• komame083

ビックリグミの木を結実させるまでの記録【ベランダ栽培】

最終更新: 3月17日

ビックリグミをベランダで鉢植えで育て始めて2回目の春がきました。


そして、ついに蕾(つぼみ)がつきました!


このページは、私がベランダで鉢植えにして育てているビックリグミの木の生育記録です。


「ビックリグミを育てたいけど鉢植えでも実はつく?」


「グミの木を鉢植えで結実させる方法を知りたい」


このような方の参考になれば幸いです。ぜひ、ご参考にされてください!



ビックリグミのつぼみを確認【2021/3/9】


ビックリグミを苗木で購入し、二回目の春を迎えました。


先日、実がなりやすくなるように剪定したばかりだったのですが、本日、ついに念願のつぼみを確認できました!(パチパチ!!)



初めてついたビックリグミのつぼみ
ビックリグミの蕾

分かりますか?(上写真)


主幹から出た脇枝につぼみと思われるものが「ピヨン」と飛び出しています。


やはり、側枝を増やすのが収穫量を増やすことに繋がるのでしょう。


ジベレリンの準備はできている

無事開花するでしょうか?


まだ植え付けて2年目だし、結実はまだまだ先だと思っていたのですが…、夢は膨らみます。


もしかしたら結実してくれるかもしれない。ネットでジベレリンも購入しています。




ビックリグミ開花、ジベレリン処理1回目【2021/3/17】

開花したビックリグミの花

ついに開花しました。ただ、1つだけです。もう1個のつぼみはまだ閉じたまま。


しかし、タイミングを逃すことのないよう、ここでジベレリン処理に踏み切ります。



●ビックリグミのジベレリン処理1回目


では、ジベレリンの準備からです。


今回はこちらの商品を使用します。(下写真)

ジベラ錠

ビックリグミに使用する際は1錠を水50mlで溶かし、100ppmの濃度の水溶液を作るとのこと。


満開時と開花2週間後の2回、花房に散布します。本日はその1回目です。

ジベラ錠

この粒をスプレー容器に入れお水50mlで溶かし散布します。


容器を3分くらい振っていたらすべて解けました。

ジベラ錠を溶かし中

できたジベラ錠溶液をビックリグミの花房にスプレーします。


とりあえず、まだ開花していない方にもかけておきました。次の散布は2週間後です。

ビックリグミのつぼみ

本日はここまで。次回、ジベレリン処理2回目です。


【 関連topics 】

「グミの木 剪定方法と実らせるコツ3つ【ビックリグミ】」はこちら


「パキラが枯れる原因とは?【枯らさないためのコツ3つも】」はこちら


「ベンジャミン 枯れる原因3つとは?【枯らせないためのコツも】」はこちら


「コーヒーの木 冬の管理【3つのコツをつかんで冬越し】」はこちら


「ガジュマル剪定 丸坊主に挑戦レポ!剪定から1年後までの記録」はこちら


「シンゴニウムが枯れる原因と対策【癒しのグリーン】」はこちら


「モンステラ 冬の管理のコツ3つ!【冬のお手入れ方法】」はこちら


「ワイヤープランツ 増やし方とコツ3つ【簡単】」はこちら


「ポトスの増やし方 水差しと挿し木の方法【初心者でも簡単】」はこちら


55回の閲覧0件のコメント

© 2019 by Oretan Yamabokori