スーパーの花売り場で見つけたクロトン498円を育てるブログ

スーパーの花売り場で見つけたクロトン489円 観葉植物

カラフルな葉色が個性豊かな「クロトン(ヘンヨウボク)」。赤や黄色、オレンジなどトロピカルな雰囲気漂う熱帯地方原産の植物です。

今回はそんなクロトンの鉢植えをスーパーの花売り場で発見。購入して育ててみることにしました。

スポンサーリンク

スーパーの花売り場で見つけたクロトン498円を育てるブログ

それでは気長に育てていきます。クロトンは何といっても寒さが苦手です。

長く育てられるかどうかは、冬にかかっている…と言ってもいいでしょう。

スーパーの花売り場で498円のクロトンを購入【2022/8/11】

こちらがスーパーで発見したクロトンです。

スーパーの花売り場で見つけたクロトン489円

品種は「リュウセイ(流星)」でしょうか?細い葉に散りばめられた黄色の斑が美しいクロトンですね。

プラスチックポットに植えられていますが、よく見るとさらに内側にビニールポットも見えます。

とりあえず、新しい環境に馴染むまではこのまま育てることにしました。

クロトンをひとまわり大きめの鉢に植え替え【2022/8/13】

スーパーで購入して2日ほど経ちました。ビニールポットから取り出し、ひとまわり大きめの鉢に植え替えてみました。

セリアのストーン風プラスチック鉢に植え替えたクロトン

こんな感じ。セリアの「ストーン風プランター(100円)」を使ってます。

土はいつもの「プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土」です。この土は堆肥(たいひ)を含んでいないため、虫やカビが発生しにくいんですよね。

室内向けの土

もうかれこれ20袋はリピしてます。見た目も綺麗でおすすめです。

購入から約3か月経過、ベランダに置いたままのクロトン【2022/11/9】

スーパーで購入し植え替えてから約3か月。ここまでベランダに置いて育ててきました。

葉数が増えてボリュームが出ましたよ。

11月のクロトン

ただ、最低気温が10度以下になる日も増えてきました。そろそろ室内に入れなくてはいけません。

とりあえず、5度以下は絶対に避けたいので、最低気温が7度くらいまではこのままベランダに置いてみることにします。

本当は室内に入れた方がいいのですが、何しろ置き場所があまり無いもので…。すでに植物だらけなのです。

ということで今回はここまで。随時更新予定です。お楽しみに。。

人気のtopics

「造花の観葉植物に効果はある?造花植物を置くメリット、デメリット」はこちら

「虫の心配なし!光触媒フェイクグリーン【おすすめ11選】」はこちら

「100均のハイドロカルチャーってどうなの?使い方のコツも」はこちら

「観葉植物のコバエ対策 効果的な方法とは?【徹底解説】」はこちら

観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
komame083

農業高校で園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほどの植物を管理。他人は変えられない。しかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました