スポンサーリンク

カネノナルキを挿し木で増やす方法を解説します!【花月】

カネノナルキ 観葉植物
「カネノナルキの簡単な増やし方が知りたい」

「カネノナルキの挿し木の方法をくわしく知りたい」

ぷくっとした葉が魅力の多肉植物「カネノナルキ(花月)」。実は、挿し木で簡単に増やすことができるって知っていましたか?
今回は、カネノナルキを挿し木で簡単に増やす方法をご紹介します!

カネノナルキ(斑入り)

カネノナルキを挿し木で増やす方法【超簡単】

では、さっそくカネノナルキを挿し木で増やしてみましょう。非常に簡単なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

カネノナルキを挿し木で増やす 手順1「カネノナルキの株を用意」

カネノナルキの挿し木に適しているのは、生長期初期にあたる5月~9月頃です。適期におこなうことで成功率が上がります。また、冬越しに備えてより多くの根を張らせられます。

カネノナルキ(親株)

まずは、元気のよいカネノナルキを用意します。
これが、「親株」となります。ここから「挿し穂」をとり、カネノナルキを増やしましょう。

カネノナルキを挿し木で増やす 手順2「5~10cm程度カット」

親株から枝を5~10cm程度カットします。
これが、カネノナルキを増やすための「挿し穂(さしほ)」となります。

切り口を乾燥させたカネノナルキの挿し穂

土に挿すため、下の葉はとっておきましょう。はずした不要な下葉は「葉挿し」としても使えます。
切り口は数日乾燥させることで、腐敗による失敗を防ぎます。(筆者は一晩程乾燥させました)

【 関連topic 】「カネノナルキの葉挿しで増やす方法を徹底解説!」はこちら

カネノナルキを挿し木で増やす 手順3「鉢を用意」

挿し穂を植え付ける鉢と土を用意しましょう。挿し木用の土は養分のない「挿し木用土」が最適です。

挿し木用の土

なければ、赤玉小粒土やバーミキュライトなどを利用します。ちなみに、筆者は家にあった赤玉土小粒と、鹿沼土を混ぜたものを使用しました。

カネノナルキを挿し木で増やす 手順4「挿し穂を植え付ける」

土に挿し穂を入れいるための下穴をあけます。

挿し木用の土にあらかじめ穴をあける

そこへ、先ほどの挿し穂をいれて完了です。 挿し穂がぐらついて安定しない場合は、ほんの少しだけ水を与えて安定させます。

すぐに水やりしない理由は、切り口が腐るのを防ぐため。多肉植物は葉に多くの水分を蓄えており、そのままでも発根する力を十分にもっています。

特に、切り口が乾燥しないまま水気を与え続けることで、挿し穂が切り口から腐敗し挿し穂がダメになることが多いので注意します。

土に挿した直後のカネノナルキの挿し穂

うまくいけば、1か月程で根が張ります。水は与えずに土が乾いた状態で10日程そのままで管理しましょう。10日経ったらやや控えめに水やりして様子をみます。

あわせて読みたい「カネノナルキの育て方【花月 管理のコツ3つ】」はこちら

カネノナルキの挿し木後は?【経過レポート】

次に、挿し木後のカネノナルキの経過をご紹介します。今回は、筆者が実際に挿し木にしたカネノナルキの経過をみていきましょう。

挿し木にしたカネノナルキ【2021/3/30】

カネノナルキ(親株)

ちょっと小さめですが、こちらのカネノナルキから挿し穂をとります。(上写真)

カネノナルキの挿し穂

黄色い斑がとっても可愛いですね。挿し木にしてもこの綺麗な色は出てくれるはず…。挿し穂は切り口を数日乾燥させ、赤玉小粒土に挿しました。

植え付け後の挿し穂
今後の管理方法

・新しい葉の展開を確認後、土がカラカラに乾いていたら少し湿らせる程度に水遣り
・風通しのよい半日陰で管理(基本、ベランダ)

挿し木にしたカネノナルキ【2021/4/20】

挿し木にして二十日経ったカネノナルキ

カネノナルキの挿し木をして二十日程経過しました。
よく見ると、まん中から新しい葉が展開しつつありますね。このまま様子をみます。

新しい葉が出てきたカネノナルキの挿し穂

土がカラカラに乾いていたので、このあとやや控えめに水を与えました。
風通しのよい屋外に置いているのと、素焼き鉢に植え付けているため、通気性がいい分乾くのが早い気がします。

挿し木にしたカネノナルキ【2021/9/4】

過酷な夏をなんとか越しました。今年は35度を超える日も多く、葉焼けでダメになってしまう植物が多発…。ただ、カネノナルキの挿し木は日陰になる場所に置いていたため、なんとか厳しい夏を越してくれました。

カネノナルキの挿し木

あまり大きな変化は見られませんね。これからまた過ごしやすい時期になります。秋は多くの多肉植物にとって生長が旺盛になる季節です。

冬までにもう少し大きく育って欲しいところ。また更新します。

今後の管理方法
  • 半日陰で管理(直射日光や西日は避ける)
  • 土が乾いたら水やり、2週間1回程ハイポネックス(液肥)を薄めて同時に与える
  • 5度以下になるようなら室内へ移動(冬場は室内で管理)

あわせて読みたい「カネノナルキ 冬の管理方法とコツ【花月】」はこちら

まとめ

今回は、カネノナルキを挿し木で増やす方法をくわしくご紹介しました。
カネノナルキは挿し木で簡単に増やせる丈夫な多肉植物です。材料や道具は特に必要ありません。適期におこなうことがカネノナルキの挿し木を成功させる秘訣です。
今回の記事をご参考に、ぜひ、カネノナルキを挿し木で増やしてみてくださいね。

カネノナルキを挿し木で増やす方法【手順】
  1. カネノナルキの元気な株を用意
  2. 5~10cm程度カット(挿し穂)
  3. 鉢を用意
  4. 挿し穂を植え付ける
カネノナルキの挿し木後の管理方法
  • 発根が確認できるまで水は与えない(土に挿して10日程経過したら、控え目に水やりし様子を見る)
  • 風通しのよい半日陰で管理

  あわせて読みたい! 「ガジュマルの挿し木【初心者でも簡単に増やす方法!】」はこちら
「パキラを挿し木で増やす方法を分かりやすく解説します!」はこちら
「グリーンネックレス 増やし方【簡単な挿し木方法を解説!】」はこちら
「ワイヤープランツ 増やし方とコツ3つ【簡単】」はこちら
「アロマティカスの増やし方【多肉質な癒しハーブを増やそう!】」はこちら
「ポトスの増やし方 水差しと挿し木の方法【初心者でも簡単】」はこちら
「ガジュマル剪定 丸坊主に挑戦レポ!剪定から1年後までの記録」はこちら

コメント

  1. […] あわせて読みたい「カネノナルキを挿し木で増やす方法を解説します!【花月】」はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました