スポンサーリンク

多肉植物の葉が落ちる原因とは?【状況別で解説】

多肉植物の葉っぱ 植物ブログ

多肉植物を育てていると一度はぶち当たる壁「葉がポロポロ落ちる問題」。

「乾燥気味に管理していたのになぜ?」

「水のあげすぎ?」

「徒長していなかったはずなのに…」

今回は、多肉植物の葉が落ちる主な原因を、葉が落ちたときの状況別でくわしくご紹介します。

多肉植物の葉が落ちる原因とは?【状況別で解説】

それでは、多肉植物の葉が落ちる主な原因をみていきましょう。

多肉植物の葉が落ちる原因はさまざまです。ひとつではなく、複数の原因が重なり合っている場合もあります。

多肉植物の葉が「少し触れただけで落ちる」ケース

徒長した多肉植物

多肉植物に少し触れただけで葉が落ちるという場合に考えられる原因が、日光不足です。

多くの多肉植物は日光を好みます。特に、春から秋にかけては多肉植物の生育が旺盛になる生長期です。

この時期に日当たりの良くない場所に置き続けると、日光を求めて茎ばかりが縦に向かって伸びます。

徒長の特徴は、葉と葉の間隔が伸びてひょろひょろとした姿になることです。

徒長した多肉植物は弱っているため葉が落ちやすくなるだけではなく、病害虫による被害も受けやすくなります。

少し触れるだけで葉が落ちるときに考えられる原因
  • 日光不足による徒長

多肉植物の葉が「葉が黄色くなってほぼ落葉した」ケース

葉が落ちた多肉植物

昨日まで元気だったはずの多肉植物が、ある日突然葉が黄色く変色して落葉していた…という場合、一番の原因として考えられるのが、水のやり過ぎです。

多肉植物は、その多くが肉厚の葉に多くの水分を蓄えています。

そのため、春から秋の生育期であっても一週間に1回程度が水やりの目安です。

葉が黄色くなって落葉したときに考えられる原因
  • 水のやり過ぎ
  • 肥料の与えすぎ

多肉植物の葉が「しわしわになって落葉する」ケース

多肉植物の葉がシワシワになって落ちる場合、考えられるのが乾燥や強すぎる日差しです。

多肉植物の葉は水分が不足することでしわが寄ります。葉が落ちる前に水を与えることですぐに復活するでしょう。

根元近くの葉

ただ、株の根元の葉がシワシワ(カラカラ)になり落ちるのは新陳代謝によるものがほとんどです。(上写真)

そのままにしておくと病害虫の温床となることも考えられるため、ピンセットで取り除くのがおすすめです。

株元近くの葉をはずす
しわしわになって葉が落ちるときに考えられる原因
  • 過度な乾燥
  • 根元の場合は新陳代謝

多肉植物の葉が「ぶよぶよになって落ちる」ケース

ぶよぶよになった多肉の葉っぱ

多肉植物の葉がぶよぶよになって落ちる場合、水のやり過ぎによって根腐れを起こしている可能性があります。土がしっかりと乾いてから水を与えるようにしましょう。

水やりの目安は、春秋は土が乾いたら。真夏と冬場は土が乾いて2~3日程経ってからやや控えめに与えます。

ぶよぶよになった多肉植物の葉

多肉植物の種類によっては水やりの方法が異なる場合もあります。葉が落ちる場合は再度、その多肉植物に合った管理方法を確認してください。

また、風通しの悪さや寒さによっても、葉を落とすことがあります。

ぶよぶよになって葉が落ちたときに考えられる原因
  • 水のやり過ぎによる根腐れ
  • 風通しの悪さ
  • 寒さ

まとめ

いかがでしたか?

多肉植物が葉を落とすのは、主に水のやり過ぎが原因していることが多いです。

株の状態をよく観察して、適切に対処しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました