PR
スポンサーリンク

ハイドロカルチャーの水やり方法!画像付きで分かりやすく解説

ハイドロカルチャーのサンスベリアハニー ハイドロカルチャー

土を使わないため室内でも清潔に観葉植物が育てられると人気のハイドロカルチャー。

ハイドロカルチャーとは「水耕栽培」という意味ですが、主に「ハイドロボール」や「ハイドロコーン」などの人口用土を用いた水耕栽培のことを呼びます。

そして、通常の土を使った栽培方法とハイドロカルチャーでの水やりの仕方は、かなり異なるのです。

そこで今回は、ハイドロカルチャーで観葉植物を育てる場合の水やり方法について分かりやすく解説してみます。

スポンサーリンク

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク

ハイドロカルチャーの水やり方法!画像付きで分かりやすく解説

ハイドロカルチャーの水やりの基本は「容器内の水位が底をついてから水を足す」です。

とはいえ、時期によってタイミングが微妙に異なりますのでくわしく見ていきましょう。

ハイドロカルチャーの水やり【春~秋】

ハイドロカルチャーの水やり方法

  • 容器内の水位が底をついたタイミングで水を足す。水の量は容器の深さ1/4~1/5くらいまで。

水位が底をつかないうちに次から次へと水を足したり、水位が高すぎたりすると、根が呼吸できずに傷んで腐る「根腐れ」を起こすことがあるよ。

半年~1年に1回程度、内部の洗浄をしよう

ハイドロカルチャーで観葉植物を育てている場合、多くが底穴の無い容器を用いているでしょう。

容器の底に穴が無いと、どうしても汚れが内部に蓄積していきます。根腐れ防止剤を入れている場合でも、それ自体に汚れが吸着するので定期的な洗浄・交換が必要です。

根腐れ防止剤ゼオライト容器の底に白っぽい資材が敷かれていたら、それは「根腐れ防止剤」である可能性が高い

あわせて読みたい「白カビ?汚れ?ハイドロボールが白くなる原因と対処法を解説!」

イオン交換樹脂栄養剤は「栄養剤」と「根腐れ防止」の2役を担ってくれる便利アイテム!

イオン交換樹脂栄養剤は、栄養剤と根腐れ防止剤の2役を担ってくれる便利な資材です。

植物に必要な栄養分を補ってくれると同時に、容器内にある老廃物を吸着し、水を浄化して根腐れを防いでくれます。

使い方も簡単で、根腐れ防止剤のように容器底に敷く必要はなく、表土の上に撒いて水で落とし込むだけでok(植え替え時は容器底に敷く)。

効果は約3か月。直径4.5cmほどの容器であれば、袋1/3ほどが使用量の目安だよ。

あわせて読みたい「ハイドロカルチャーの植物が枯れる原因は?育て方のコツ3つ」

ハイドロカルチャーの水やり【冬(最低気温が15度以下)】

  • 水位が底をついてさらに2~3日してから常温の水を足す。水位は春~秋と同じ(容器の約1/5)。

水やりチェッカーで水のやり過ぎ、やり忘れを防ぐ

とはいえ、なかなか難しいのが冬場の水やりです。冬の場合、特に気を付けたいのが水のやり過ぎによる根腐れでしょう。

また、室内とはいえ朝晩はかなり冷え込みます。水温低下により根が傷み、根腐れを引き起こすことも珍しくありません。

カラーサンドに植えていたマドカズラの根

用土や容器によっては内部の水位が見えにくい…なんてことも多いでしょう。

そんな時にあると便利なのが水やりチェッカーです。(下写真)

サスティー

使い方は簡単。スティック状のチェッカーをハイドロカルチャー用土に差すだけ。これで容器内の湿り具合を測定し、最適な水やりのタイミングを知ることができるよ。

もちろん、ハイドロカルチャーにも使用可能なアイテムです。

サスティー

  • 春から秋…チェッカーが白になったタイミングで水を足す
  • …チェッカーが白になってさらに2日ほどしてから水を足す

あわせて読みたい「ハイドロカルチャーで植物を育てるデメリットとは?対処法も」

 

まとめ

クロトンのハイドロカルチャー

ということで、今回はハイドロカルチャーで観葉植物を育てる場合の水やりの仕方についてご紹介しました。

春から秋にかけては観葉植物の生長が盛んな時期です。そのため、根が水分を吸い上げる速度も速いのですね。

逆に、冬場は寒さによって観葉植物の生長がほぼ止まります。すると、根が水分を吸い上げるまで時間を要するようになるのです。

そのため、時期によって水やりのタイミングを変える必要があります。

目安となるのは天気予報。特に、季節の変わり目には最低気温をこまめにチェックしよう!

最低気温が15度以下になってきたら水やりの間隔を少しずつ空け、根腐れを未然に防ぐことでハイドロカルチャーを長く楽しむことができます。

ハイドロカルチャーの水やり方法、置き場所も【目安】

水やりのタイミング 置き場所
春~秋 容器内の水位が底をついたタイミングで水を足す 夏は直射日光を避けること。窓から1~2mほど離れた明るい場所がよい。温度変化の少ない場所だとベスト。
冬(15度以下が目安) 容器内の水位が底をついて、さらに2~3日程してから水を足す 急激な水温の低下に注意。窓際を避けた室内の明るい場所。空気が乾燥する時期は午前中のうちに葉水を与えると葉が生き生きとする。

ハイドロカルチャーのその他topics

「ハイドロボールの表面が白くなるのはなぜ?原因と対処法!」

「ハイドロボールを再利用する方法を画像付きで解説します!」

「ハイドロカルチャーはかわいそう…と言われる2つの理由とは?」

「根腐れ防止剤なしでハイドロカルチャーを育てた結果…」

「ハイドロカルチャーにおすすめの観葉植物、3つ条件とは?」

「ハイドロカルチャーが難しいといわれる3つの理由とは?」

「ハイドロカルチャーと土、どっちか迷ったときの判断基準とは?」

「100均のハイドロカルチャーってどうなの?使い方のコツも」

「冬のハイドロカルチャー 寒い時期に抑えておくべきポイント3つ」

「ハイドロカルチャーにおすすめの容器、3つの条件とは?」

スポンサーリンク
ハイドロカルチャー観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク
こまめめをフォローする
観葉植物ラボ
タイトルとURLをコピーしました