フィットニアの葉が丸まるのはなぜ?原因と対処法も

フィットニア 観葉植物

エキゾチックな網目模様が印象的な観葉植物・フィットニア。いかにも熱帯植物といった雰囲気が漂う魅力的な植物です。

そんなフィットニアですが、購入後、ご自宅で管理しているうちに、だんだんと葉が内側に丸まる症状にお困りではありませんか?

そこで今回は、フィットニアの葉が丸まる主な原因と対処法をくわしくご紹介します。

スポンサーリンク

フィットニアの葉が丸まるのはなぜ?原因と対処法も

フィットニアの葉っぱ

それでは、フィットニアの葉が丸まってしまう主な原因と対処法をみていきましょう。

フィットニアの葉が丸まる原因①寒さ(10~15度でも寒い)

フィットニアの葉が丸まっているのが秋~冬場の場合、寒さによって葉が丸まるようにしおれることが多いです。

特に、フィットニアは観葉植物の中でも寒さにはかなり弱いです。高温多湿を好むため、15度以下になると徐々に生長が緩慢になり、10度を下回ると葉がどんどんしおれて弱っていきます。

室内ならレースカーテン越しの窓際に置くのが理想的、でも…

フィットニアは直射日光を避けた半日陰を好みます。強すぎる日光に当てると葉焼けを起こしやすいからですね。

しかし、気を付けたいのが冬場です。冬の窓際は、昼間は暖かくても朝晩に急激に冷え込むことも多いです。

夜になったら窓から1~2m離します。できればお部屋の中心近くに移動しましょう。

フィットニア▲とにかく寒いのが苦手なフィットニア…

フィットニアの葉が丸まる原因②水分不足

高温多湿を好むフィットニアは、乾燥するとすぐに葉が丸まるようにしおれてきます。

しおれたフィットニア

気温が20度以上になったら生長がさかんになります。春から秋の暖かい時期は、土の表面が乾いていたら水を与えましょう。逆に、気温が15度以下となる時期は生長がほぼ止まるため、水やりは控え目にシフトします。

特に欠かせないのが空気中の水分量です。秋から冬にかけては室内が乾燥しやすいため、フィットニアの葉がしおれやすくなります。

フィットニアのお手入れに欠かせないのが「葉水(はみず)」!

葉水

フィットニアが好むのは70%以上の湿度です。しかし、ご自宅で湿度を70%以上に保つのは現実的ではありませんね。

そこで必要となるのが葉水(はみず)です。霧吹きで株全体に水分を吹きかけることで、空中の水分量を保ってやります。特に乾燥しがちな時期は1日数回の葉水が必要です。

フィットニアの葉が丸まる原因③根詰まり

「鉢底から根がはみ出ている」「フィットニアを2年以上植え替えていない」「水やり後、水分がなかなか土に浸み込んでいかない」

このような症状がある場合、鉢内が根でいっぱいになる「根詰まり」を起こしている可能性があります。

根詰まりすると、鉢内の水はけが悪くなり、根がスムーズに水分を吸うことができなくなります。また、根詰まりを放置し続けることで、根が傷んで腐る「根腐れ」を引き起こすことも。

フィットニアの植え替えは気温が20度~25度程度の暖かい時期におこなう

ポットから取り出したフィットニア

フィットニアの根詰まりに気付いたら、ひとまわり大きめの鉢へ植え替えてみましょう。ただし、気温が15度以下の時期は植え替えを避けてください。

植え替えは植物にとって大きなストレスとなります。そのため、生育が緩慢になっている時期に植え替えると、そのまま弱ってしまうことも多いからです。

フィットニアの植え替えに適しているのは、春から秋にかけての暖かい時期です。理想は20度~25度程度の暖かく過ごしやすい時期がベストでしょう。

 

まとめ

フィットニア

今回は、フィットニアの葉が丸まる主な原因と対処法をご紹介しました。

フィットニアを育てる上で、特に気を付けたいのが秋~冬です。なんといっても寒さと乾燥が苦手なフィットニア。

秋から冬は暖房をつけっぱなしにすることも多く、風通しが悪くなることで根腐れや病害虫の被害にも気を付けなければなりません。

フィットニアを育てる場合は、近くに水を入れた霧吹きを置いておきましょう。気づいたときにシュシュっと水分を吹きかけてやると、美しい葉を保つことができます。

もちろん、水やりも忘れずにおこないます。春から秋の暖かい時期であれば表土が乾いたらたっぷりと、15度以下になったら表土が乾いて1~2日ほどしてから与えるのが目安です。

フィットニアの葉が丸まる主な原因と対処法

  • 寒さ…最低でも10度は必要、美しい葉を保つなら15度以上
  • 過度の乾燥…特に暖かい時期は水切れに気を付ける、寒い時期は空気の乾燥に注意
  • 根詰まり…暖かい時期にひとまわり大きめの鉢へ植え替える

※その他、直射日光による葉焼けや病害虫による被害を受けていないかもあわせて確認する。

フィットニアのその他topics

「フィットニアが枯れる原因は?お手入れのポイント3つ」はこちら

「アミメグサ(フィットニア)の育て方は?置き場所、水やり、肥料など」はこちら

「ダイソーのフィットニアを大きく育てる!【生育レポート】」はこちら

「フィットニアがしおれる原因は?対処法を徹底解説します」はこちら

観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
komame083

農業高校で園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほどの植物を管理。他人は変えられない。しかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました