• komame083

クリーピングタイムの増やし方を分かりやすく解説します!

※2021年4月25日 記事公開


「クリーピングタイムの増やし方が知りたい」


「簡単で失敗しにくいクリーピングタイムの増やし方は?」


爽やかな香りはもちろん、紫の花がカーペットのように広がるハーブ「クリーピングタイム」。


横に這うようにどんどんと広がるため、グランドカバーとしても人気のハーブです。


今回は、クリーピングタイムの簡単な増やし方を分かりやすく解説します!

カーペットのように広がるクリーピングタイム
カーペットのように広がるクリーピングタイム


クリーピングタイムを増やすのにもっとも簡単&手軽なのは「挿し木(さしき)」


クリーピングタイムを増やす方法は、主に3通りあります。それが、「種まき」「株分け」「挿し木」です。


その中でも、もっとも手軽でかつ、失敗しにくいのが「挿し木」といえます。



●「挿し木(さしき)」ってなに?


挿し木とは、植物の枝や茎を部分的に採取し、元の株と同じ株を増やす方法のことです。


挿し木は「元祖クローン技術」といえます。


挿し木で増やした個体は、親株の性質をそのまま受け継いでいます。


「早く、簡単に、親株とそっくりの個体が期待できる」のが、挿し木という増やし方です。



●クリーピングタイムを挿し木で増やす【メリット】


・手軽に挑戦できる、開花までが早い


・リスクが少ない



●クリーピングタイムを挿し木で増やす【デメリット】


・親株が貧弱だと失敗しやすい⇒丈夫な株を親株にすることで防ぐ




クリーピングタイムの増やし方を解説します!【挿し木で増やす】


では、さっそくクリーピングタイムを挿し木で増やしましょう。


今回は、クリーピングタイムよりも若干、花が大きい品種の「タイム ロンキカウリス」で挿し木します。

どんどん広がるクリーピングタイム
グランドカバーとしてだけではなく花も楽しめるタイムは人気の植物(ロンギカウリス)

●クリーピングタイムの増やし方 手順①「適期は5月頃、または9月頃」

北海道の寒さにも負けないタイムロンキカウリス
北海道の寒さにも負けないタイムロンキカウリス

クリーピングタイムの挿し木に適した時期は、暖かくなる春先の4月~6月上旬頃です。


気温が20度前後になって生育が始まる頃が適しています。または、気温が落ち着く9月頃も可能です。



●クリーピングタイムの増やし方 手順②「茎を10cm程カット」

タイムの挿し穂
タイムの挿し穂

クリーピングタイムから茎を10cmくらいカットします。これが「挿し穂」となります。


挿し穂の下部の葉は、土に挿す際に邪魔になるため、取り除いておきましょう。



●クリーピングタイムの増やし方 手順③「水揚げ」

植物の挿し穂を水揚げ中
植物の挿し穂を水揚げ中

そのまま土に挿しても発根することも多いですが、念のため1時間程吸水させます。


これで、発根までの水分を蓄えてもらいます。これは「水揚げ」という作業です。



●クリーピングタイムの増やし方 手順④「水or土に挿す」


水を吸わせたクリーピングタイムの挿し穂は、水または土に挿して発根させます。


水に差す場合
クリーピングタイムの水挿し
クリーピングタイムの水挿し

そのまま水に差して発根させることもできます。うまくいけは、一週間程で発根するでしょう。


十分に根っこが伸びたら土に植え替えましょう。もちろん、水差しのまま楽しんでもok!


ただ、「大きく生長させたい」「増やしたい」のであれば、やはり土に植えるのがおすすめです。


土に挿す場合

土は挿し木用の土を使用します。もしなければ、赤玉土や鹿沼土、バーミキュライトなどでもokです。


「清潔」「養分が少ない」「排水性が高い」


この3つの条件をクリアした土が挿し木用として適しています。


土に挿したクリーピングタイムは、水をたっぷり与えます。発根するまでは乾燥させないようにしましょう。


発根が確認出来たら、「土が乾いてから水を与える」という通常の管理に戻します。


 関連topics 

「挿し木と水差し どっちが大きく育つ?【メリットデメリット】」はこちら




増やしたクリーピングタイムの活用法【すぐ使える3つの活用法】

クリーピングタイム
クリーピングタイム

せっかくなので、増やしたクリーピングタイムを活用しましょう。



●増やしたクリーピングタイムの活用法①「ルームフレグランスとして」


クリーピングタイムは何といっても香りが魅力。


増やしたクリーピングタイムを束ねて室内に飾っておくだけで、いい香りが漂います。見た目にもおしゃれですね。



●増やしたクリーピングタイムの活用法②「スチームアロマとして」


クリーピングタイムを入れた水を沸騰させ、弱火で煮詰めます。


お部屋いっぱいに華やかな香りが広がりますよ(#^.^#)


保湿効果もあるので寒い季節におすすめな活用法です。




まとめ


いかがでしたか?


クリーピングタイムは挿し木で簡単に増やすことができます。


ぜひ、挑戦してみてくださいね。


【挿し木】クリーピングタイムを増やし方【手順】

①適期は5月頃、または9月頃


②茎を10cm程カット


③水揚げ


④水or土に挿す


増やしたクリーピングタイムの活用法【3つ】

①ルームフレグランスとして


②スチームアロマとして


【 関連topics 】

「ローズマリー 増やし方を解説します【初心者でも簡単!】」はこちら


「ワイヤープランツ 増やし方とコツ3つ【簡単】」はこちら


「アロマティカスの増やし方【多肉質な癒しハーブを増やそう!】」はこちら

「コーヒーの木 冬の管理【3つのコツをつかんで冬越し】」はこちら


「ガジュマル剪定 丸坊主に挑戦レポ!剪定から1年後までの記録」はこちら


「カポック 植え替え方法と管理のコツ3つ!」はこちら


「ポトス 水やりの方法【コツとタイミングを解説します】」はこちら


「カネノナルキを挿し木で増やす方法を解説します!【花月】」はこちら


「ポトスの増やし方 水差しと挿し木の方法【初心者でも簡単】」はこちら