PR
スポンサーリンク

エアプランツのおしゃれな飾り方!不可欠なのは光・水・風です

ダイソーで買った300円のエアプランツ(コットンキャンディ) 観葉植物

ダイソーで購入したエアプランツ。買ってみたものの飾り方が分からずお困りではありませんか?

エアプランツを長く育てる上で欠かせないのが、「水」「光」「風」です。

エアプランツは、明るく風通しの良い場所に飾る必要があります。

逆に、エアプランツは日当たりがイマイチ・水やりしない・風通しが悪いとあっという間に弱ってしまうのです…。

そこで今回は、エアプランツを元気に育てることのできるお洒落な飾り方をいくつかお届けします。

エアプランツをおしゃれに飾りたいけど、エアプランツ自体も長く育てていきたい…って方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてね!

 

 

スポンサーリンク

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク

歯ブラシスタンドを使ったエアプランツの飾り方

歯ブラシスタンドは、小ぶりなエアプランツにイイ感じにはまります。

歯ブラシスタンドにエアプランツをポンッと置くだけ、手間要らずですがとても可愛いです。

今回は、無印・セリア・ダイソーそでぞれの歯ブラシスタンドで、ダイソーのエアプランツを飾り比べしてみたよ。

無印の歯ブラシスタンド

無印の歯ブラシスタンドで飾った100均エアプランツ
小さな鉢植えみたいになって、可愛いです。(上写真)
ダイソーのエアプランツがぴったりハマりました。
100均エアプランツにぴったりな無印の歯ブラシスタンド

こちらが無印良品で購入した歯ブラシスタンドです。

穴が下まで突き抜けているので株元が蒸れにくい形状。

大きめの穴なのでやや大き目のエアプランツでもすんなりハマって安定します。

セリアの歯ブラシスタンド

これはセリアで見つけた珪藻土歯ブラシスタンドです。

穴が下まで抜けておらず、穴のサイズもやや小さめ。小ぶりなエアプランツならハマります。

ダイソーの歯ブラシスタンド

ダイソーの歯ブラシスタンドに100均エアプランツ

これはダイソーの歯ブラシスタンド。ガラスタイプでおしゃれな感じ。

同じくダイソーの100均エアプランツがすっぽりハマります。

100均エアプランツを比較してみた
穴も無印と同じくらいで大きめです。
お好みのデザインの歯ブラシスタンドを探してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

水苔を使ったエアプランツの飾り方

エアプランツは水苔でも育てることができます。

保水性の高すぎる土だと株元が傷みやすいです。水苔を使うことで適度な保水性をたもちつつ長く育てることができます。

透明なガラス容器に入れてテラリウム風に

透明なガラス容器やドーム型のテラリウムにエアプランツと水苔を組み合わせて配置します。

容器の底に砂や小石を敷いて、水苔を追加して、エアプランツを配置します。

ミニサイズの容器に水苔を詰め、エアプランツを軽く乗せる

小さな吊るし花器や透明なプラスチック容器に水苔とエアプランツを組み合わせて吊るします。

吊るし花器の底には小石や砂を加えて、エアプランツが浮かんでいるような印象を与えます。

ウッドフレームに水苔を詰め、エアプランツを配置

木製のフレームやボードに水苔を敷き、その上にエアプランツを配置します。

フレーム全体を美しいディスプレイとして壁に掛けたり、テーブルに飾ったりすることができます。

 

スポンサーリンク

プランツハンガーを使ったおしゃれな飾り方

園芸店やネットショップには、エアプランツ専用のおしゃれなアイテムが揃っています。

今回はその中でも、エアプランツの性質に適したものを厳選してみました。

植物ホルダー

日当たり、風通しが十分に確保できるエアプランツに適した形状のプラントハンガーです。

蒸れにくいので葉が傷むのを防げます。水やり時もそのまま霧吹きがかけられるので楽ちんです。

バスケットハンガー

バスケットだから通気性抜群。

水やりの際は台所へ移動し、バスケットのまま上から霧吹きできます。

ダイソーの小ぶりなエアプランツであれば、いくつかまとめて飾っても可愛いです。

スチールモビール

大きく育ったエアプランツなら、しっかりした作りのプラントハンガーがおすすめ。

エアプランツを長く育てる上で欠かせないのが風通し。おしゃれで風通し抜群のプラントハンガーです。

マクラメ編みネット

マクラメ編みのナチュラルな雰囲気のプラントハンガー。

内部のガラス容器は別売りですが、そのままネットにエアプランツを入れて吊るしても可愛いです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほど植物を栽培中。植物ヲタク。初心者でも観葉植物を枯らさず、長く育てるコツを発信中!

こまめめをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こまめめをフォローする
タイトルとURLをコピーしました