PR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アジアンタムがチリチリになる原因は?復活させる方法も解説!

葉がチリチリにしおれたアジアンタム 観葉植物

涼し気な姿が人気のシダ植物「アジアンタム」。観葉植物としてホームセンターや園芸店で見かけることも多いため、気軽に購入しやすい植物です。

でも、アジアンタムの葉がチリチリになる現象にお悩みではありませんか?

そこで今回は、アジアンタムの葉がチリチリになる理由と対処法を徹底解説します。

また、後半では、チリチリになったアジアンタムの簡単な仕立て直し方もご紹介しますので、ぜひご参考にされてくださいね。

この記事を読めば、

  • アジアンタムの葉がチリチリになる原因
  • アジアンタムの葉がチリチリになった時の対処法
  • チリチリになったアジアンタムの仕立て直し方

が分かるよ!

スポンサーリンク

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アジアンタムの葉がチリチリになる理由は?

では、アジアンタムの葉がチリチリになる原因からみていきましょう。

アジアンタムは乾燥に弱い

チリチリになったアジアンタム

ずばり、アジアンタムは乾燥に弱いです。

シダ植物であるアジアンタムは、湿度70%以上の湿った環境を好みます。

ただ、人間にとって湿度70%以上はベタベタとして不快に感じる湿度です。カビの増殖も懸念されます。

人間にとって快適な空間は、アジアンタムにとっては乾燥した不快な状態である場合多いです。

☆★アジアンタムが枯れる原因についてくわしくはこちら↓↓

アジアンタムの葉が茶色く枯れる原因は?育て方のポイント3つを解説
アジアンタムが枯れる原因をご存じですか?ふんわり優し気な見た目のアジアンタム。涼し気な見た目で人気の観葉植物ですが、実は初心者が育てるのはなかなか難しい植物なんです…。そこで今回はアジアンタムが枯れる原因、長持ちさせるコツを解説!

空気中の湿度が足りないと葉がチリチリになりやすい

空気中の乾燥状態が続くことでアジアンタムの葉はチリチリにしおれ始めます。

また、エアコンや暖房の風に当たることでも葉がチリチリになることが多いです。

残念ながら、一度チリチリにしおれたアジアンタムの葉は元には戻りません。根元からカットし、新しい葉が出てくるのを待ちます。

 

スポンサーリンク

チリチリ防水!アジアンタムの葉を美しく保つコツ

アジアンタム

アジアンタムには湿度が必要

アジアンタムの葉をチリチリにさせないためには少なくとも70%以上の湿度が必要です。

とはいえ、室内を湿度70%以上にすると人にとって快適とはいえません。そんなときに効果的なのが「葉水(はみず)」です。

チリチリ現象を防ぐためには1日数回の葉水が効果的

葉水は、霧吹きで株全体に水分を吹きかけるお手入れのことをいいます。

アジアンタムの葉を美しく保つには、この葉水が効果的です。1日数回、アジアンタム全体に葉水をすることで葉の乾燥を防ぎます。

葉水

加湿器の近くに鉢を置くのもおすすめです。ただ、葉水は必要になるでしょう。

アジアンタムへの葉水は朝・昼・晩など、生活習慣に合わせて習慣化するのがおすすめです。

☆★アジアンタムの葉水について詳しくはこちら↓↓

アジアンタムに霧吹きが欠かせない理由は?頻度と時間帯を解説
ホームセンターや園芸店、雑貨店などでも手軽に購入できるアジアンタム。その柔らかで繊細な葉を保つためには「霧吹き」が欠かせないことをご存じですか?今回はアジアンタムに霧吹きが不可欠な理由をご紹介します!

土の「表面」が乾いたら水やりする

アジアンタムを美しく保つためには、土の表面が乾いたタイミングでの水やりが必要です。

そのため、「鉢を持ち上げて軽い」という段階まで乾燥させると、水枯れを起こす可能性があります。

とはいえ、必要以上の水やりは根腐れの原因になります。他の多くの観葉植物よりもやや多めの回数で水やりすることを意識します。

☆★アジアンタムの水遣り方法について詳しくはこちら↓↓

アジアンタムの水やりは毎日必要?頻度と量は時期によって異なります
ちょっぴり難しいと感じがちなアジアンタムの水やり。たった2つのコツをつかむだけで可愛い姿を保つことができます。ポイントは湿度。アジアンタムはシダ植物のため乾燥状態が続くと葉が傷みやすいです。過度の乾燥を防ぎつつ空気中の湿度も保つことが大切!

直射日光を避けて葉焼けを防ぐ

また、アジアンタムは直射日光に強くありません。特に、高温期の強光は葉が焼けて傷む「葉焼け」の原因になります。

アジアンタムが好むのは半日陰です。遮光ネットを利用したり、レースカーテン越しの光を好みます。

葉焼けが進行することで株自体が弱り、枯れてしまうこともあります。

☆★アジアンタムの置き場所について詳しくはこちら↓↓

アジアンタムは風呂場でも大丈夫?適した置き場所の条件3つ
アジアンタムを購入したもの適した置き場所が分からない…乾燥に弱いと聞いたから、お風呂とかがいいのかな?ふわっとした葉が優しい雰囲気を漂わせてくれるアジアンタム。置き場所がイマイチ分からないという方にむけて、置き場所の条件2つをご紹介します!

 

スポンサーリンク

アジアンタムがチリチリになったときの復活方法

では、すでに全体的に葉がチリチリしてしまった時の対処法もみていきましょう。

チリチリになったときの仕立て直し 手順①根元を1~2cmほど残しすべてカット

アジアンタムの葉がチリチリになってしおれた場合は元に戻りません。

清潔なハサミを使い、根元の茎を1~2cmほど残してそれ以外を思い切ってカットします。豆苗をカットするような感じです。

チリチリになったときの仕立て直し 手順②水やり

カット後、たっぷりと水を与えます。受け皿に溜まった水は根腐れや病害虫の原因になりやすいです。

水やり後の受け皿に溜まった水は毎回捨てます。

チリチリになったときの仕立て直し 手順③ビニール袋に入れる

最後に、鉢がすっぽりと入る少し大きめのビニール袋にアジアンタムを入れ高湿状態を保ちましょう。

袋の口はネジネジ(ワイヤーの入った留め具)や洗濯ばさみなどでしっかりと留めておきます。

うまくいけば根元から新しい葉が展開し始めます。

チリチリになったときの仕立て直し 手順④袋から出す

室内のエアコン

新しい葉が出てきたら袋から出し、通常の管理に戻しましょう。 ただし、乾燥しないようこまめな葉水で湿気を保つ必要があります。

冬場は暖房の温風、夏場はエアコンの冷風に直接当たらないことが大前提です。

☆★元気がないアジアンタムにお困りの方はこちらの記事がおすすめ↓↓

アジアンタムが根詰まりした時の症状は?元気がないときの原因と対処法
アジアンタムを室内で育てているけど何となく元気がない…。アジアンタムは手軽に購入できるインテリアグリーンとして人気のシダ植物です。でも、他の多くの観葉植物とは少し違う性質をもちます。アジアンタムの元気がない主な原因と対処法とは?

 

スポンサーリンク

アジアンタムがチリチリになる理由と復活方法【まとめ】

乾燥気味のアジアンタム

今回は、アジアンタムの葉がチリチリになる理由と対処法をご紹介しました。

アジアンタムの葉がチリチリになりやすいのは、乾燥する秋頃や冷暖房を頻繁に使用する時期です。

こまめな葉水と適切なタイミングでの水やりで、アジアンタムのチリチリ現象を防ぎましょう。

アジアンタムがチリチリになる理由と対処法

・空気中の乾燥
⇒1日数回の葉水で葉の乾燥を防ぐのが効果的

・冷暖房の風が当たっている
⇒鉢の置き場所を変える

・直射日光による葉焼け
⇒半日陰やレースカーテン越しの日光を好む

・水不足
⇒土の表面が乾いたタイミングでの水やりをする
チリチリになったアジアンタムの仕立て直し【手順】

1.根元の茎を1~2cmほど残しすべてカット
2.水を与える
3.ビニール袋に入れる
4.新芽が展開し始めたら袋から出す

アジアンタムに関する記事はこちら

アジアンタムは寒さに弱い?冬越しで押さえておくべき3つのポイント
アジアンタムを冬越しさせるためのたった3つのコツをご紹介します。ふわっとした葉が爽やかなグリーン・アジアンタム。ひと鉢置くだけで室内を柔らかな雰囲気に変えてくれる人気のグリーンですね。アジアンタムを冬越しさせるための3つのコツとは?
アジアンタムの色が薄い…原因は?対処方法も
アジアンタムの色が薄い…このようなお悩みをお持ちですか?今回は人気の観葉植物であるアジアンタムの色が薄くなる場合に考えられる原因とそれぞれの対処法をくわしく解説します!ポイントはアジアンタムが「シダ植物」であるということです。
アジアンタムを大きくしたい!難しいシダを長く楽しむポイントは3つ
アジアンタムは育てるのが難しい…。このような噂を聞いたことはありませんか?人気のアジアンタムですが、個人的にはやはり「長く育て続けるのが難しい植物」と感じます。今回は、アジアンタムが難しいといわれる理由とその解決策についてもご紹介します!
アジアンタムを水差しで楽しむ方法をご紹介します!
アジアンタムを水差しで楽しむ方法をご存じですか?優し気な印象の株姿が人気のアジアンタム。すでにご自宅でアジアンタムを育てている場合、伸びた茎をカットし簡単に水差しで楽しむこともできます。アジアンタムを水差しにする手順を画像付きで解説。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こまめめをフォローする
観葉植物ラボ
タイトルとURLをコピーしました