同人誌やBL本の隠し場所をお探しの人へ、意外な隠し場所3つとは?

BL本を大切そうに持つ腐女子 その他

「同人誌やBL本が増えすぎて今の隠し場所では収まりきらなくなってきた…」

「実家暮らしで親に部屋に入られるかもしれない、絶対に見つからない同人誌やBL本の隠し場所はないものか…」

いつの間にか増えた同人誌やBL本にお困りではありませんか?

実家暮らしや家族と同居している場合、掃除という名の侵攻を受ける可能性があります。

「腐バレだけは避けたい」とお考えの方は、次の隠し場所を探すもなかなか見つからずに困り果てているのではないでしょうか?

そこで今回は、同人誌やBL本の意外な隠し場所3パターンをご紹介します。

スポンサーリンク

同人誌やBL本の隠し場所をお探しの人、3つの意外な隠し場所とは?

お気に入りの同人誌やBL本。勝手に部屋に入られ家族に見つかり、捨てられでもしたら大変です。

万が一に備えてしっかり対策しておきましょう。

同人誌やBL本の意外な隠し場所 Lv1「キャリーケースに入れて施錠」

ダイヤルロック付きのキャリーバッグに同人誌やBL本を詰め、さらに上からキャリーケース専用の南京錠を使い厳重に施錠しましょう。

これで万が一見つかったとしても簡単には開けられません。さらに重すぎるため、そのままゴミに出すなどということはまず無理でしょう。

ただ、勘のいい家族は「これなに?なんで開けられないの?何しまってるの?」などと問い詰めてくるかもしれません。

開けられないものほど気になるものです…。そんなときは、「読まないマンガや本をしまってるんだけど、カギをどこにしまったか忘れて自分でも困っている」と言いましょう。

そして、できるだけ早めに次の隠し場所を探します。

同人誌やBL本をキャリーバッグに隠すメリット

  • 自宅に隠すことができるためいつでも取り出して読める
  • 近くにあるという安心感
  • すでにキャリーバッグがある場合はほとんど費用がかからない

同人誌やBL本をキャリーバッグに隠すデメリット

  • 場所を取る
  • 家族に問い詰められる可能性もある
  • 鍵と暗証番号をしっかり管理する必要がある

同人誌やBL本の意外な隠し場所 Lv2「ビニール袋に入れて天井裏へ」

天井裏に隠すという選択肢もあります。

天井裏は、天井の点検口から浸入することが可能です。天井の点検口の多くは2階押し入れ内やクローゼット内に設置されています。

天井の点検口

天井裏が見つかりにくい理由は、

  • 「侵入するためには脚立やいすなどが必要になる場合が多いこと」
  • 「虫やネズミなどの害虫や害獣がいるかもしれない」
  • 「埃っぽい、蜘蛛の巣があるなどのイメージ(実際、少なくとも清潔ではない)」

などの特徴があるからです。さすがにそこまでして探し出す人は少ないでしょう。逆に見つかったら「よく見つけられたね…」と感心するレベルです。

ただし、天井裏は人が入ることを想定として造られていません。そのため、重すぎると天井が落ちたり破損したりする恐れがあります。

身体ごと内部に侵入すると天井が抜け、大事故に発展してしまう恐れもあるのです。

天井裏に同人誌やBL本を隠す場合は、「絶対に見つかりたくない&捨てられたくない厳選の数冊」に絞る必要があるでしょう。

また、天井裏はだいたい埃っぽいです。おまけに湿気や熱気もたまりやすく(夏は60度以上になることも…)、そのまま同人誌やBL本を置いてしまうと傷みが加速してしまいます。

天井裏に同人誌やBL本を隠す場合は必ずビニール袋に入れ、湿気や汚れ対策をしておきましょう。

同人誌やBL本を天井裏に隠すメリット

  • 費用0円
  • 自宅なので基本、読みたい時に取り出せる
  • かなりみつかりにくい(疑ったとしても点検口を開けるまでに労力がかかるので躊躇しがち)

同人誌やBL本を天井裏に隠すデメリット

  • あくまで厳選の数冊に限られる
  • 湿気や熱気によって本が傷みやすい
  • 埃っぽい、不快害虫や害獣の可能性も捨てきれない

同人誌やBL本の意外な隠し場所 Lv3「レンタルルームを趣味の部屋として活用」

「ベッド下やクローゼットの中、車の中や靴箱の中など、これまで思いつく限り隠してきたけれど、今や冊数が増えすぎてどこも危険で安心できない…」というあなた。

親や家族に見つからないことはもちろんですが、なにより「よい状態を保ちつつゆっくりと同人誌やBL本を楽しみたい…」というのが本音ではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが、「トランクルームを趣味の部屋として活用する」という選択肢です。

トランクルームを趣味の部屋として活用する

リラックスして同人誌を読む腐女子

ご自宅の近くや通勤・通学途中に屋内型トランクルームがある場合、保管庫としてはもちろん、趣味を楽しむためのもうひとつのお部屋として使うことも可能です。

トランクルームというとロッカーやコンテナをイメージされる方も多いかもしれませんね。

しかし、トランクルームによってはロッカータイプから4畳半タイプまで豊富なサイズを展開しているところもあるんです。

そのひとつがトランクルームのキュラーズ。キュラーズは全国主要都市に67店舗を展開するトランクルーム大手です。

※東京47店舗、神奈川6店舗、千葉1店舗、大阪4店舗、名古屋3店舗、広島1店舗、福岡2店舗、札幌2店舗、新潟1店舗に展開するキュラーズ(2022年10月現在)

筆者がキュラーズをおすすめする理由は6つ。

  1. 月額2000円からレンタルできて、気に入らなければ1か月で解約できる
  2. 24時間利用が可能
  3. 徹底した湿温管理で保管してくれる
  4. 量が多い場合は自宅まで無料で集荷にきてくれる
  5. 広いタイプのレンタルルームなら保管庫としてはもちろん、自分だけの秘密の読書部屋として活用することもできる
  6. レンタルラックサービスもあるためルーム内を整理整頓しつつ快適に楽しめる

本棚ラック    ▲レンタルラックもあるためルーム内を整理整頓しつつ、快適に趣味を楽しめる。申込みや見学時には常駐スタッフが相談に乗ってくれて心強い。うまく収納できれば費用を抑えることも可能。

まずは、お近くにキュラーズがあるかチェックしてみてはいかがでしょうか?

同人誌やBL本をトランクルームに隠すメリット
  • 月額2000円~と比較的リーズナブル(一人暮らしするより費用を大幅に抑えられる)
  • トランクルームによっては保管庫としてはもちろん、読書のためのもうひとつの部屋として活用することもできる
  • 徹底した湿温管理で大切な同人誌やBL本を保管できる
  • 見つかったらどうしよう…という不安、ストレスから解放される
同人誌やBL本をトランクルームに隠すデメリット
  • 継続的な費用がかかる
  • 近くに好みのレンタルルームが無い場合もある

   詳細はこちら 「全国に店舗あり!トランクルームのキュラーズ」はこちら

 

まとめ

集中して同人誌を読む腐女子

今回は、同人誌やBL本が増えすぎてお困りの方へ向け、意外な隠し場所3つをご紹介しました。

「見つからない」ということも重要ですが、何より「見つからずに安心して読める空間」があれば一番嬉しいですよね。

今回の記事が同人誌やBL本の隠し場所を見つけるきっかけになれば幸いです。あなた様が思いっきり趣味を楽しめることを心から願っています。

同人誌やBL本の隠し場所をお探しの人におすすめ、隠し場所3つ

  1. ロック付きキャリーケースに入れてさらに施錠
  2. ビニール袋に入れて天井裏へ
  3. トランクルームを趣味の部屋として活用➡トランクルームなら全国に店舗あり!トランクルームのキュラーズがおすすめ。

new!江戸川区に初の出店! キュラーズ新小岩店

その他
スポンサーリンク
この記事を書いた人
komame083

農業高校で園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほどの植物を管理。他人は変えられない。しかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました