パキラの生育ブログ【100円パキラを大きく育てる!】

小さなパキラ パキラ

濃いグリーンの葉が扇状に広がるパキラはすっきりとした見た目で、どんなインテリアとも相性のよい人気の観葉植物です。

そんなパキラの幼木を100円ショップで購入したので、生育の経過を随時ブログで更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

パキラの生育ブログ【100円パキラを大きく育てる!】

今回は100円ショップでパキラを種から発芽させた実生(みしょう)株を発見。気長に育てていきます。

パキラの生育ブログ【2021/4】

100均パキラの実生株

こちらが100円ショップで発見したパキラの幼木です(上写真)。根本付近には、まだ双葉らしきものが見えますね。

そして、よく見るとひと鉢に2つのパキラが植わっています。これはお得!

パキラは種で比較的簡単に発芽させることができるそうですよ。ただ、パキラの種子は珍しくなかなか自分で購入することができませんよね。

店頭にはもうひとつパキラの実生株があったので、今回、2株購入することにしました。(下写真)

パキラの幼木

こちらはひょろりとした見た目。どれも小さいので、もう少し暖かくなったら、まとめてひとつの鉢に植えようと思います。

パキラの生育ブログ【2021/9】

パキラを購入してから約5か月経ちました。ひとつの鉢にまとめて植え付けています。

日光を好むパキラ

春から秋にかけてはベランダの半日陰に置いていました。どれもぐんと大きくなりましたね。真夏以外は直射日光にも当たっていましたよ。

パキラはもともと太陽の光をたくさん浴びて高さ約15mにもなるそうです。現地ではパキラの実が売っているとか!

さすがにそこまで大きくすることはできませんが、気長に見守っていこうと思います。

パキラの生育ブログ【2022/3】

100均でパキラを購入してから約一年が経過しました。冬場は室内で乾燥気味に管理し、なんとか初めての冬越し成功です。

パキラ

寒さと乾燥が原因でしょうか?葉先が少し枯れていますね。冬場の室内はどうしても乾燥します…。

気を付けて葉水をしたり加湿器を使ったりしていましたが、室内の湿度は平均30%~40%くらい。乾燥気味でした。

葉水も忘れた日が結構あり、葉が傷んでしまったものと思われます。とはいえ、枯らさずに冬を越せてよかった!

パキラの生長ブログ

暖かくなってきたらまた屋外に出し、月に1~2回ほどハイポネックスを水で薄めたものを水やりとして与えようと思います。

植え替えはまだ大丈夫かな?今のところ根詰まりしている様子はありません。暖かくなったら、いったん鉢から取り出してみてどうするか判断します。

秋になってから根詰まりに気付いてそこから植え替えとなると、株が弱ってしまうことが多いんですよね。

※今回はここまで。ブログは随時更新予定です!

パキラのその他topics

「パキラの幹がぶよぶよな時はどうすべき?原因と対処法」はこちら

「パキラがぐらつくときの原因と対処法は?」はこちら

「パキラを挿し木で増やす方法を分かりやすく解説」はこちら

「パキラの葉が色抜けしている…原因は?対処法も」はこちら

「パキラがひょろひょろになる理由と対策とは?」はこちら

「パキラの色が薄いときのはどうすべき?原因と対処法」はこちら

「パキラ 冬の管理方法と注意点【冬に弱る原因3つとは?】」はこちら

「パキラの葉が落ちるときに必ず確認すべき3つのポイント」はこちら

「パキラが枯れる原因とは?【枯らさないためのコツ3つも】」はこちら

「パキラの植え替え方法【タイミングと植え替え後の管理】」はこちら

パキラ観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
komame083

農業高校で園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほどの植物を管理。他人は変えられない。しかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました