スポンサーリンク

シュガーバイン 増やし方を解説します【初心者でも簡単】

シュガーバインの葉っぱ 植物ブログ
「シュガーバインの簡単な増やし方が知りたい」
「初心者でも失敗の少ないシュガーバインの増やし方は?」
「園芸用語じゃ分かりにくい。画像つきでシュガーバインの増やし方を知りたい」

手のひらを広げたような葉が可愛い人気のインテイリアグリーン「シュガーバイン」。

ちょっと神経質な印象のある観葉植物ですが、自宅で簡単に増やすこともできます!
今回は、「初心者でも失敗しにくい!簡単なシュガーバインの増やし方」をご紹介します。

ご自宅にすでにシュガーバインがある方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

シュガーバイン

【 関連topic 】「シュガーバインが枯れる主な原因3つ!育て方のコツ3つも」はこちら

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-8647090601446231"
     crossorigin="anonymous"></script>
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block; text-align:center;"
     data-ad-layout="in-article"
     data-ad-format="fluid"
     data-ad-client="ca-pub-8647090601446231"
     data-ad-slot="3248854332"></ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

もっとも簡単なシュガーバインの増やし方は「挿し木(さしき)」!

シュガーバインを増やすための方法は、「種まき」「株分け」「挿し木」などがあります。

この中でも、もっとも手軽に挑戦できるのが「挿し木」です。

●挿し木(さしき)って何?

挿し木は、「今ある植物から部分的に採取した枝や茎で新しい株を増やす」という方法です。

挿し木は、「クローン技術の元祖」といえます。

挿し木は、増やしたい植物と、土、鉢植えさえあればすぐにできるため、とても手軽な植物の増やし方です。

「種から育てるのは面倒だし時間がかかる」「買うほどではないけど同じ株を増やしたい」「失敗を少なく、かつ手軽に同じ株を増やしたい」

そんな方に適しているのが、「挿し木」という増やし方です。

シュガーバインの増やし方【初心者でもok!】

では、初心者でも簡単にできるシュガーバインの増やし方をご紹介します。

●シュガーバインの増やし方 手順①「適期は4月~6月」

シュガーバインを増やすのにもっとも適した時期は、生長期初期にあたる4月~6月です。

この時期に挿し木することで、失敗の可能性を低くします。

また、冬までに十分な生育期間をもうけられるため、冬越しまでにより多くの根を張らせることも可能です。

親株のシュガーバイン

●シュガーバインの増やし方 手順②「親株から挿し穂をとる」

まずは、親株となる元のシュガーバインから、葉付きの茎を6cm~7cm程カットします。

挿し穂として利用するためのシュガーバインの茎

これが、「挿し穂」となります。

なるべく茎の太い、丈夫なものを挿し穂にすると発根しやすいです。

●シュガーバインの増やし方 手順③「下葉を取り除く」

土に挿す際に邪魔になるため、挿し穂の下の方についている葉をとりましょう。

シュガーバインの挿し穂

葉はすべて取り除かず、2枚程度残しておきます。

●シュガーバインの増やし方 手順④「土or水に差す」

挿し穂は、土か水に差します。

土に挿す場合土は、「挿し木・種まきの土」を利用します。または、赤玉土やバーミキュライトなどです。

小さめの鉢に挿し木用土を入れます

「養分がない」「排水性にすぐれる」「清潔である」が、挿し木用の土に求められる条件です。

あらかじめ水を与え、湿らせておいた土に下穴をあけ、そこに挿し穂を植え付けます。

挿し木用土に穴を空ける

挿し穂を土に挿す場所ですが、真ん中よりも鉢の外側(縁)あたりに植え付けることで、根腐れしにくくなり、失敗しにくいです。(筆者の経験上)

発根するまでは土が乾かないように管理してください。

水に差す場合ガラス瓶に水を張り、挿し穂を挿すだけです。水は毎日替えましょう。

根が十分に発根したら、土に植え替えます。

シュガーバインの水差し

うまくいけば、1か月程度で発根します。

●シュガーバインの増やし方 手順⑤「発根までは養生」

発根するまでは、風通しよい半日陰で管理しましょう。

土挿しの場合、「触って抵抗を感じる」「新しい葉が出てきた」などの変化が見られたら発根した可能性が高いです。

通常の管理に移行しましょう。直射日光を避け、乾燥を防ぐためにも葉水してあげます。

シュガーバインの水やりは、「土が乾いてから」が鉄則です。

※土に挿すのと水に差すことの違いやメリットデメリットについては以下ブログをどうぞ!↓

【 関連topic 】「挿し木と水差し どっちが大きく育つ?【メリットデメリット】」はこちら

シュガーバインを増やそう!【経過レポート】

ここからは、筆者が実際に増やしたシュガーバインの経過をレポートします。

ぜひ、シュガーバインの管理のご参考にされてくださいね。

●既存のシュガーバインから挿し穂をとり水差しにする【2021/4/22】

シュガーバインの挿し穂をとりました

既存のシュガーバインから挿し穂をとりました。

ただ、ちょっと弱々しくて発根するか不安ですので、とりあえず水差しにして確実に発根を確認することに。

水差しに下シュガーバインの挿し穂

今後の管理方法・毎日水を替える
・半日陰に置く
・ときどき葉水する
・十分に発根したら土に植え替える

まとめ

いかがでしたか?

ちょっと気難しいイメージのあるシュガーバインですが、意外にも簡単に増やすことができます。

ぜひ、今回のブログを参考に「シュガーバインの挿し木」に挑戦してみてくださいね(^^♪

シュガーバインの増やし方【手順】

①適期におこなう【4月~6月】
②親株から挿し穂をとる
③下葉を取り除く
④土or水に差す
⑤発根までは養生させる

【 関連topics 】「グリーンネックレス 枯れる原因3つ【管理のコツも解説!】」はこちら
「シンゴニウムが枯れる原因と対策【癒しのグリーン】」はこちら
「モンステラ 冬の管理のコツ3つ!【冬のお手入れ方法】」はこちら
「ワイヤープランツ 増やし方とコツ3つ【簡単】」はこちら
「アロマティカスの増やし方【多肉質な癒しハーブを増やそう!】」はこちら「コーヒーの木 冬の管理【3つのコツをつかんで冬越し】」はこちら
「ガジュマル剪定 丸坊主に挑戦レポ!剪定から1年後までの記録」はこちら
「カポック 植え替え方法と管理のコツ3つ!」はこちら
「ポトス 水やりの方法【コツとタイミングを解説します】」はこちら
「カネノナルキを挿し木で増やす方法を解説します!【花月】」はこちら
「ポトスの増やし方 水差しと挿し木の方法【初心者でも簡単】」はこちら
「シルバーレース 枯れる原因と育て方のコツ4つ」はこちら

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-8647090601446231"
     crossorigin="anonymous"></script>
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block; text-align:center;"
     data-ad-layout="in-article"
     data-ad-format="fluid"
     data-ad-client="ca-pub-8647090601446231"
     data-ad-slot="3248854332"></ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-8647090601446231"
     crossorigin="anonymous"></script>
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block; text-align:center;"
     data-ad-layout="in-article"
     data-ad-format="fluid"
     data-ad-client="ca-pub-8647090601446231"
     data-ad-slot="3248854332"></ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

コメント

タイトルとURLをコピーしました