アロマティカスにおすすめの土とは?アロマティカスに適した土の条件3つも

徒長気味のアロマティカス 観葉植物

ふわふわの葉が放つ爽やかな香りが人気の多肉質ハーブ「アロマティカス」。その可愛らしい見た目から観葉植物としての人気が高まっています。

そんなアロマティカスは暑さと乾燥に強い反面、寒さと蒸れは大の苦手です。

つまり、アロマティカスに適した土は「排水性に優れる」というのが大前提になります。

そこで今回は、アロマティカスに適した土の条件3つと、アロマティカスにおすすめの土をあわせてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

アロマティカスに適した土の条件3つとは?

アロマティカスに適した土の条件は3つあります。それぞれをくわしくみていきましょう。

アロマティカスに適した土の条件①排水性に優れる

元気なアロマティカス

アロマティカスはその多肉質な葉の中に沢山の水分や養分を蓄えています。

そのため、土が乾ききらないうちに水をやったり、水はけの悪い土に植え付けていると、根が蒸れて腐りやすくなってしまいます。

アロマティカスに適しているのは、排水性に優れる水はけの良い土です。

水はけの良い土に植え替えたら、ずっと大丈夫?

元気がないアロマティカス根詰まりすると鉢内が蒸れて株が弱る・・・

ただ、水はけがよい土であっても、何年も植え替えないままだと土の粒が崩れて水はけの悪い土になってしまいます。

しかも、アロマティカスは非常に生育旺盛です。最低でも2年に1回、できれば1年に1回は新しい土に更新してやるのが理想的でしょう。

さらにくわしく「アロマティカスの葉が落ちるときに確認すべきこと4つ」はこちら

アロマティカスに適した土の条件②室内でも清潔に管理できる

マグカップに植えたアロマティカス

アロマティカスは寒さに強くありません。

春から秋の暖かい時期は屋外で元気に育つアロマティカスも、寒さが厳しくなる秋以降は室内へ移動する必要が出てくるのです。

アロマティカスには室内でも清潔に管理できる土がおすすめです。

アロマティカスは多肉植物と同じ育て方でok?

アロマティカス寒さに当たったアロマティカス・・・

アロマティカスを「多肉植物」と把握していると思わぬ失敗をすることも…。

なぜなら、多くの多肉植物が寒さに強いのに比べ、アロマティカスは非常に寒さに弱いからです。

耐えられる寒さは10度程度まで。10度以下になると徐々に葉がしおれて、弱ってしまいます。

さらにくわしく「アロマティカス 冬の育て方 管理のコツ4つと失敗例も」はこちら

アロマティカスに適した土の条件③色の変化が分かりやすい

アロマティカス通気性のよい素焼き鉢はアロマティカスにおすすめ

アロマティカスは何といっても「蒸れ」を嫌います。風通しのよい場所を好むのです。

それは地中も同じで、ジメジメとした環境が続くと根が呼吸できずに傷み、根腐れを起こしてしまいます。

そのため、アロマティカスは水やりのタイミングが大切です。

色の変化が分かりやすい土であれば、土が乾いたか濡れているかの判断がしやすいというわけです。

色の変化が分かりやすい土の特徴は?

ダイソーの鹿沼土(小粒)

色の変化が分かりやすい土のひとつに「鹿沼土」があります。

鹿沼土は白っぽいベージュ色をした粒々の土で、栃木県鹿沼市で産出される軽石の総称です。

鹿沼土は水を含むことで赤味がかった茶色になり、乾燥すると白っぽい元の色に戻ります。

そのため、鹿沼土がベースとなっている土を使うことで、土が濡れている時と乾いている時の変化が分かりやすく、水やりのタイミングを把握しやすくなります。

さらにくわしく「アロマティカスが枯れる原因と元気がないときの対処法を徹底解説」はこちら

 

アロマティカスにおすすめの土は?

それでは、アロマティカスに適した土の条件3つを満たしているおすすめの土をご紹介します。

アロマティカスにおすすめの土は「室内向けの土」

アロマティカスに適した土の条件3つを満たしたおすすめの土は、プロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 です。

室内向けの土

排水性に優れることはもちろん、コバエやキノコの原因となる堆肥(たいひ)を含まないため、室内でも清潔に管理することができます。

通気性・排水性に優れる上、カビが生えにくく虫がよりつきにくい

もちろん、「多肉植物用の土」でもいいのですが、アロマティカスの場合は寒さに弱いため、室内で管理する期間が結構長いんです。

室内での管理機関を考慮すると、やはり「清潔に管理できる」という点はかなり大きなメリットになります。

何より「カビが生えにくく、虫が寄り付きにくい」というのが、この土の大きな特徴です。

さらに、即効性・緩効性の肥料が両方配合されているので、植物の生長もしっかりサポート。もちろん虫が寄り付きにくい成分のものが使われています。

濡れている時と乾いている時の色の違いがはっきりしている➡水やりのタイミングが分かりやすい

室内向けの土とサスティー

ベースに鹿沼土が使わているため、濡れている時と乾いている時の土の色の変化が分かりやすいというともおすすめポイントです。

アロマティカスの場合、特に冬場は生長が鈍ります。そのため、水をやりすぎるととたんに蒸れて弱ってしまいます。

室内でも清潔に管理できることはもちろん、水やりのタイミングが分かりやすく、水やりによる失敗を防げるのもプロトリーフ 室内向け観葉・多肉の土 の特徴です。

さらに水遣りの管理を楽にするなら「水やりチェッカー」を活用するのもおすすめ。

サスティー

スティック状のチェッカーを土に差しておくだけで、土の乾き具合を色で知ることができますよ。

管理を楽にすることはもちろん、水のやり忘れややり過ぎによる失敗を防いでくれる便利アイテムです。

サスティー

さらにくわしく「アロマティカスの元気がない!原因と対処法とは?」はこちら

 

まとめ

アロマティカス伸びすぎた茎をカットして増やすのも簡単なアロマティカス!

ということで、今回はアロマティカスの土についてくわしくご紹介しました。

アロマティカスの場合、排水性・通気性にすぐれることはもちろんのこと、秋以降は「室内で管理する」ことを前提とした土選びが必要になります。

もちろん、ご自身で土をブレンドして使うのもよいでしょう。

ただ、「土の種類や混ぜ方まではよく分からない…」という方は、今回ご紹介した便利な土やアイテムを使ってみるのがおすすめですよ。

アロマティカスのその他topics

「アロマティカス 水差しで育てる方法を解説します【超簡単!】」はこちら

「アロマティカスがひょろひょろになる理由と対処法!」はこちら

「アロマティカスの匂いがしない、香りが弱いのはなぜ?」はこちら

「アロマティカスを直射日光に当てて育てた結果…」はこちら

「アロマティカスの色が薄い理由は?対処法も」はこちら

「アロマティカスがゴキブリに強い理由【癒しの多肉質ハーブ】」はこちら

大型観葉植物を新鮮な状態で届けてくれる、観葉植物専門ショップはこちら

「できるだけ費用を抑えつつ、状態のよい観葉植物を自宅まで届けてほしい。」

「プレゼントにおしゃれな観葉植物を送りたいけど、きちんと届けてもらえるか不安…」

このような場合におすすめしたいのが、観葉植物専門店「ブルーミングスケープ」です。

プロが厳選した植物を新鮮な状態で自宅まで届けてくれます。送料無料の商品も豊富で、お部屋の雰囲気に合ったグリーンを見つけられますよ。

●◎観葉植物ギフトを選ぶなら、「ブルーミングスケープ」がおすすめ。
御祝の贈り物として、長く楽しめて長く記憶に残る「観葉植物」はいかがですか?

観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
komame083

農業高校で園芸を専門に3年間学ぶ。現在は、熱帯原産の観葉植物を中心に自宅で100種類ほどの植物を管理。他人は変えられない。しかし、植物は手をかけた分だけ答えてくれると信じている。

komame083をフォローする
komame083をフォローする
komame topics
タイトルとURLをコピーしました