• komame083

八重歯の部分矯正ブログ【八重歯の変化!】

最終更新: 2月17日

※2021年2月5日 ブログ更新


「八重歯が気になってるけど歯列矯正は高額だし手が出ない。」


「もうこの歳だし、八重歯はこのままでいいか…。」


歯列矯正ってものすごくお金がかかるイメージですよね。


もちろん、実際お金はかかります。


そんな方におすすめしたいのが、私自身もやっている「部分矯正(プチ矯正)」です。

八重歯の部分矯正中

もちろん、全体的な矯正に比べたら仕上がりは劣ることが多いとのこと。


あくまでその方の状態によりますが、部分矯正なら全体矯正のおよそ半額程度の価格でできるんです。


(※あくまで私の場合ですが、他院で提案された金額の半額以下でできました。)


今回の矯正ブログでは、八重歯の部分矯正をはじめた筆者のビフォーアフター写真とともに部分矯正の経過をまとめて大公開します!


【関連ブログ】

大人になって歯列矯正はみっともない?!【イメージ調査】」はこちら


1.部分矯正前の八重歯【ビフォー】


まずは、部分矯正を始める前のビフォー写真からごらんください。


口内の写真がでます。ご注意ください。



↓↓↓



■正面からの歯並び【ビフォー】

部分矯正前の歯並び

八重歯が目立ってガタガタですね。


20代の頃はもう少しマシでした。

年々、ガタガタがひどくなって、さらに黄ばんできたんです。


【関連ブログ】

大人になって歯並びが悪くなったと感じる理由とは?【調査】」はこちら


そのため、部分矯正後はホワイトニングも希望しています。


次に、笑った時の八重歯の状態をご覧ください。



↓↓↓



■笑った時の八重歯【ビフォー】

部分矯正ビフォー

八重歯の脇の前歯が奥まって影になってます。


この影により一部が黒くなり、歯のガタガタ&八重歯が強調されてます。


前歯がV字にねじれている

こちらは、前歯を下から見上げた様子です。

ややねじれ気味の前歯

また、前歯(1番と1番)がV字状態になっているのが分かりますか?


これは、黄色人種の典型的な歯並びだと先生が教えてくれました。


専門用語で「winging」というそうです。



■メタルブラケット装着直後


初診から約2ヵ月後、やっとメタルブラケットが装着できました!


虫歯や歯周病など他に事前の治療が必要な場合、矯正治療に入るまでもっと期間を要することもあるそうです。



↓↓↓



八重歯の部分矯正スタート ビフォー

いい感じにメタルブラケット、目立ってます。


とにかくずっと歯列矯正をやりたくて、何度も何度も諦めては検討してを繰り返していました。


なので、「わたし、矯正してます!」とアピールしたいくらいの心境です。(笑)


【関連ブログ】

大人の矯正ブログ 矯正期間中のお悩み解決グッズをご紹介!」はこちら


メタルブラケットはかわいい♡【前歯矯正】」はこちら


矯正治療になかなか踏み切れなかった理由は、やはり費用でした。


部分矯正だからこそ踏み込めたんです。


【関連ブログ】

お金ないけど歯並びを治したい!【プチ矯正ブログ】」はこちら


2.八重歯の部分矯正スタートから一ヵ月【ビフォーアフター】


矯正装置の装着から1週間の痛み(疼き)をなんとかやり過ごし、3週間が経過しました。


はじめての調整日の翌日の様子をご覧ください。



↓↓↓



八重歯の部分矯正中

歯と歯の間にスペースを作るため、やすりと機械で削られました。


でも、ほんのわずかにスライスしただけで、見た目にはほとんどわかりませんね。


【関連ブログ】

調整日って何するの?【大人の歯列矯正ブログ】」はこちら



部分矯正から1か月経過【ビフォーアフター】


1回目の調整からさらに10日経過し、矯正装置をつけて1か月経ちました。


矯正開始当日の写真と見比べてみましょう。↓

大人部分矯正(ビフォーアフター)

ぱっと見のガタガタ感がかなり緩和されましたね。これでまだ1か月とは驚きです!


自分的には、「すごい歯並び綺麗になってきてますやん!嬉」です。


部分矯正を始めてたった1ヵ月でこんなに変わるんだ、と変化に驚いてます。



■さらにサイドからの歯並びビフォーアフター

サイドからの歯並びビフォーアフター

他人から見られるのって、実は正面からよりもサイドからが多くないですか?


こちらもガタガタ感が軽減され、八重歯も悪目立ちしなくなってきました!


3.八重歯の部分矯正スタートから二ヵ月【ビフォーアフター】


八重歯の部分矯正をはじめて約2か月が経過しました。


その間、3度の調整日があり、その都度、歯のスペース確保のためにスライス処置を受けました。



部分矯正から2か月経過【ビフォーアフター】

八重歯の部分矯正をはじめて2か月経過のビフォーアフター

前回に比べ、さらにガタガタ感が軽減されてきましたね。


たった二か月でずっとコンプレックスであった八重歯がこれだけ改善されるとは…!



■下から見た歯列の変化は?【ビフォーアフター】


次に下から見た歯列の変化です。


綺麗なU字に近づいてきているのでしょうか?

八重歯の部分矯正をはじめて2か月経過の歯並び【下から撮影した様子】

矯正前に比べると歯並びが改善されているのが一目瞭然ですね!


これでもまだ2か月。


大人でも部分的な矯正治療の経過がしっかり実感できています!


4.八重歯の部分矯正スタートから三ヵ月【ビフォーアフター】


八重歯の部分矯正を始めて三か月が経ちました。


ビフォーアフター写真です。



部分矯正から3か月経過【ビフォーアフター】

八重歯の部分矯正を始めて3か月後の歯並び【正面】

一番目立っていた右の八重歯が奥に入りました。


ねじれて出っ歯気味だった前歯もかなりねじれが改善されて正しい位置に納まってきています。


また、前歯のワイヤーは二重になりました。


パワーチェーン装着中の痛みや違和感は?

前歯はメタルブラケットの他に、「パワーチェーン」というゴム製の鎖でギュッと絞められました。


パワーチェーン装着後、数日は多少の違和感と疼きを感じましたが、それ以降はほとんど気にすることなく食事できています。


ただ、前歯で堅い物を噛むのは鈍痛を感じるため避けています。



部分矯正から3か月経過・サイドから見た歯列の変化は?【ビフォーアフター】

先月に比べ、前歯2本のねじれによる「出っ歯感」が少し目立ちにくくなりました。


ただ、ここから先は少しの変化ですね。


透明のパワーチェーン(ゴム)を装着しているのを忘れて、うっかりカレーを食べてしまいました。


結果、透明だったゴムがカレーで少し黄ばみました…。(矯正中あるある)



■下から見た歯列の変化は?【ビフォーアフター】


次に、下から見た歯列の変化です。

八重歯の部分矯正を始めて3か月後の歯並び【下から】

唇を押し上げる程、前に出ていた八重歯が改善されたのが分かります。


口を開閉する際も、以前は八重歯が唇に当たっている感覚が強かったですが、矯正中でもそれが無くなり、口の開閉がしやすくなってきました。


それにしても、たった3か月前とはいえ、部分矯正前はこんなにガタガタだったんですね💦



5.八重歯の部分矯正スタートから四ヵ月【ビフォーアフター】


さて、矯正治療を始めて4か月経過しました。


部分矯正から4か月経過【ビフォーアフター】

矯正開始から4か月経過(ビフォーアフター)

前歯のねじれがかなり改善されました。


やはり、歯のねじれを矯正するには時間がかかるようです。


ここまでくると、大きな変化は無くなってきました。



やっぱり早くやればよかった

まだまだ矯正を始めて3ヵ月といえども、こうしてビフォーアフター写真にすると歯列の変化を実感できます。


これから矯正をされる方はぜひ日々の歯列を写真に記録することをおすすめします。


何かとストレスの多い矯正治療中ですが、「歯並びがきれいになってきてる」と実感できれば、モチベーションがグッとあがりますよ(^^♪

今回のブログはここまで。


また順次、ビフォーアフターを更新します。お楽しみに!


【 関連topics 】

「部分矯正の経過ブログ【4か月半経ちました】」はこちら


「大人の矯正ブログ!矯正開始から3か月経過ビフォーアフター」はこちら


「プチ矯正ブログ!2か月でこんなに変わった!【驚き】」はこちら


「アラフォーの矯正ブログ【ワイヤー装着から2か月目まで】」はこちら


「30代部分矯正ブログ①メタルブラケット矯正スタート」はこちら


「大人が歯列矯正するとほうれい線ができるって本当?【調査】」はこちら


「大人になって歯並びが悪くなったと感じる理由とは?【調査】」はこちら


「大人の八重歯の印象とは?【30代40代女子】」はこちら


© 2019 by Oretan Yamabokori