ビックリグミの木のジベレリン処理【時期と方法】

ジベレリン処理で結実したビックリグミ 観葉植物

甘酸っぱい大粒の実をつけるグミの木「ビックリグミ(大王ぐみ)」。実が付くのを楽しみにに育てているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、「花は咲くもののなかなか実がならない…」とお悩みではありませんか?そこで今回は、ビックリグミのジベレリン処理の方法や時期をくわしくご紹介します。

スポンサーリンク

ビックリグミの木のジベレリン処理【時期と方法】

ビックリグミの場合、1本だけでは結実が難しく、近くに違う種類のグミの木を受粉用として植え付ける必要があります。しかも、同じタイミングで開花させなければなりません。

「スペース的にもう一株用意するのが難しい」という場合、ジベレリン処理により結実させることも可能です。

ビックリグミの場合、開花後に1回目のジベレリン処理、その2週間後に2回目のジベレリン処理をおこないます。

ビックリグミのジベレリン処理 手順①ジベレリンを準備

ビックリグミの花

ビックリグミの花が開花したら、1回目のジベレリン処理です。今回は、下写真のジベレリンを使用します。

ジベレリン

商品によって使い方が異なるため使用前は用法を確認しましょう。今回使用する「ジベラ錠」は、1錠を約50ccの水で薄めて使用します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

住友化学園芸 STジベラ錠5 5錠入り / 4個までネコポス便可能
価格:640円(税込、送料別) (2022/4/6時点)

水で薄めたジベレリン

容器にジベラ錠を入れて数分間振り続けると水に溶けます。(上写真)

ビックリグミのジベレリン処理 手順②1回目の噴霧

規定の濃度に薄めたジベレリンをスプレーでビックリグミの花や葉に吹きかけます。

1回目のジベレリン処理

まわりに飛散しないよう、ジベレリン処理をする日は風が弱い日にしましょう。処理効果を高めるためにも風の弱い日が望ましいです。

ビックリグミの花

ビックリグミのジベレリン処理 手順③2週間後、2回目の噴霧

1回目の処理から2週間後、再度、ジベレリン水溶液を準備し花に散布します。このときも、できるだけ周囲に飛散しないよう風の弱い日におこないます。

2回目のジベレリン処理後のビックリグミ▲花の上部が膨らんできました

ビックリグミのジベレリン処理 手順④うまくいけば約2か月で結実

ビックリグミの実

うまくいけば、2回目のジベレリン処理から約2か月ほどで結実が確認できるはずです。真っ赤に熟れたら収穫しましょう。

ジベレリン処理で結実したビックリグミの実

また、ビックリグミは肥料を与えすぎると実付きが悪くなることがあります。肥料を与える場合は2月頃に緩効性肥料を施すだけで十分です。

ビックリグミ▲甘味よりも酸味が強めなビックリグミ!

日当たりよく風通しのよい場所に植え付けたら、あとはそのまま放置していても丈夫に育ってくれます。やせ地でもよく育つのがビックリグミです。

観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
komame083

農業高校で園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほどの植物を管理。他人は変えられない。しかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました