スポンサーリンク

ヒポエステスが枯れそう 復活させる方法とは?【超簡単】

※2020年12月7日 ブログ更新
こんにちは。植物好き主婦のkomame083です。
「ヒポエステスが枯れそう、対処法を知りたい」
「弱ったヒポエステスを復活させる方法を知りたい」
今回は、人気の観葉植物「ヒポエステス」が弱ってしまった方へ向けた復活の方法を、実際の写真とともにご紹介します。

1.今にも枯れそう…ヒポエステスの状態【ビフォー】

まずは、今にも枯れそうな弱った状態のヒポエステスをご覧ください…。

枯れかけのヒポエステス

こちらが枯れかけのヒポエステスです…。
正直、もう捨ててしまおうか迷っていました💦
ただ、再度、ヒポエステスの正しい育て方を学びなおし、復活させようと思い立ちます。

2.枯れそうなヒポエステスを復活させる方法

それでは、私がおこなったヒポエステスの復活策をご紹介します。
特別なことは何もしてませんが、結論から申し上げると、元気に復活しました!

●ヒポエステス復活アイテム①「ハイポネックス(定番の液肥)」

ハイポネックス

こちらを薄めて、表面の土が乾き気味になったらヒポエステスにたっぷりと与えます。(ハイポネックスの水色がほんの薄ーく色づく程度まで薄めてました。)
あくまで、表面が乾いてきたら。
カラカラにはならないように気を付けます。
なぜかというと、ヒポエステスは乾燥は苦手だから。
あと、水やりは毎日はしてませんでしたが、1日1~2回程度、たっぷりと霧吹き(葉水)してあげるのがおススメです!

●ヒポエステス復活アイテム②「マグアンプ(緩効性肥料)」

こちらも定番の緩効性肥料ですね。

マグアンプ

こちらは、ヒポエステスが徐々に持ち直してきたタイミングで少しだけ表面にまきました。
本当は元肥として最初に土に混ぜ込むのが正しい使い方のようですが…💦
あくまで私の場合です。

●ヒポエステス復活アイテム③「1日1~2回の霧吹き(葉水)」【重要!】

アイテムではありませんが、これはかなり重要!
ヒポエステスは乾燥に弱いです。
ただ、弱っているときに水をやりすぎると根腐れの心配もありますよね。

ヒポエステスは葉水が好き

そこで、私は霧吹きだけは結構多めにしてました。
これはかなり重要ポイントだと思います。
復活の兆しが見えてきたら少しずつ日当たりの良い場所へ移動少しずつ、ヒポエステスが持ち直して来たら、日当たりの良い場所へ移動させてやります。
直射日光は避けて、レース越しの光程度でしょうか。
光に当てることで、ヒポエステスの魅力である葉の色味がはっきりと鮮やかに出てきます!

3.枯れそうだったヒポエステスの2か月後【ビフォーアフター】

さて、枯れそうだったヒポエステスを看病し始めて2か月が経過しました!
無事、復活したヒポエステスの姿をご覧ください。

ヒポエステス【アフター】

枯れそうで捨てるか迷っていたヒポエステスが、無事、ワサワサに復活しました!
捨てなくてよかった…💦

●ヒポエステス復活方法のポイント

・1日数回の霧吹き
・土の表面が乾いてきたら水やり(うすーーーーく薄めたハイポネックスで)
・少しずつ日光に慣らす
こんな感じですね。

4.枯れそうだったヒポエステスの半年後【ビフォーアフター】

さらに半年が経過したヒポエステスです。

冬場のヒポエステス

寒くなり、少しボリュームダウンしたヒポエステスです。
11月に入ってから次々と花を咲かせていました。
現在はそれも落ち着いています。(12月)
冬場のヒポエステスは休眠期のため、水やりは週に1回程度ですが、霧吹きは1日1回するようにしています。
とにかく寒さに強くないのがヒポエステスの特徴冬場のヒポエステスは、室内であってもなるべく暖かく日当たりの良い場所で管理するのがおすすめです。
ヒポエステスは耐寒性が低く、「3度までしか耐えられない」という特徴をもちます。

5.さいごに

いかがでしたか?
もしも、ヒポエステスが枯れそうなら試してみる価値はあると思います。
多くの観葉植物が乾燥気味でも元気なのに対し、ヒポエステスは割と水を欲する植物です。
湿気の多い季節は水やりしたあと、扇風機に少し当ててあげるのもいいかもしれません。
以上、「ヒポエステスが枯れそう 復活させる方法とは?【超簡単】」でした★

コメント

タイトルとURLをコピーしました