スポンサーリンク

アロマティカスの色が薄い理由は?対処法も

アロマティカス 観葉植物

ふわふわの葉と爽やかな香りが人気のアロマティカス。室内で育てている方も多いのではないでしょうか。

そんなアロマティカスですが、色が薄い症状にお困りではありませんか?

そこで今回は、アロマティカスの色が薄い理由と対処法をご紹介します。

アロマティカスの色が薄い理由は?対処法も

では、アロマティカスの色が薄い場合に考えられる主な原因を3つご紹介します。

色の薄いアロマティカス
根詰まりによって色味の悪くなったアロマティカス

アロマティカスの色が薄い理由①根詰まりしている

アロマティカスの色が薄い、葉の色味が悪いという場合、根詰まりしていないか確認しましょう。

アロマティカスは春から秋にかけて非常によく育ちます。

春に植え替えしても秋頃には鉢が根でいっぱいになることも少なくありません。

根詰まりしたアロマティカスは、根がうまく水分や養分を吸収できず、葉の色が薄くなったり元気がなくなったりします。

アロマティカスが根詰まりしたときのサイン

・鉢底から根っこがはみ出ている
・水やり後の水分がなかなか土に浸み込んでいかない
・1年以上植え替えていない

※根元が茶色くなって木質化している場合も根詰まりしてる可能性が高い。分からない場合は、一旦、鉢から株を取り出してみる。

アロマティカスの色が薄い理由②寒さ

アロマティカスは寒さが特に苦手です。

最低でも10度は必要。アロマティカスの生育適温は20度~30度です。

寒さで枯れたアロマティカス

5度以下の寒さに当たると上写真のように枯れてしまいます。

あわせて読みたい 「アロマティカスが枯れる原因と元気がないときの対処法を徹底解説」はこちら

アロマティカスの色が薄い理由③日光不足

アロマティカスは日光を好みます。ずっと室内で育てている場合、どうしても日光不足に陥りがちです。

日光不足によって徒長を起こすと、葉と葉の間隔が長くなり、全体的に間延びしたような姿になります。ひょろひょろとして茎ばかりが伸びる感じです。

徒長を起こすと徐々に姿が乱れ、葉の色が薄くなったり、葉が落ちやすくなったり、全体的に弱々しく垂れ下がったりしてきます。

まとめ

今回は、アロマティカスの色が薄い原因と対処法をご紹介しました。

アロマティカスの色が薄いと感じる場合は、「温度が足りているか?」「根詰まりしていないか?」「日当たりは十分か?」などを確認してみましょう。

また、アロマティカスは乾燥に強く多湿を嫌います。多肉質な葉に多くの水分を蓄えているからです。

今回の記事を、アロマティカスの日々のお手入れのご参考にされてくださいね。

アロマティカスの色が薄い主な理由と対処法

1.根詰まり
⇒春から秋の暖かい時期にひとまわり大きめの鉢に植え替える

2.寒さ
⇒最低でも10度は確保できる場所に移動する

3.日光不足
⇒特に生長が旺盛な春から秋にかけてはできるだけに当たりの良い場所で育てる

人気の関連topics

「アロマティカスの葉が落ちるときに確認すべきこと4つ」はこちら

「アロマティカスが伸びすぎた時にすべきこととは?」はこちら

「アロマティカスがゴキブリに強い理由【癒しの多肉質ハーブ】」はこちら

「アロマティカス 水差しで育てる方法を解説します【超簡単!】」はこちら

「アロマティカス 冬の育て方 管理のコツ4つと失敗例も」はこちら

「アロマティカスの増やし方【多肉質な癒しハーブを増やそう!】」はこちら

観葉植物
この記事を書いた人
komame083

北海道の農業高校で園芸を3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で約50種類の植物を管理。他人は変えられない。だがしかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました