PR
スポンサーリンク

ピレアの葉が落ちる原因とは?弱った時の復活方法を解説

ピレアの挿し木 観葉植物

葉が美しく品種の多さが人気のピレアは「アルミニウムプランツ」ともよばれる室内でも育てやすい人気の観葉植物です。

しかし、元々は暖かい熱帯地方が原産のピレア。油断していると葉が落ちることもあります。

そこで今回は、ピレアの葉が落ちる原因と葉が落ちた時の対処法をくわしくご紹介します。

スポンサーリンク

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク

ピレアの葉が落ちる主な原因3つと対処法

それでは、ピレアの葉が落ちる主な原因3つとそれぞれの対処法をご紹介します。

ピレアの葉が落ちる原因①寒すぎる(5度以下)

熱帯地方が原産のピレアは寒さに強くありません。7度~8度を下回ると徐々に葉を落します。

【対処法】ピレアの葉を落とさずに冬越しさせるには?

ピレアの美しい葉を保ちつつ寒さを乗り越えるためには、最低でも10度は必要です。

また、水やりは控え目にして耐寒性を高めることもポイントになります。冬場の水やりは土が乾いて2~3日ほどしてからが目安です。

ピレアの葉が落ちる原因②水のやり過ぎ

ピレアの水差し

土が乾ききらないうちに次から次へと水を与えていると、根が呼吸できずに傷んで腐る「根腐れ」を起こします。

根腐れすると葉が落ちたり、株全体がぶよぶよになり腐敗します。

【対処法】ピレアの水やり方法【目安】

・春から秋にかけて
⇒土が乾いたらたっぷりと与える

・冬場(最高気温が15度以下)
⇒土が乾いてさらに2~3日してから水を与える(受け皿に溜まった水はこまめに捨てる)

あわせて読みたい「ピレアの元気がない原因は?対処法と管理のポイント3つ」はこちら

ピレアの葉が落ちる原因③直射日光によるダメージ

ピレアの葉が茶色く焦げて枯れている場合、強すぎる日光による葉焼けの可能性があります。ピレアは半日陰や明るい日陰を好む植物です。

そのため、直射日光や真夏の西日に当たると葉が焼け焦げて落葉することも少なくありません。

【対処法】ピレアに適した置き場所は?

・半日陰、明るい日陰
・レースカーテン越しの日光
・光が当たったり当たっていなかったりする場所(こもれび)
・日光が当たっている場所のすぐ隣の日陰 等

※移動が難しい場合は遮光ネットを活用
こもれび

☆★ピレアが枯れる原因は?お手入れのコツ3つ↓↓

404 NOT FOUND | 観葉植物ラボ
観葉植物がうまく育たない…そんなお悩みを解決!

 

スポンサーリンク

葉が落ちるピレアを復活させる方法は?

こんもり茂ったピレアグラウカ

まずは原因を探ることから!

ピレアの葉が落ちる場合、まずは原因を探ることが重要です。原因によって対処法は異なります。

  • 春~秋…水やり、日当たりは適切だったか?害虫が付いていないか?根詰まりを起こしていないか?直射日光に当たっていなかったか?などを確認
  • …寒さに当たっていなかったか?水やりは適切だったか?害虫が付いていないか?日光不足に陥っていないか?などを確認

寒さで葉が落ちるときの復活方法

  • 10度以下の寒さに当てない。できれば最低でも15度は保つのが理想
  • 冬の窓際は朝晩にかなり冷え込む。夜のみ窓からできるだけ離すと寒さ対策になる
  • 冬の水やりは土が乾いてさらに3日ほど経ってから、土の約1/3が湿るくらいの量でok
  • 冬に水をやり過ぎると根腐れを起こすリスクが高まるため注意
  • 明るく風通しの良い場所で管理。南~東向きの窓際がベスト。窓を閉め切るならサーキュレーター必須

☆★水やりしても葉にハリが戻らない、土が7日以上湿ったまま…このような場合は根腐れの可能性あり。こちらの記事が参考になります↓↓

ガジュマルが根腐れした時の見分け方は?根腐れが疑われる時の対処法
ガジュマルが根腐れしたときの症状をご存じですか?初心者でも育てやすくて丈夫な性質を持つ観葉植物・ガジュマル。根腐れを防ぐためには水やりが重要です。土が7日以上湿り続けている場合は要注意です。根腐れの対処法とは?

水やりのやりすぎで葉が落ちる時の復活方法

  • 土が完全に乾くまでは水やりを控える
  • 明るく風通しの良い場所で管理する
  • 1日以上経っても改善が見られない場合は、鉢から取り出して根を観察
  • 黒く傷んだ根があれば取り除き、水はけの良い清潔な土で植え直す。その際、ひとまわり小さめの鉢を使うと根にかかる負担が抑えられる
  • 明るく風通しの良い場所で管理。室内なら南~東向きの窓際がベスト。窓を閉め切るならサーキュレーター必須

害虫が付いていないかも忘れずに確認してね。害虫対策、駆除方法などについてはこちらの記事をどうぞ。

☆★なぜかいつも観葉植物が枯れてしまう…そんな方はこちら↓↓

観葉植物がすぐ枯れる人がやりがちな間違ったお手入れ3つ
観葉植物がすぐ枯れる状況にお悩みですか?何度かってもすぐに枯らしてしまう。大切に育てているはずなのに、なぜかすぐに弱ってしまう…。今回はそんな方に向け、観葉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちなお手入れを3つご紹介します。

 

スポンサーリンク

葉が落ちるピレアにしちゃいけないこと

剪定後のピレア

とりあえずの水やり

根腐れを起こしている場合、過剰に水やりすることでさらに根を傷つけ、腐敗を進行させる恐れがあります。

根腐れが進行すると、植物の根が正常に機能できなくなり、水分や栄養の吸収が阻害され枯れてしまいます。

根腐れによって黒く傷んだ根っこ

土が7日以上湿っている場合、根がダメージを受けて根腐れを起こしている可能性があるよ。根腐れが疑われる場合は水やりを一旦ストップ。鉢から根を取り出して、黒く傷んだ根があれば取り除く。明るく風通しの良い場所に置いて発根を促そう。

とりあえずの肥料

地上部が弱っている場合、高確率で根もダメージを受けている状態です。

弱った根に肥料を与えることで、さらに根を傷めてしまう恐れがあります。

弱った根は水分や養分をスムーズに取り込めない。吸いきれずに残った水分や養分は長く鉢内に留まり続ける。結果、浸透圧によって根をさらに傷ませる原因になることも多いんだ。ちなみに、肥料と活力剤は別物。うまく使い分けよう!

☆★肥料と活力剤の違いとは?観葉植物に適した使い方↓↓

肥料と活力剤の違いとは?観葉植物に適した使い方を徹底解説!
観葉植物を丈夫に色よく育てるために必要となる「肥料」と「活力剤」。ホームセンターや園芸店には数多くの肥料や活力剤が並んでいますね。でも、一体どれをどんな風に使えばいいのかイマイチ分からないという方も多いのではないでしょうか?

とりあえずの日光浴

ピレアの葉が落ちる場合、株がダメージを受けている状態です。

そんな時に強い光に当てると、株がさらに強いストレスを受けて致命傷となってしまう恐れがあります。

強い光に当てる行為は、弱っている人に無理やり肉体労働を強いるのと同じ。まずは原因を探ってそれを取り除き、株を休ませてあげる必要があるよ。

☆★水やり不要、植え替えも不要。虫もわかない清潔な観葉植物が欲しい人へ↓↓

水やり不要、植え替えも不要。虫もわかない清潔な観葉植物が欲しい人へ
水やり不要、植え替えも不要。室内でも清潔に楽しめる枯れない観葉植物をお探しですか?そんな人におすすめなのが本物そっくりの見た目だけど面倒なお手入れ不要な「人工観葉(フェイクグリーン)」です。今回は人工観葉の魅力や選び方などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は人気の観葉植物ピレアの葉が落ちる主な原因とそれぞれの対処法をご紹介しました。

今回ご紹介した原因の他にも「根詰まり」「害虫」などが原因の場合もあります。

その場合は、鉢底から根がはみ出ていないか?葉の付け根や裏側に小さな虫がついていないか?を確認してみましょう。

根詰まりしている場合はひとまわり大きめの鉢に植え替え、害虫は見つけ次第取り除いてください。

ピレアを育てる上で高い壁となるのが寒さの厳しい冬です。今回の記事を参考に、ピレアの美しい葉を長く楽しんでみてください。

ピレアの挿し木

※ピレアは挿し木で手軽に増やすこともできますよ。

あわせて読みたい「ピレアの増やし方 初心者でも簡単にできる方法を徹底解説!」はこちら

ピレアの葉が落ちる主な原因3つと対処法

1.寒さ(5度以下)
2.水のやり過ぎ
3.直射日光によるダメージ

※その他、害虫や根詰まりが原因のこともある

人気のその他関連topics

「シュガーバインの葉が落ちる主な原因4つと対処法」はこちら

「コーヒーの木 葉が落ちる原因と対処法を徹底解説」はこちら

「ワイヤープランツの葉が落ちる原因と対処法」はこちら

「パキラの葉が落ちるときに必ず確認すべき3つのポイント」はこちら

「観葉植物の葉が落ちる原因と対処法を徹底解説します」はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こまめめをフォローする
タイトルとURLをコピーしました