• komame083

雅楽の舞(ががくのまい)の育て方【ダイソー多肉】

「ダイソーで変わった多肉植物を見つけた、これは何?」


「ポーチュラカリアって聞きなれないけど、どうやって育てるの?」

雅楽の舞【ポーチュラカリア】

今回は、100円ショップでもよく見かけるようになった可愛らしい多肉植物「雅楽の舞(ポーチュラカリア)」の育て方を生育レポートとともにご紹介します!


雅楽の舞(ポーチュラカリア)の育て方【3つのポイント】


さっそく、ポーチュラカリアの育て方のポイントをご紹介します。


3つのポイントさえつかめば元気な姿を長く楽しめますよ。



●雅楽の舞(ポーチュラカリア)の育て方point①「寒さを避ける」


雅楽の舞は暑さに強い反面、寒さが大の苦手です。


耐寒温度は0度ではありますが、寒さは避けた方が無難でしょう。


11月~3月の寒さが厳しい冬場は室内へ移動させます。


また、冬季は特に水やりに気を付けなければなりません。(point③を参照!)



●雅楽の舞(ポーチュラカリア)の育て方point②「日光を好む」


雅楽の舞は日当たりの良い場所を好みます。


できれば、春~秋の暖かい時期は屋外の日当たりのよい場所においてあげましょう。


日照時間が十分にとれると、葉の淵の赤味がはっきりとしてくるようです。


ただし、真夏の直射日光や西日は葉焼けの原因となるため避けます。


※ちなみに、多肉植物は冬場に紅葉し赤身を帯びることが多いですが、雅楽の舞は季節を問わず葉に赤味が現れる珍しい多肉植物だそうです。



●雅楽の舞(ポーチュラカリア)の育て方point③「乾燥気味に管理」


雅楽の舞は乾燥気味を好むため、水やりは土が完全に乾ききってからやや控えめに与えます。


水は土が完全に乾ききってから与えますが、その際も表土が湿る程度にしておきます。


また、風とおしがよくないのも根腐れに発展するため気を付けましょう。サーキュレーターを活用するのがおすすめです。


用土は水はけのよいものが適しています。サボテン用や多肉植物用で構いません。


雅楽の舞に適した鉢植えは?
通気性に優れた素焼き鉢に植え付けた雅楽の舞

加湿に弱い雅楽の舞に適した鉢植えは、排水性にすぐれた「素焼き鉢」でしょう。


プラスチック鉢では湿気がこもりがちなため、水が停滞しやすいという特徴があります。


また、素焼き鉢と似たものに「駄温鉢(だおんばち)」があります。

素焼き鉢よりも丈夫だが排水性は劣る駄温鉢

駄温鉢は素焼き鉢に比べると、表面の穴の粒が小さく、通気性がやや劣ります。


どれもホームセンターで手軽に購入できます。お値段も大差はありません。



雅楽の舞は水やりに気を付ける【根腐れ回避!】


雅楽の舞を健康に育てる上で重要になるのが水やりです。


ここでは水やりの注意点とタイミングをご紹介します。



●雅楽の舞の水やり【注意点】


雅楽の舞は、夏と冬に水を与えすぎると根腐れしやすいです。


特に冬場は、萎れない程度に乾燥気味に管理することで、植物内部の樹液濃度が高まり、耐寒性が高まります。(内部の水分が濃くなることで凍るリスクが下がる)


生長が緩慢になっている真夏と冬場は根の吸水する力自体が下がっています。


そのため、水を遣りすぎると吸収されずに残った水分がいつまでも土中に停滞することになり、結果、根腐れに発展しやすいのです。



●雅楽の舞の水やり【タイミングの目安】


・春と秋⇒二週間に一回程度(土が乾いてから)


・真夏と冬場⇒1か月に一回程度


※夏場の水やりは夕方の気温が下がってきたタイミングにおこないます。朝に与えると高温によって根腐れする可能性があるからです。



雅楽の舞の育成レポート【ダイソーの100円多肉】


ここからは、筆者が育てている雅楽の舞の生長記録です。


成功・失敗含めてぜひご参考にされてくださいね。



●ダイソーで見つけた雅楽の舞(ポーチュラカリア)を購入【2021/3/1】

ダイソーで購入したポーチュラカリア【雅楽の舞】

葉の淵がピンク色の可愛い雅楽の舞です。100円で売ってるんですね。

即購入しました。


こんもりとさせて盆栽っぽくさせるのが目標です。

植え替え後の雅楽の舞

多湿が苦手な雅楽の舞。素焼き鉢に植え替えました。


適期ではなかったため根を傷つけないようにおそるおそる植え替えています。


素焼き鉢は同じくダイソーで3個で100円のものを使用。かわいいですね。



●雅楽の舞【-】


近日更新予定。



まとめ


いかがでしたか?


ちょっと難しそうな雅楽の舞の育て方ですが、一度でも夏冬を超えられたら管理のコツがつかめそうですね。


日当たりよく管理し、雅楽の舞の魅力である葉の赤味をキープして可愛らしい姿を楽しみましょう!


雅楽の舞の育て方のポイント3つ

1.寒さを避ける

2.日光を好む

3.乾燥気味に管理



46回の閲覧0件のコメント

© 2019 by Oretan Yamabokori