色をしています。水で約500倍に薄めると上写真のような薄い水色になります。(上写真)

液肥はすぐに根から吸収させることができるため、即効性があるのが特徴です。

面倒な場合は置き肥でもok!

いちいち液肥を水で薄めて与えるのは面倒…という場合は、置き肥でも構いません。置き肥は株から少し離した場所に置くだけでokです。

水やりの度に肥料分が溶け出し、ゆっくり長く効果を発揮するのが置き肥になります。(下写真)

置き肥

それぞれの商品の使用方法を確認した上で使用してください。上写真の「プロミック」であれば、2か月に1回、土の上に白い錠剤をおくだけです。

手軽な上、においもほとんどしないので室内でも清潔に管理することができますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便送料無料】プロミック 観葉植物用 150G
価格:750円(税込、送料無料) (2022/3/9時点)


与えるのは生育の旺盛な春から秋にかけて。冬場は生長がほぼ止まる休眠期のため肥料は基本的に不要です。

あわせて読みたい「カポック 枯れる原因3つとは?管理のコツを分かりやすく解説」はこちら

まとめ

大きなカポック

今回は、カポックを大きくしたいときにすべき3つのことをくわしくご紹介しました。

なんといっても生長の早いカポックは根詰まりしやすいのが特徴です。「なかなか大きく育たないな」「葉の色がなんとなく悪いな」などという場合、根詰まりしていないか確認してみてください。

寒さにも暑さにも強く乾燥にもよく耐えるカポックは、初心者でも簡単に大きく育てることのできる育て甲斐のある植物ですよ。

カポックを大きくしたいときにすべきこと3つ

①一年に一回、植え替えを検討する
②春から秋は基本的には屋外に置き十分な日光と風に当てる
③生育期(最高気温が安定して15度以上になったら)には肥料を適量与えてみる

カポックのその他toipics

「カポックの色が薄い理由は?原因と対処法」はこちら

「カポックを挿し木で増やす方法を分かりやすく解説します!」はこちら

「カポックの葉が落ちる原因と対処法をくわしく解説します」はこちら

「カポックの葉が茶色になる原因と対処法を徹底解説!」はこちら

「カポックを水差しで育てる方法【室内で清潔に楽しむ!】」はこちら

「もさもさのカポックを剪定ですっきりさせる!」はこちら

カポック(シェフレラ)観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
komame083

農業高校で園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほどの植物を管理。他人は変えられない。しかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました