スポンサーリンク

挿し木と水差し どっちが大きく育つ?【メリットデメリット】

水差し 観葉植物

「挿し木と水差しがあるけど、どちらが大きく育つの?」
「挿し木と水差し、どちらにするか、どうやって決める?」

アサギリソウの挿し穂

このような疑問を解決するべく、今回は、挿し木と水差しどちらで大きく育つか実験します!
挿し木か水差しにするかお悩みの方は是非ご参考にされてくださいね。

挿し木と水差し どちらが大きく育つかの実験【ベビーサンローズの場合】

ハナツルソウともよばれる人気の多肉植物「ベビーサンローズ」を挿し木と水差しにします。
挿し木と水差し、どちらが大きく育つでしょうか?

ベビーサンローズの挿し穂

今回は、メルカリで購入したカット苗を使用します!下葉をカットし、半々ずつ土と水に挿して実験開始です。(と、言っても挿して終わりですが💦)
室内の明るい場所で管理します。しかし、この日は1月の寒さが厳しい冬場。
挿し木に適した時期ではありませんが強行です…。
挿し木は土が乾燥しないように、水差しは毎日水を取り替え様子をみます。

ベビーサンローズ 挿し木【当日】

1月12日

挿し木にしたベビーサンローズ

適期ではないため、切り口が腐って失敗する可能性が高いです。2週間程は土が乾かないように気を付けます。
もちろん、切り口は土でまったく見えません。根の変化が分からないためハラハラです💦

ベビーサンローズ 水差しの場合【当日】

1月12日

水差しにしたベビーサンローズ

こちらは水差しにしたベビーサンローズです。
こちらは切り口が毎日確認できるため、腐ったら切り口を切りなおせますね。そのため、筆者としては水差しの方が安心感を感じました。

ベビーサンローズ 挿し木と水差し【1か月後の生長比較】

さて、ベビーサンローズの挿し木と水差しを実施して1か月経過しました。生長具合に違いは出ているのでしょうか?
2月14日

挿し木から1か月経過したベビーサンローズの挿し穂

一目瞭然ですね。挿し木にしたベビーサンローズの方が背丈も伸び、新しい葉も増えています!
また、挿し木の方が葉にツヤと張りが感じられますね。
今回の実験では、水差しよりも挿し木にした方が生育がよいという結果になりました。水差しの方は、春になるまではしばらく様子を見ようと思います。
暖かくなったら土に植え替える予定です。
【 関連topic 】「ベビーサンローズの増やし方【1年間の経過レポ】」はこちら

挿し木と水差し、どちらにする?判断基準は?【メリットとデメリット】

「挿し木」と「水差し」どちらにするか迷ったことはありませんか?

水差し中のワイヤープランツ

実は、「水差し(水挿し)」とは、「挿し穂を水で発根させてから土に挿す、挿し木方法」のことをいいます。
つまり、正確には水挿しも挿し木ということですね。
いきなり土に挿すか、水で発根させてから土に挿すかの違いということです。では、すぐに土に挿す方法と、水で発根させてから土に植え替えるのでは何が違うのでしょうか?
まずは、挿し木・水差しそれぞれのメリットとデメリットを確認しましょう。

挿し木のメリット

水差しに比べて力強く生長した挿し木のベビーサンローズ

・適期(春か秋頃)におこなえば環境変化(水⇒土)によるストレスが低く済む
・定着すれば管理も楽で生長も安定しやすい

挿し木のデメリット

根が定着までは土が乾かないよう、適度に水分を保たなければならない
・ちょうどよいサイズの容器と挿し木用土が必要

水差しのメリット

ガラス瓶から見えるアロマティカスの根っこ

・清潔で見た目も綺麗
・水と容器さえあればすぐにできる、手軽
・根の生長が観察・把握できる

水差しのデメリット

挿し木よりも発根させやすい反面、土に植え替える際に生長が不安定になりやすい
・3日に一回は水を替えなければならない
・土に植えたものに比べ、しばらくは根の吸水性が劣る

適期であれば挿し木、不安なら水差しで発根させてから

まずは、その植物の「挿し木に適した時期」「増やすのに適した方法」、また、「挿し木が可能な植物であるかどうか」などを確認しましょう。
条件が合えば、挿し木の方がその後の生育が安定する可能性が高いかもしれませんね。
挿し木と水差しのメリット・デメリット、その植物に適した方法を確認した上でどちらかを選択するのが大切です。
ちなみに、筆者の場合は不安なときは水挿し、条件がバッチリで自信アリなら挿し木を選択してます。(余談でした💦)
水差しの場合は、そのままハイドロカルチャーで水耕栽培にすることも可能ですね。
その植物、挿し木をおこなう時期などを考慮した上で、土に挿すか、水で発根させるかを選択しなければなりません。

まとめ

今回は、挿し木と水差しの違いとどちらにするべきかの判断基準などについてご紹介しました。
今後も、他の植物で「挿し木と水挿し比べ」し経過を追記していきます。手軽に挑戦できる挿し木と水挿しで楽しく植物を増やしましょう!

①実験した結果、水差しよりも挿し木の方がベビーサンローズの生長が早かった(筆者の場合)
②挿し木と水差し、どちらを選択するかの判断基準は、挿し木に適した時期であるかどうか。

⇒適期であれば、挿し木の方が植え替えのストレスを避けられるため安定した生長が期待できる
⇒適期とずれている場合or発根率の低い植物の場合、水差しで発根させてから土に植え替える方法も選択肢のひとつ

【 関連topics 】「コーヒーの木 冬の管理【3つのコツをつかんで冬越し】」はこちら
「ガジュマル剪定 丸坊主に挑戦レポ!剪定から1年後までの記録」はこちら
「シンゴニウムが枯れる原因と対策【癒しのグリーン】」はこちら
「モンステラ 冬の管理のコツ3つ!【冬のお手入れ方法】」はこちら
「カリシアが枯れる原因3つとは?カリシアを簡単に増やす方法も!」はこちら
「ワイヤープランツ 増やし方とコツ3つ【簡単】」はこちら
「アロマティカスの増やし方【多肉質な癒しハーブを増やそう!】」はこちら
「ポトスの増やし方 水差しと挿し木の方法【初心者でも簡単】」はこちら
「エケベリア 冬越しの方法と冬に枯れる原因とは?【多肉】」はこちら
「ディフェンバキア 元気がない時の原因【対処方法も】」はこちら
「ハオルチア 徒長の原因と予防法をご紹介します!【多肉】」はこちら
「ヒメツルソバ 増やし方と管理のコツ【金平糖の花】」はこちら
「シュガーバインが枯れる主な原因3つ!育て方のコツ3つも」はこちら
「シルバーレース 枯れる原因と育て方のコツ4つ」はこちら

コメント

  1. […] あわせて読みたい「挿し木と水差し どっちが大きく育つ?【メリットデメリット】」はこち… […]

  2. […]  あわせて読みたい 「挿し木と水差し どっちが大きく育つ?【メリットデメリット】」はこち… […]

  3. […] あわせて読みたい「挿し木と水差し どっちが大きく育つ?【メリットデメリット】」はこち… […]

  4. […] 合わせて読みたい「挿し木と水差し どっちが大きく育つ?【メリットデメリット】」はこち… […]

タイトルとURLをコピーしました