PR
スポンサーリンク

アジアンタムは寒さに弱い?冬越しで押さえておくべき3つのポイント

アジアンタム 観葉植物

ふんわりと柔らかい印象を与えてくれる癒しのインテリアグリーン「アジアンタム」。

アジアンタムは過度の乾燥に弱く、空気中の湿度が高い状態を好むシダ植物の仲間です。

今回は、そんなアジアンタムの冬のお手入れ方法のコツ3つを分かりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク

アジアンタムは寒さに弱い?

寒さに弱いとされるアジアンタム

適度な湿度と風通しが確保できていれば8度程度までは耐える

アジアンタムが耐えられる寒さは8度程度までといわれ、一般的には寒さに弱いとされています。

園芸店やホームセンターで見かけるアジアンタムの多くが、南アメリカが主な原産地のため、一年を通して暖かい環境を好みます。

自生しているアジアンタムは0度程度まで耐える

アジアンタム

上写真は、筆者が住む近畿地方の道端に自生しているアジアンタムです。

冬はマイナス5度近くまで冷え込むこともありますが、一年中葉を茂らせています。

このことから、品種によっては0度程度までは耐えられるということが分かります。

冬は乾かし気味に管理することで、樹液濃度を高めて寒さに耐える力が発揮できる。ただし、室内の場合は空気が乾燥しやすいから葉を傷めやすいから霧吹きは必須。

 

スポンサーリンク

アジアンタムを冬の寒さから守る!押さえておくべき3つのポイント

室内に飾ったアジアンタム

たった3つのコツをつかんで、アジアンタムが苦手な冬場を乗り越えましょう。

アジアンタム 冬のお手入れのコツ①10度以下の寒さに当てない

アジアンタムの原産地は熱帯地方です。生育に適した温度は15度~30度程度まで。つまり、日本の冬場はアジアンタムにとって高い壁となります。

最低でも10度以上を保つことがアジアンタムを冬越しさせるコツです。10度を下回ると徐々に弱って枯れてしまいます。

室内であっても窓際の冷え込みには要注意

「室内に置いているし大丈夫!」と思っていても意外と冷え込むのが朝晩の窓際です。
アジアンタムを窓際に置いている場合、夜間の冷え込みによるダメージを防ぐためにも夜になったら窓から1m~2mは離してあげましょう。
また、集合住宅に比べて戸建ては暖房を消した後の夜間に冷え込みやすいです。温度計を置いて、できるだけ10度以下にならないよう気を付けましょう。

あわせて読みたい「アジアンタムが枯れる原因とは?育て方のポイント3つも」はこちら

アジアンタム 冬のお手入れのコツ②エアコンの風を直接当てない

冬場は暖房を効かせるため窓を閉め切ることが多くなります。ここで気を付けたいのがエアコンの風がアジアンタムに直接当たらないようにすることです。

アジアンタムの葉は薄く乾燥で傷みやすいです。また、窓を閉め切ることで風通しが悪くなり蒸れによって根腐れを起こす可能性もあります。

サーキュレーター

窓を閉め切る時期は扇風機やサーキュレーターを活用し、室内の空気を意識的に動かすことで根腐れを防ぎ、人にとっても過ごしやすい環境に整えることができます。

あわせて読みたい「サーキュレーターと扇風機の違い【植物に適しているのは?】」はこちら

アジアンタム 冬のお手入れのコツ③こまめな葉水(はみず)でチリチリを防ぐ

アジアンタムは空気中の乾燥が進むと葉がチリチリとしおれやすいです。アジアンタムが好む湿度は70%以上。しかし、湿度70%以上だと人が快適に過ごせませんね。

そこで必要となるのが「葉水(はみず)」です。葉水は霧吹きで株全体に水を吹きかけるお手入れのことです。

オリヅルランに葉水

水やりは土の表面が乾いて2日ほどしてから与えましょう。アジアンタムは乾燥によって葉が傷みやすいため、空気中の過度の乾燥に気を付けます。

あわせて読みたい「アジアンタムの葉がチリチリになる理由とは?」はこちら

 

スポンサーリンク

アジアンタムを冬の寒さから守るためには水やりのタイミングも重要!

ふんわり癒しのアジアンタム

アジアンタムは、暖かい時期と冬とで水やりのタイミングが異なります。

春~秋の暖かい時期は土の表面が乾いたタイミングで水遣り

暖かい時期はアジアンタムの生育も盛んです。

根が水分を吸い上げる力も強いため、土の表面が乾いたタイミングで鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水を与えましょう。

冬は土の表面が乾いてさらに3日ほど経ってから水遣り

葉水

冬のアジアンタムは寒さで生育が緩慢になっています。

そのため、根が水分を吸い上げる力も弱まります。冬の水やりは土の表面が乾いて、さらに3日ほど経ってから行いましょう。

冬の室内は空気が乾燥しやすい。葉の裏面を中心に霧吹きしてね。根や葉に負担をかけないためにも、冬の水やりは午前中の暖かい時間帯に済ませよう。

 

スポンサーリンク

アジアンタムは寒さに弱い?冬越しで押さえておくべき3つのポイント【まとめ】

ダイソーのアジアンタム

今回は、アジアンタムを冬越しさせるコツ3つをくわしくご紹介しました。

特に空気中の乾燥が気になるのが秋から冬にかけての時期です。加湿器を活用するのもよいでしょう。

ただ、あくまでメインの保湿は葉水でおこなうのがおすすめです。

朝起きて1回、昼もできれば1回、夜寝る前に1回と習慣化するのがベストでしょう。

アジアンタム 冬のお手入れのコツ3つ

1.寒さを避ける(10度以下)
2.暖房の風が直接当たらないように注意
3.こまめな葉水でチリチリを防ぐ

アジアンタムのその他topics

「アジアンタムの色が薄い…原因は?対処方法も」はこちら

「アジアンタムの元気がないときの原因と対処法」はこちら

「アジアンタムの水やり たった2つのコツで可愛い姿を保つ!」はこちら

「アジアンタムが難しいといわれる理由とは?管理のコツも」はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こまめめをフォローする
タイトルとURLをコピーしました