スポンサーリンク

ワイヤープランツ 増やし方とコツ3つ【発根後の経過も!】

ワイヤープランツの水差し 植物ブログ

ふわりとした姿が魅力的な観葉植物「ワイヤープランツ」。

人気の観葉植物でホームセンターで気軽に購入できるワイヤープランツですが、実は、意外と簡単に増やせるのをご存じですか?

ワイヤープランツの増やし方とコツとは

今回は、ワイヤープランツの簡単な増やし方とコツをご紹介します!

【 関連topic 】「ワイヤープランツ 枯れる原因3つと管理のコツとは?」はこちら

ワイヤープランツの増やし方【手順】

まずは、ワイヤープランツの増やし方の手順です。非常に簡単なのでぜひ挑戦してみてくださいね。

ワイヤープランツの増やし方手順①「元となるワイヤープランツを用意」

もさもさになったワイヤープランツ

筆者はこちらのモサモサに混みあったワイヤープランツを剪定するついでに、増やそうと思います。(上写真)

ワイヤープランツの増やし方手順②「挿し穂をとる」

次に、ワイヤープランツを増やす際に必要となる挿し穂をとります。元のワイヤープランツから太目の茎を15cm程カットし、下の方の葉をとるだけです。

ワイヤープランツの挿し芽

下の方の葉は、水や土に挿す際に邪魔なのでとっておきましょう。(切り口から約5cm)この挿し穂を使って、簡単にワイヤープランツを増やすことができます。

ワイヤープランツの増やし方手順③「挿し穂を水or土に差す」

先ほど用意したワイヤープランツの挿し穂を土または水に挿します。

水差しにしたワイヤープランツの挿し芽

挿し穂を水に挿して増やすのが「水差し」、土に挿すのが「挿し木(挿し芽)」とよばれます。
挿し木にする前には30分ほど水揚げしましょう。(切り口を水につけ十分に水を吸わせます)その後、挿し木用の土に植え付け完了です。うまくいけば、約1か月後には発根します。

管理方法

・土に挿した場合は、新しい葉が出てくるまでは土が乾燥しないようにします。
・水に差した場合は、毎日水を替えます。

20日経過したワイヤープランツの挿し穂【水差し】
水差しにして二十日経ったワイヤープランツの挿し穂

水差しにして20日経過したワイヤープランツの挿し穂です。よく見ると、切り口付近に白い粒々ができていますね。

発根したワイヤープランツの挿し穂

取り出してよく見ると、白い粒々が伸びて根っこになっている部分が確認できます。実は、今回の記事を書くにあたり、1月末の冬場に挿し穂をとり水差しを強行しました。

水差しにして1か月経過したワイヤープランツの挿し穂

挿し木の適期ではありませんでしたが、7本中5本は発根させられました。
適期(春~秋)におこなえば、さらに発根率を高められます。おすすめは5月~6月頃の生育期初期です。
早めに挿し木をすることで、冬までに根をしっかり張らせられます。

あわせて読みたい「挿し木と水差し どっちが大きく育つ?【メリットデメリット】」はこちら

ワイヤープランツ 発根後の挿し穂を植え替えます

次に、発根したワイヤープランツの挿し穂を土に植えます。もちろん、最初から土に挿している場合は植え替えは必要ありません。

もちろん、水差しのままでも楽しめますが、「毎日水替えしなければならない」「生長が緩慢」となどのデメリットも。

「ワイヤープランツの鉢植えを増やしたい」という場合、発根後の挿し穂を鉢植えに植え付け、十分に生長させます。

ワイヤープランツ 発根後の挿し穂の植え替え手順①「発根済の挿し穂を用意」

水差しにして2か月程経過したワイヤープランツの挿し穂

水差しにして約2か月程経過したワイヤープランツの挿し穂です(上写真)。かなり根が伸びました。これだけ伸びれば土に植え替えても大丈夫です。

ワイヤープランツの根っこ

ただ、土に植え替えた後は、根を下ろすまでに生長が不安定になます。そのため、こちらも適期である5月~9月頃におこなうことで失敗を防げます。

ワイヤープランツ 発根後の挿し穂の植え替え手順②「鉢と土を準備」

それでは、さっそく発根済みの挿し穂を植え替えましょう。鉢植えに鉢底石を入れ、土を鉢の1/3程度入れます。

ワイヤープランツの植え替え中

使用するのは水はけのよい土です。観葉植物用の土で構いません。より水はけよくするのであれば、観葉植物用の土に赤玉土小粒を1:1くらいで混ぜ込みます。

ワイヤープランツ 発根後の挿し穂の植え替え手順③「植え付ける」

作業は日陰でおこないます。根を傷めないようになるべく乾燥を避け早めに済ませましょう。

ワイヤープランツに使用する土

挿し穂の束が鉢の真ん中あたりになるよう、挿し穂と鉢の隙間に土を入れます。
高さを調整しながら、ワイヤープランツの挿し穂をひとまとめにして植え付けましょう。

ワイヤープランツの植え付け中

土と根っこの間に空間があると、根がうまく生長できません。
そのため、割りばしや棒状のものを使用し土を軽くつつきながら作業すると、うまく隙間が埋まってくれます。(上写真)

表面は赤玉土だけにするとコバエ対策に!
赤玉土と鹿沼土、バーミキュライトを敷いた土表面

植え替えの際に、鉢の表面にくる土のみ栄養分のない「赤玉土」にしておくと、コバエが沸きにくくなります。(上写真)
また、見た目も綺麗に見えるのでおすすめです♪

※ちなみに、腐葉土のような養分たっぷりの土を表面に敷くとコバエがたかりやすいのでお気を付けください。

置き肥もコバエを招く可能性あるため、植え替え時に土に緩効性肥料を混ぜ込んでおくのがおすすめです。

ワイヤープランツ 発根後の挿し穂の植え替え手順④「風通しのよい半日陰で管理」

植え替え直後のワイヤープランツの挿し穂

植え替え後は風通しのよい半日陰で管理します。
新しい葉が出て生長が確認できるまでは、土が乾燥し過ぎないように気を付けましょう。

特に、ワイヤープランツは葉が乾燥しやすいです。気づいたときに葉水(はみず)してあげるとよいです。

植え替えから約3か月経過したワイヤープランツ
挿し木で増やしたワイヤープランツ

植え替え後は、挿し穂が発根済とはいえ、生長がどうしても不安定になります。人間でいう手術後のような状態なので、休ませてあげましょう。

直射日光はさけてくださいね。

半日陰ってなに?

植物の育て方を検索するとよく見かける「明るい日陰」「半日陰」という表現。
具体的には、

・日光の当たっている場所のすぐ隣の陰
・木漏れ日のような日光が当たってたり当たってなかったりする場所

(ルクス値は、約10000~15000)
などのことをいいます。「室内の明るい場所」だとちょっと足りないかもしれませんね。

ワイヤープランツの増やし方のコツ3つ

次に、ワイヤープランツを増やすコツをご紹介します。

ワイヤープランツを増やすコツ①「適した時期におこなう」

ワイヤープランツの生長期である春から秋(5月頃~9月頃)にかけてが成功率が高いでしょう。真夏を避けておこなうのがおすすめです。

ワイヤープランツを増やすコツ②「2週間程度は湿気を保つ」

挿し木にした場合、2週間程度は水気を切らさぬよう管理します。また、温度管理も忘れずに。適温は、約18度~25度です。
水差しの場合は、腐敗を防ぐために1日~2日に一回は水を替えましょう。

ワイヤープランツを増やすコツ③「風通しのよい半日陰に置く」

発根するまでは直射日光は避け、なるべく風通しのよい場所で管理しましょう。
根腐れを防ぐためにも風通しは重要なポイントとなります。
室内であれば、サーキュレーターを活用して空気の循環をよくするのもgood。
サーキュレーターを使用する場合、直接、植物に風が当たらないようにします。(首振り機能や強弱機能を使用し、ふんわりと風が植物に当たるようにするのがおすすめ。)
【 関連topic 】「サーキュレーターと扇風機の違い【植物に適しているのは?】」はこちら

まとめ

いかがでしたか?
ワイヤープランツは寒さにも強く関東より以西では屋外で冬越し出来る程丈夫な観葉植物です。
適期とコツさえつかめば挿し木の成功率は非常に高く、簡単に増やせます。ぜひ、挑戦してみてくださいね♪

ワイヤープランツの増やし方
  1. 元気なワイヤープランツを用意
  2. 挿し穂をとる
  3. 水or土に挿す
ワイヤープランツ 発根後の挿し穂の植え替え方法
  1. 発根済みの挿し穂を用意
  2. 鉢と土を準備
  3. 植え付ける
  4. 風通しのよい半日陰で管理
ワイヤープランツを増やすコツ3つ
  1. 「時期は5月~9月頃、真夏は避ける」
  2. 「発根するまでは湿気を保つ」
  3. 「風通しの良い場所で管理し腐敗を防ぐ」

【 関連topics 】「シュガーバインが枯れる主な原因3つ!育て方のコツ3つも」はこちら
「幸福の木 枯れる原因3つと管理のコツとは?【マッサン】」はこちら
「コーヒーの木 冬の管理【3つのコツをつかんで冬越し】」はこちら
「ポトスの増やし方 水差しと挿し木の方法【初心者でも簡単】」はこちら
「ガジュマル剪定 丸坊主に挑戦レポ!剪定から1年後までの記録」はこちら
「モンステラ 冬の管理のコツ3つ!【冬のお手入れ方法】」はこちら
「ベビーサンローズの増やし方【1年間の経過レポ】」はこちら
「アロマティカスの増やし方【多肉質な癒しハーブを増やそう!】」はこちら
「エケベリア 冬越しの方法と冬に枯れる原因とは?【多肉】」はこちら
「スパティフィラム 花が咲かない原因と4つの対処法とは?」はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました