スポンサーリンク

ガジュマルの生育記録【ブログ更新中】

幹だけのガジュマル ガジュマル

今回のブログでは、ホームセンターで300円で購入したガジュマルの生育記録をご紹介します。

「小さなガジュマルでも大きく育てることは可能?」

「安価で購入したガジュマルがどんな風に生長するのか知りたい」

「小さなガジュマルを大きく育てたい」

このような方の参考になるブログです。10年経過した以降も更新中。

ガジュマルの生育記録【ブログ更新中】

では、時系列でガジュマルの生長をご覧ください。当ブログは随時更新します。

ホームセンターで300円のガジュマルを購入【2011/1】

直径6cmほどの陶器鉢に植え付けられていた小さなガジュマルを300円で購入。残念ながら、当時の画像は残っていませんでした。

当時の姿に近いガジュマルは下写真のような感じ。

スリーコインズで購入したガジュマル
スリーコインズで購入したガジュマル

同じく300円で購入したガジュマルです。ほぼベランダで放ったらかしにしていました。

暖かい時期は10日に1回くらい水やり。冬場は寒くてベランダに出たくないので(自分が)、月に1回水を与えるか与えないかくらい。

日当たりはほぼ日陰。こんな感じで育てて(放置して)いました。

あわせて読みたい「ガジュマルがひょろひょろになったときの対処法を解説します!」はこちら

9年間放置し続けてひょろひょろになったガジュマル【2020/6】

いきなり9年経過してしまいました。

そしてこの9年間、ガジュマルをベランダに放置し続けていたところ、こんなにひょろひょろになってしまいました。

ひょろひょろに徒長したガジュマル
ひょろひょろに徒長したガジュマル

元々、コンパクトだったガジュマル。

日光不足でかなり徒長し、1本の枝だけがひょろひょろに伸びてしまいました。

剪定しようにもできない…。そこで、すべての枝をカットする「丸坊主」で株を仕立て直すことに。すべての枝といっても1本ですが。

この1本をノコギリで切り落とします。

ひょろひょろのガジュマルを丸坊主に

幹だけのガジュマル
幹だけのガジュマル

幹だけになったガジュマルです。断面からは白いガジュマルの樹液がどんどんとにじみ出てきます。

かなり不安になる姿です。

ちなみに、切り落としたガジュマルの枝は挿し木にしました。

あわせて読みたい 「ガジュマル剪定 丸坊主に挑戦レポ!剪定から1年後までの記録」はこちら

ガジュマルを丸坊主にして1か月経過【2020/7】

ひょろひょろになったガジュマルを丸坊主にして1か月経ちました。

丸坊主から1か月経過したガジュマル
新芽が出たガジュマル

無事、新しい葉が展開し始めました。これで一安心。

ガジュマルは耐陰性があるため、室内でも育てられる観葉植物として人気ですが、本来は日光を好みます。

今後はできるだけ日当たりの良い場所で育てよう。

あわせて読みたい 「ガジュマルが徒長(とちょう)する原因と対処方法を解説!」はこちら

剪定を繰り返し葉が茂ったガジュマル【2021/11】

丸坊主から一年半ほど経過したガジュマル

丸坊主にして1年半ほど経ちました。

ひょろひょろだった頃の姿が想像できないくらい、葉がこんもり茂っていますね。幹もひとまわり太くなりました。

空いているスペースにはセダムを植えてみました。今後もブログを更新します。

ガジュマルのその他ブログ

「ガジュマルの植え替え時期は?【植え替え方法と管理のコツ】」はこちら

「ガジュマル 伸びすぎる原因と対処法を徹底解説!」はこちら

「ガジュマル 冬の育て方のコツ5つを徹底解説します」はこちら

「ガジュマル 元気がないときの原因と対処方法【多幸の木】」はこちら

「ガジュマルの葉が落ちる原因と対処法をくわしく解説」はこちら

「ガジュマルに直射日光を当てても大丈夫?最適な置き場所とは」はこちら

ガジュマル観葉植物
この記事を書いた人
komame083

北海道の農業高校で園芸を3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で約50種類の植物を管理。他人は変えられない。だがしかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました