• komame083

幸福の木 剪定で株姿を美しく保つ!【マッサンゲアナ】

※2021年3月21日 記事公開


「幸福の木がモサモサになってきたけどこのままでいいのかな?」


「幸福の木の葉っぱが黄色っぽくなっている…」


幸福の木は贈り物としても人気の観葉植物です。


しかし、長く育てているとどうしても株姿が乱れてきませんか?


今回は、幸福の木の剪定方法についてくわしくご紹介します!

剪定が必要な幸福の木


幸福の木に剪定が必要な理由とは?


まずは、幸福の木を剪定する主な目的を2つご紹介します。



●幸福の木に剪定が必要な理由①「株姿を美しく保つ」


幸福の木の綺麗な葉はずっとそのままではなく徐々に古くなってきます。


新陳代謝によって古い葉と新しい葉が入れ替わるためです。


そのため、「幸福の木は購入直後がもっとも美しい姿」ともいわれています。

その後は、葉がだらしなく伸びてどうしても株姿が乱れてきがちです。


しかも、幸福の木の古くなった下葉は、多くが落葉せずにくっついたままのことが多いです。


そのため、見栄えをよくするためには剪定が必要になってきます。



●幸福の木に剪定が必要な理由②「美しい葉を再生させる」


室内で育てている場合、日照が不足してどうしても葉に入った斑(ライムグリーンのライン)が薄くなってきます。


一度斑が消えると復活することは基本ありません。


幸福の木の魅力である美しい葉色を復活させる目的でも剪定による葉の再生が必要になってきます。




剪定が必要な幸福の木の状態とは?


それでは、幸福の木が具体的にどのような状態のときに、剪定すべきなのでしょうか。



●剪定が必要な幸福の木 状態①「葉が変色している」

幸福の木の古い葉

幸福の木の古い葉は徐々に茶色や黄色に変色してきます。


そのままでは見た目が綺麗ではありません。剪定で葉をカットすることで乱れた姿を改善します。


また、日照不足が続くと、幸福の木のチャームポイントであるライムグリーンのラインが薄くなります。


一度、うすくなった斑は基本的に復活させられません。そのため、斑入りの葉を再生させるためにも剪定されるケースがあります。



●剪定が必要な幸福の木 状態②「葉が伸びきって株姿がだらしない」

伸びきった幸福の木

購入してしばらく経つと、どうしても葉が伸びきってだらしない印象の株になります。


スッキリとした株姿に復活させるためにおこなうのが剪定です。



幸福の木の剪定方法【古い葉のみ】


それでは、実際に幸福の木を剪定してみましょう。

剪定前の幸福の木

今回は、上写真の幸福の木を剪定してみましょう。下葉が伸びきって葉先が茶色くなっています。


また、日照不足によって斑が消えくすんだ葉色です。剪定で古い葉をカットしましょう。



●幸福の木の剪定 手順①「適期は生育期初期の5~6月頃」


幸福の木の剪定にもっとも適した時期は生育期初期の5~6月頃です。



●幸福の木の剪定 手順②「葉を根元近くでカット」


では、剪定しましょう。


変色している葉のみ取り除く場合

変色している下葉のみを、葉の根元近くでカットします。(下写真)

幸福の木を剪定中

冬の間、日照不足が続いた葉は細くひょろひょろと伸びていますね。

剪定した幸福の木の葉っぱ

色がくすんでいる葉、葉先が茶色くなった古い葉をカットします。


剪定後の管理方法
幸福の木の剪定

・寒さを避ける(10度以上が無難)


・乾燥気味に管理


・風通しのよい場所に置く(室内であればサーキュレーターを活用)


・日当たりの良い場所で管理(直射日光は葉焼けに繋がるので避ける)


・葉水


【 関連topic 】

「サーキュレーターと扇風機の違い【植物に適しているのは?】」はこちら




幸福の木の剪定【新しい葉を再生させたい場合】


今現在の葉が伸びきって、全体的に株姿がだらしなくなっている場合、葉を根本からまとめてカットするという方法もあります。



幸福の木の剪定 手順①「適期は生育期初期の5月頃」


こちらのケースも適期は5月頃です。


なるべく早めに剪定することで、冬までの生育期間を長く設けられます。



●幸福の木の剪定 手順②「根元(幹近く)でカット」


剪定ばさみで葉の付け根から切り落とします。


雑菌の侵入が心配な場合は切り口に癒合剤を塗布しておくと安心です。



●幸福の木の剪定 手順③「再生するまで待つ」


葉をすべてカットした場合、うまくいけば幹の別の部位から新芽が出てきます。


ただ、生長速度がかなり遅いので、剪定するならやはり春先がおすすめです。



●幸福の木の剪定 手順④「剪定した葉は水差し」


根元からまとめて剪定した茎葉は水差しにして発根させるともう一株の幸福の木が育てられます。


水はなるべく毎日替えて発根するまで待ちましょう。



●幸福の木の剪定 手順⑤「発根後、植え付ける」


しっかりと根が出たのが確認できたら植え付けます。


元の株よりも、こちらの方が生長速度が比較的早いです。




まとめ


いかがでしたか?


「大きく育ってはいるものの、この先、幸福の木をどう管理していけばいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。


今回の記事を参考に、ぜひ、幸福の木の剪定に挑戦してみてくださいね。


幸福の木に剪定が必要な理由

・株姿を美しく保つ


・新しい葉を再生させる


剪定が必要な幸福の木の状態

・葉が変色している


・葉が伸びきって株姿がだらしない


幸福の木の剪定方法【古い葉のみ】

1.適期は5月~6月頃


2.古い葉を根元近くでカット


幸福の木の剪定方法【新しい葉を再生させたい場合】

1.適期は5月~6月頃


2.根元(幹近く)でカット


3.再生するまで待つ


4.剪定した葉茎は水差し


5.発根後、植え付け


【 関連topics 】

「幸福の木 枯れる原因3つと管理のコツとは?【マッサン】」はこちら


「パキラが枯れる原因とは?【枯らさないためのコツ3つも】」はこちら


「ガジュマルの植え替え時期は?【植え替え方法と管理のコツ】」はこちら


「ガジュマル剪定 丸坊主に挑戦レポ!剪定から1年後までの記録」はこちら


「シンゴニウムが枯れる原因と対策【癒しのグリーン】」はこちら


「モンステラ 冬の管理のコツ3つ!【冬のお手入れ方法】」はこちら


「ワイヤープランツ 増やし方とコツ3つ【簡単】」はこちら


「ポトスの増やし方 水差しと挿し木の方法【初心者でも簡単】」はこちら


「モンステラの葉っぱが割れない!【原因は?割れるコツも】」はこちら


6回の閲覧0件のコメント

© 2019 by Oretan Yamabokori