スポンサーリンク

ブルーベリーをベランダで鉢植えで育てる【生育記録】

ベランダで育てるブルーベリー 観葉植物

「ブルーベリーを育てたいけど庭が無い。マンションのベランダで鉢植えでも収穫できる?」

今回はそんな方のために、筆者がベランダで育てているブルーベリーの生育記録を綴ります。ベランダでブルーベリーを育てようか迷っている方は、ぜひ、今回のブログをご参考にされてくださいね。

ブルーベリーをベランダで鉢植えで育てた記録

では、時系列で更新していきます。

ブルーベリーの苗を購入、植え替え【2021/8/28】

ブルーベリーの苗
たくさん実がなりますように…!

ホームセンターで購入したブルーベリーの苗。680円。ブルーベリーには、「ハイブッシュ系」と「ラビットアイ系」があります。今回は、ハイブッシュ系の苗を購入しました。寒さにも強いため屋外での冬越しも心配なさそうなので。

個人的にはなんといっても収穫が目的です。気長に育てます。

・ハイブッシュ系…寒さに強い。暑さには普通。
・ブラットアイ系…寒さにあまり強くない。暑さには強い。
ブルーベリーの苗と鉢植え
さっそく植え替えましょう!

さっそく、ひとまわり大きめの鉢植えに植え替えます。あいにく、ふたまわりくらい大き目のスリット鉢しかなく、こちらを利用することに。生育に影響は出るのでしょうか。実験も兼ねて強行です。

ポットに鉢底石を入れる
ダイソーの鉢底石を入れます

まずは、植え替え先の鉢に鉢底石を入れます。鉢底石はダイソーで購入しました。スリット鉢は通気性にすぐれるため、鉢底ネットは特に必要ないそうです。

スリット鉢…鉢底の穴がスリット上になっているプラスチック鉢のこと。根が鉢の中でぐるぐるまわるように生長するのを防ぎ、細い根っこをたくさん出すことが可能。その結果、用土を有効活用できるというメリットがある。
ブルーベリーの土
ブルーベリーの土

今回は、こちらのブルーベリーの土を利用します。自分で配合するのは難しそう&面倒なので、専用の土があると便利ですね。

先ほどの鉢底石の上からこちらの土を5cm程入れます。(量は苗の高さをみて後で微調整する)

ブルーベリーに適した土は?…水持ちのよい酸性土壌を好む。自分で配合する場合は、酸度未調整のピートモスと鹿沼土(細粒)を半々程度に混ぜ込み使用する。
ブルーベリーの根鉢
根鉢はかちこち

いよいよ、苗を黒ビニールポットから取り出し、鉢植えに配置します。根鉢はカチコチ。軽く棒でほぐしましたが、ほとんど崩れなかったのでそのまま植えることに。

根鉢(ねばち)…根っこと土の塊。
ブルーベリーの苗を植え付ける
隙間に用土を入れる

ウォータースペースをとり、苗の高さが決まったら、ポットと苗の隙間に用土を詰めていきます。隙間ができないよう、棒で軽くつついたり、途中、鉢を床にトントンと打ち付けながら、しっかりと土を入れ込んで苗を植え付けます。

ウォータースペース…鉢の縁の頂点から用土を数センチ空けることで確保するスペース。土を鉢一杯に入れると、水やりの際に用土が外に流れ出てしまうため、それを避けるためにウォータースペースを設ける。
ブルーベリーの植え付け完了
うまく根付いてね

最後に水をたっぷりと与えて、植え替え作業完了です。日当たりの良い場所に置いて管理します。ただ、今年は残暑が厳しく35度近くなる日もまだまだあり…。

念のため、暑さが落ち着くまではなるべく直射日光の当たらない半日陰程度の場所で休ませることにしました。根付くまではとにかく心配なので…。

ブルーベリーの苗
植え付け、完了!
今後の管理方法
  • 暑さが落ち着くまでは半日陰に置いて様子をみる
  • 土が乾いていたらたっぷりと水やりする

では、また随時更新します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました