スポンサーリンク

コーヒーの木 ダイソー100円の植物を大きくする方法!

コーヒーの木 植物ブログ
「ダイソーの観葉植物って大きく育てられるの?」

「100円だし、すぐ枯れちゃうのでは…?」

「ダイソーの植物がどんなふうに大きくなるか見てみたい!」

ダイソーの植物コーナーを見たことはありますか?

近頃は実にさまざまな種類のかわいらしいグリーンが並んでいますね。でも、100円の観葉植物って大きくできるのでしょうか。

また、大きくなるまでにはどれくらいの期間がかかるのか。

今回は、筆者がダイソーで100円で買った「コーヒーの木」を大きく育てるまでの経過と方法をくわしくご紹介します。

コーヒーの木 ダイソー100円の植物を大きくする方法!【経過レポート】

それでは、ダイソーでコーヒーの木を購入するところから現在までの経過です。管理方法も合わせてご紹介します。

ダイソーでコーヒーの木を購入【2019/6】

ダイソーには100円と300円の植物が並んでいますが、今回は100円の小さめの鉢を購入しました。選んだのは、濃いグリーンとツヤのある葉が人気の観葉植物「コーヒーの木」。

ダイソーで購入したコーヒーの木

青々としたツヤツヤの葉が映えますね。やはり、室内に植物を置くと一気に明るい印象に変わります。ここから大きく育てていきましょう。

目標は「コーヒーの実の収穫」です!「コーヒーの木」という名前の通り、本当にコーヒーの木なのです。

調べたところ、スムーズに育てば7年くらいで実を付けるそう。ただ、これは管理の行き届いた温室で育てた場合でしょう。

寒さが苦手なコーヒーの木は冬場の管理に特に気を付けなければなりません。

わたしの育て方
  • 1年~2年に1回、春頃にひとまわり大きな鉢へ植え替え
  • 土が乾いたら水やり(ただし、冬場は控え目に)
  • 寒さは避ける(15度以下にならないよう気を付ける)

ダイソーのコーヒーの木【2020/6】

購入から一年経過したコーヒーの木

なんとか初めての冬を越しましたが、寒さによって葉が傷んでいます。さらに、いきなり屋外の日光を当ててしまい葉焼けも起こしています…。

また、うっかり冬場に肥料を与えてしまい、葉が焼けて茶色く変色したり、変形したりもしています。完全な肥料焼けですね…。(冬の肥料は不要です)

してはいけないことをしまくったので、このまま弱ってしまうかと思いましたが、なんとか頑張ってくれました。

ちなみに、暑さには強いコーヒーの木ですが、葉焼けを起こしやすいので真夏の直射日光には気を付けてください。

植え替えは1~2年に一度。暖かい時期に済ませる

根がだいぶ詰まってきたのでこのタイミングで植え替えました。コーヒーの木の植え替え適期は春から秋にかけての暖かい時期です。

ただ、5月~6月頃が特におすすめ。理由は、冬までに根をできるだけ張らせて寒さに備えられるからです。

土は水はけの良い土に緩効性肥料を混ぜ込んでいます。今回使用したのは「マグアンプk」です。これを混ぜておくだけで約一年効果が持続します。

マグアンプk

水やりのたびに肥料成分が溶け出して効果を発揮するようです。臭いもほぼなく虫もわきにくいのでおすすめ。価格も手ごろです。

コーヒーの木を育てる上で試練になる「冬」

コーヒーの木は熱帯アフリカやマダガスカルです。そのため、暑さには強い反面、寒さには弱いのが特徴。

10度以下になると株自体が弱って葉を次々に落とし、枯れるおそれがあります。寒くなったら必ず室内の風通しの良い場所へ移動しましょう。

扇風機やサーキュレーター、加湿器での管理がおすすめです。植物が育ちやすい環境を目指すことは、人間にとっても過ごしやすい場所になりえます。

サーキュレーター
葉水(はみず)で病害虫の予防!

また、ときどき「葉水(はみず)」で株全体を保湿するのも病害虫の予防になります。葉水は霧吹きで株全体に水を吹きかけるお手入れ方法です。

葉水のコツは、葉の表面だけではなく、葉の裏面、茎、枝にまでまんべんなく吹きかけることです。

ダイソーのコーヒーの木【2021/6】

購入から2年経過したコーヒーの木

ダイソーで100円のコーヒーの木を購入して早くも2年経過です。購入時は背丈15cm程だった株は、30cmを超える程まで育ちました。

枯らせないためには「土が乾いてからの水やり」が鉄則

他の観葉植物にもいえますが、やはり「水やりのタイミング」が枯らせない(腐らせない)ためのコツです。コーヒーの木の水やりは、「土が乾いてから」が鉄則。

必要以上の水やりは根の呼吸を妨げ腐らせる「根腐れ」を招きます。

土が乾いたがどうかの確認方法
  • 鉢を持ち上げて軽い
  • 土に指を3cm程差して水気を感じない、等

特に気を付けたいのが冬場の水やりです。冬場のコーヒーの木は生長が緩慢になる「休眠期」になります。そのため、水を吸収する力自体が低下しているのです。

春から秋にかけての生長期と同じ感覚で水やりしていると、「根腐れ」に発展します。そして、根腐れに至るとそのほとんどが枯れてしまいます。

水やりの失敗を防ぎ根腐れリスクを減らす便利アイテムも

「できるだけ枯らせたくない」「いちいち土の湿り気を確認するのは面倒」

そんなときに重宝するのが水やりチェッカーです。土に挿しておくだけで、水やりのタイミングを色で教えてくれる便利アイテム。

サスティー
  • ブルー⇒水が足りている
  • ホワイト⇒土が乾いた

コーヒーの木の冬の水やりは土が乾いて2,3日してからです。なので、水やりチェッカーが白になって2日程してからやや控えめに水やりすることで、冬越しの失敗を防ぐことができます。

ダイソーのコーヒーの木【2022/6】

随時更新予定!お楽しみに。

まとめ

いかがでしたか。

ダイソーで100円の観葉植物でも管理のコツさえつかんでおけば大きく育てられます。たった100円で大きく育てる楽しさまで得られるとは、かなりお得ですよね。

ただし、コーヒーの木に関しては冬場の寒さが枯れの原因になりやすいです。冬越しのポイントをつかんで小さなコーヒーの木を大きく!

今回の記事を参考に、ぜひ、ダイソーでコーヒーの木を見つけたら育ててみてくださいね。

ダイソーで買ったコーヒーの木を大きく育てる方法
  • 1~2年に一度の植え替え(根詰まりを防ぐ)
  • 適切な温度管理と水やり(便利アイテムを活用すると楽)
  • 風通しが良く日当たりの良い場所に置く
サスティー
ダイソーシリーズのその他記事
ダイソー植物

コメント

タイトルとURLをコピーしました